« 影響を受けたCD その61 | メイン | 驚愕の事件 »

影響を受けたCD その62

サイモン&ガーファンクル/コンサート・イン・セントラル・パーク(DVD)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1917480

S&Gのふたりが1981年に再結成し、ニュー・ヨークのセントラル・パークでコンサートをした時のライヴ盤です。このコンサートの動員数は何と50万人です。
この頃、ヤマハに在籍してアコースティック・ギターの設計をされていたNさんはニュー・ヨークのポール・サイモンを訪ねてギターを手渡したそうですが、それがこのコンサートで使われている黒いボディのギターです。まさしもその頃、Nさんに何本もギターを作ってもらっていましたが、1990年に彼は自分のブランド「テリーズテリー」を起こして現在でも大活躍されています。

このコンサートには故リチャード・ティ、スティーヴ・ガッドなどかなり沢山のスター・プレーヤーが参加してS&Gのふたりを盛り上げています。このDVDの中に「レイト・グレイト・ジョニー・エース」という曲が入っているのですが、これは3人の偉大なジョニー(ジョン)を歌ったもの。1人目はロシアン・ルーレットで命を落としたリズム&ブルース・シンガーのジョニー・エース、2人目は暗殺されたジョン.F.ケネディ元大統領、3人目はこのコンサートの前年に射殺されたジョン・レノンです。ちょうどこの曲をポール・サイモンが歌っている時に、ポールに向かって人が乱入して来ます。ジョン・レノンのことが頭をよぎったのかもしれませんが、これにポールも周りも驚愕するところが映し出されています。ちなみにこのコンサートの模様はCDでもリリースされていますが、「レイト・グレイト・ジョニー・エース」はそのライヴCDには収録されていません。この後、ワールド・ツアーを行い、日本では後楽園球場と大阪球場でコンサートをやりました。
とにかく素晴らしい曲、歌、演奏の集大成だと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)