« 佐田玲子アルバム「懐郷」1 | メイン | 影響を受けたCD その20 »

佐田玲子アルバム「懐郷」2

引き続きアルバムの内容を僕の視点から書きますので、未だ詳細をお知りになりたくない方は、お読みにならないでください。

8.踏み絵
長崎弁で歌った曲ですので、「好いと」の続編のように感じるかもしれません。アレンジは白石さんにお願いし、実際にステージでそのまま出来るように、生ピアノ、生ギター、ヴァイオリンという編成でやってもらいました。緊張感のあるいいオケになったと思います。歌も絶品です。

9.私の空
これは元白鳥座のたかひらゆたかさんに発注して作ってもらった曲。佐田玲子が白鳥座を脱退してソロでやっていくことになった時、1stアルバムはデパートでいいと思ったのですが、2ndアルバムからは大きなテーマを設定すべきだと思いました。都会には夢を追い求めて地方から出てこられた方が多いという現実に鑑み(実際、佐田玲子は長崎出身です)、そういう方の生活や心の葛藤をテーマにすることを決めました。この曲もそれがテーマで、アレンジは成山プロ®です。

10.十三夜
これは佐田玲子特有の幻想的な世界を持つ曲です。これまでに「銀の舟」「月の輝く草原で」などがあります。アレンジは安田さんにお願いし、イメージ通りの美しく、幻想的で、空気感のあるものにして頂きました。オケ、歌ともに、これも良い出来になったと思います。

11.懐郷
アルバムのタイトル曲です。元々、故郷を思う童謡っぽい曲ですので、白石さんにお願いして、アコースティックで美しいもの、穏やかで温かいものにしてもらいました。友永さん始め弦の方々にも協力して頂いて華を添えてもらいました。歌も良い感じに仕上がりました。
アルバム本編は以上です。

12.星ちゃんに捧げる歌(ボーナス・トラック)
これは20年前の録音です。元々市販するつもりはなく、デモとして録っていたものです。佐田玲子(白鳥座)デビュー25周年を迎え、昔からのリスナーの皆様にも喜んでいただきたくてボーナス・トラックとして追加しました。歌っているのは第2期の白鳥座です。

全体的に佐田玲子自身の更なる成長を感じさせる出来になったと思います。歌い手としても、ソング・ライターとしてもです。
本人の努力は当然ですが、ライヴなどにお越しくださるリスナーの皆さんがあってこそだと思いました。勿論、アレンジャー、ミュージシャン、スタッフのみなさんの協力も多大なものがあります。皆さん、ありがとうございました。

コメント

懐郷、とてもすてきなアルバムですね。玲子さんのライブでも何曲か楽しませていただきました。「ここにいるよ」は、今心を病んでいる子どもたち(きっと多くの大人たちも・・・)に聞いて欲しいな、と思います。「懐郷」や、「私の空」、そして「うたたね」なども家族の温かさなどに思いをはせることができるすばらしい曲だと思います。1曲1曲が心を込めて作られたのだと実感できるアルバムです。ありがとうございました。もう数枚購入しました。母や姉にもプレゼントしました。

Kiyokoさん、コメントありがとうございました。そして、アルバムのお買い上げ、ありがとうございました。

喜んで戴けて何よりです。
毎年も宜しくお願い致します。
そして、Kiyokoさんにとって、来年がより良い年になりますようお祈り申し上げます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)