« 影響を受けたCD その12 | メイン | 佐田玲子アルバム・レコーディング7 »

リスナーの日々

スケジュールが変わって、ここ数日間はレコーディングのない平穏な日々でした。

最近はCDを聴くのが楽しくて仕方がありません。
3年前、自室の電源をブレーカーからダイレクトに引っ張った時に劇的に音が良くなったのですが、それに勝るとも劣らないのがレクストさんの新技術NS441Dです。

かつてCDで聴いていたものをSACDで聴き直すと劇的に音が良くなったと感じます。
リマスターが成功したCDも劇的に音が良くなったと感じます。
それらと同じように、NS441D化したプレーヤーでCDを聴いたら、もうNS441D化してない通常のプレーヤーには戻れなくなってしまいました。
特にオーケストラものが素晴らしく、まるでスコアが見えるようです。空間の描写も素晴らしく、ホールトーンもより美しくなりました。ソロにしても合奏にしても音楽の表現力が桁違いに上がり、感動の度合いが別次元になりました。
リスナーとして、ここ数日は感動の日々を送っていました。

また明日(あっ、もう今日だ!)からはスタジオの日々。
こちらも感動の追求です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)