« アルバム「美しき日本の面影」について その3(最終回) | メイン | 影響を受けたCD その3 »

佐田玲子アルバム・レコーディング1

佐田玲子のアルバムのレコーディングが始まりました。
9月末の完成に向けて、今後毎日ではありませんがスタジオ作業が続きます。
ここ数日はレコーディングの準備に大わらわで、今日も次に向けての作業をやっています。

尚、アルバム・タイトル、発売日などが正式に決まってないために、まだ詳細を書くことが出来ません。

8/15は2曲のオケ部分のみをやりました。

白石幸一郎さんのアレンジ、エレクトリック・ピアノ、安田裕美さんのアコースティック・ギター、ナッシュビル・チューニングのギター、ストリングス・カルテット(1stヴァイオリン:友永優子さん、2ndヴァイオリン:升本理央さん、ヴィオラ:成谷仁志さん、チェロ:林詩乃さん)でした。
皆さんに素敵な演奏をして頂きました。
良い感じで発進出来て本当に良かったです。

コメント

八野さん、こんにちは。

先日、アルバムの完成打ち上げの記事を読んだと思ったら、もう次のレコーディングなのですね。ご苦労様です。

今日の日めくりの、お言葉が自分の耳に痛いです。

ちょっと長めのお盆休みを、今年は過ごしている私です・・・・。

雪とパイン缶さん、こんにちは。

会社そのものは今日まで夏期休暇なのですが、自宅にいても調整、電話やメールによる打ち合わせ、資料CDやMDの試聴、ネット経由でのデータのやりとり等、レコーディング準備で全く休みになっていません。

長めのお盆休み、羨ましいですね!

八野さんこんにちは。
やはりそうでしたか…。

夏季休暇でも休暇になってみえない…私の様な素人の質問にも丁寧に応えてくださり、申し訳ありませんでした。

休むべき時にしっかり休んで、また次へのエネルギーを蓄えていただかないと…どうか、十分にお身体御自愛下さいね。

休む間もなく次のレコーディングとは本当に大変ですね。
安田裕美さんも素晴らしいアコギストで大好きです。ここでも偶然でしょうけど、ナッシュビルですね!

8/15…いろいろありましたね。
私は大好きなさださんお「神の恵み」を聴きながら、子どもたちとある人を反面教師としつつ
「自分が進もうとする道をしっかり見つめつつも
決して傲り高ぶることなく
その道に誤りはないのか
視野を広くもって検証・確認を忘れないこと。
常にまわりの人たちへの思いやりをもって
これまでの自分を見つめた上で
これからの明日について
深い洞察力と想像力で見つめ
友と共に精一杯生きよう」と語り合いました。

「間違いを正すために未来があるのだ」と、子どもたちにしっかり伝えていくことが私たち大人の使命でしたよね。
八野さん、さださん、
これからも応援しています。

アルバム発売がもう待ち遠しくてならない今日この頃…。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)