« 佐田玲子アルバム・レコーディング2 | メイン | 佐田玲子アルバム・レコーディング3 »

最近聴いたCD 1

「有山麻衣子/幻のコンサート」
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1270807

個人的にはあまりクラシック系の声楽ものは好きではないのですが、オーディオ雑誌の影響で買って聴いてみました。
そして、このCDの主人公である、アマチュアのソプラノ歌手、有山麻衣子さんの声に感銘を受けました。
低音部は不安定かもしれませんが、大げさなヴィブラートをあまり好まない僕にとって、彼女のノンヴィブラートの高音は天使の歌声に聞こえました。
そして僕にとって何よりも重要なことですが、彼女の歌が「どう?私って凄いでしょう?」と言ってるようには聞こえないことです。音楽に対して愛情を持って、真摯に向き合っていると感じます。おそらく更に表現力が増すであろう数年後が楽しみです。

オーディオマニアの中で話題になっているDAコンバーター「DAC-1」を作ったインフラノイズがこのCDを制作したのですが、さすがの高音質でした。
これだけ純度の高い「声」のCDは、なかなか無いですし、オーディオマニアにとっても、音楽に癒しを求める人にとっても格好のCDかもしれません。

コメント

> 大げさなヴィブラートをあまり好まない僕にとって
> 彼女の歌が「どう?私って凄いでしょう?」と言ってるようには聞こえないことです。

おぉー、恐ろしいほど私も同じ趣味でございます!!
どんなに上手くても「私って凄いでしょう?」を感じた瞬間、一気に醒めます…
ますます、capさんのオススメCDを見逃せません!

2007年5月27日に、富山でコンサートを行いました。今回は三重唱で、大変楽しめました。有山さんのソロも良く、「めんこい仔馬」や「森の水車」といった新しいジャンルも歌ってくれました。

trefoglinefanさん、コメントありがとうございます。

ブログを読ませていただきました。素敵なコンサートだったのですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)