« 影響を受けたCD その42 | メイン | 影響を受けたCD その43 »

月刊「STEREO」(音楽之友社刊) 2006年ベストディスク

音楽評論家の富澤一誠さんとオーディオ・ライターの鈴木 裕さんが、音楽之友社の月刊誌「STEREO」の1月号(12/20発売)で、さだまさしの「美しき日本の面影」を2006年のベストディスクの1枚として取り上げてくださっています。
富澤一誠さん、鈴木 裕さん、ありがとうございました。
興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

「美しき日本の面影」は音楽的な内容が素晴らしいのは勿論ですが。
音圧一辺倒のCDの中、音質や空間を評価してくれる音楽評論家の方もいて、
なにやら明るい気分です。

そうですね。

きちんとやったことを、正しく評価されるのは嬉しく、そしてとてもありがたいことですね!!
年末にあの記事をまさしに見せたら、とても喜んでいました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)