« 影響を受けたCD その55 | メイン | 影響を受けたCD その56 »

最近聴いたCD3

ビートルズ/LOVE
http://www.amazon.co.jp/LOVE-DVDオーディオ付-ザ・ビートルズ/dp/B000JBXLOM/sr=1-3/qid=1172384194/ref=sr_1_3/249-6365212-9963522?ie=UTF8&s=music

これは2006年11月20日に発売されたビートルズ名義の新譜です。これをビートルズ自身の新譜と考えるかどうか、内容としてどう思うかなどで、ファンの間では賛否両論あるようです。個人的にはとても楽しめましたし、感激しました。

このアルバムはポール・マッカートニー、リンゴ・スター、オノ・ヨーコなどの了解を取り付けた上で、ビートルズのプロデューサーだったジョージ・マーティンとその息子のジャイルズ・マーティンがプロデュースした、ビートルズの音楽素材を使ったサウンド・コラージュです。

この作品を聴くまでは個人的には否定的でした。失礼な言い方かもしれませんが、僕の尊敬するジョージ・マーティンは今でもジョージ・マーティンなのかという興味もあって聴いてみました。結果、やはり彼の仕事であり、僕の尊敬する彼は今でも彼であり、賛否両論あるにしても圧倒的な出来具合と音質改善とに驚かされました。これを聴いて、最新のリマスタリングをしたビートルズのオリジナルCDを聴きたいと思ったのは僕だけではないでしょう。
僕などはマーティン親子の足下にも及ばないですが、同業者の1人として、この作業の大変さ、困難さがよく解るだけに、素直に頭が下がりました。「もっと頑張れよ」と背中を押された作品でした。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)