« 影響を受けたCD その50 | メイン | 八ヶ岳 »

影響を受けたCD その51

ダイアナ・クラール/ルック・オヴ・ラヴ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/740234
女性ジャズ・ヴォーカルのアルバムの中で、僕にとってここ数年に聴いたうちの最高のアルバムです。

このアルバムがリリースされた時に、その評判を聞いて購入し、聴いてみました。
驚きました。僕の敬愛する最強のレコーディング・チームがサポートしていました。ダイアナ・クラール本人の実力が一番大事なのは勿論ですが、このチームがやるのなら、素晴らしいものになるのは約束されているようなものです。

プロデューサーはトミー・リピューマ。この人自身は元々ミュージシャンではないのかもしれませんが、ジャズを聴きやすくポップなイメージにして作り上げることに定評がある人です。彼の仕事の中では、特にジャズ・ギタリストのジョージ・ベンソンの「ブリージン」というアルバムが傑作として知られています(このアルバムも同じスタッフ)。話は変わりますが、さだまさしやレーズンのプロジェクトで1980年代の後半から90年代前半に、よくマウイ島でレコーディングをしたのですが、その「ラハイナ・サウンド・レコーディング」というスタジオのオーナーが、ジョージ・ベンソンでした。そのスタジオで我々とずっと一緒に仕事をしたアシスタント・エンジニアのデイヴ・ラッセルさんは、近年はスティーリー・ダンのエンジニアをしています。

アレンジャーはクラウス・オガーマン。僕の尊敬する名アレンジャーのひとりで、メロディックというよりもハーモニックな、あまりフレーズが動かない美しい弦を書くことでも有名な人です。フランク・シナトラ、ボサノヴァの大家・アントニオ・カルロス・ジョビンなど沢山のトップ・アーティストと仕事をしています。

オーケストラはロンドン交響楽団。僕が特に好きな五つのオーケストラのうちのひとつで、純クラシックではない仕事も沢山していて、パーカッションの人のリズム感が素晴らしいです。

エンジニアはアル・シュミット。このベテラン・エンジニアの音は自然でありながら、周波数レンジ、ダイナミック・レンジが広く、ピークやディップが少なく、情報量も多く、解像度も高いです。音場感が豊かで暖かくてクリアーな素晴らしい音です。

勿論、このアルバムの主人公・ダイアナ・クラールのヴォーカルも絶品で、技術も表現力も素晴らしいとしか言いようがありませんし、ピアノの腕もたいしたものです。完成度が非常に高く、音楽的にも、オーディオ的にも大満足な、僕にとって大ヒットのアルバムです。

コメント

ついにこのCDに来ましたね!。
Capさんからお奨めいただき今ではすっかりダイアナ・クラールのファンです。
CD・DVDと数枚購入しました。チームワークの勝利、どれも素晴らしい出来です。

エンジニアのアル・シュミット先生は私の目標の一人です。
どの作品も聴く度にひれ伏しています(笑)。

先に此処に記載された影響を受けたCD
『展覧会の絵』、他 ジュリーニ&シカゴ交響楽団、
『展覧会の絵』[オリジナル・ピアノ版&オーケストラ編曲版] ジャニス(p)
ストラヴィンスキー 火の鳥(1910年原典版)
ロバート・クラフト&フィルハーモニア管弦楽団
Eva Cassidy 「Songbird」
Art Garfunkel 「Breakaway」手元に届き全部聴きました。

どのCDも永久保存版です。自分では決して買わないと思われるCDが聴いてみると素晴らしい!。当然ですが知らない世界は広いです。

今後もCDの紹介楽しみにしています。

ともおさん、コメントありがとうございます。

僕もともおさんから勧められたCDで永久保存盤になっているものはいくつもあります。

音楽だけではなく、本当に自分の知らない素晴らしいものは数多く、そういうものに触れると勉強になり、刺激を受けます。前に進む原動力になりますね。

八野さん、こんにちは。

このアルバム、聞いたことがなかったのですが、
八野さんの記事を読んでとても聴きたくなりました。
早速探してみます。

ジョージ・ベンソンがこんなところで
まさしさんと繋がっていたなんて驚きました。
ギターリストとしてだけでなく、Greatest Love of Allや
Never Give Up on a Good Thingなどでみせる味のあるボーカルが昔から好きで、
今でも時々聴いています。

ジョージ・ベンソンは、ヴォーカリストとしても優れていますよね。僕は彼の歌う「マスカレード」が大好きです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)