« 影響を受けたCD その57 | メイン | 影響を受けたCD その58 »

白鳥座リハーサル

昨日(3/5)は白鳥座(佐田玲子)のリハーサルに行ってきました。

昨日、リハーサルを開始した時にはさび付いていたコーラスが、最後の頃にはしっかりとハモるようになってきました。
彼らにとって「白鳥座」は青春だったでしょうが、僕にとっても青春がいっぱい詰まったものです。
昨日の夕食後に、メンバーの高比良の一日早い誕生会になりました。
3/14のスイートベイジルを僕自身もとても楽しみにしています。

コメント

はじめまして。白鳥座の話題につい出てきてしまいました。
18日の大阪、行くんです。私にとっても、白鳥座は青春の(?)一ページ。なんだか、わくわく楽しみにしています。
ココだけの話(?)、アルバムは自力でCDにしましたが、本当はずっとSingles以外のレパートリーもCDになるのを待っていたんです。
今からでもOKなので、是非実現して欲しいです。

youyouさん、コメントありがとうございました。

そうですか、大阪公演に行ってくださるんですね。ありがとうございます。

白鳥座のアルバムのCD化は、何年かに一度の割合で検討しているのですが・・・。
一般的にいって、昔のテープは劣化していて、使えない場合があるのです。そうなると「板起こし」といってLPから作ることになります。

白鳥座が再結成なのですね?
じつは僕は20数年前に赤坂見附にあった、初代自由飛行館でのデビューコンベンションに参加させていただいたのを思い出しました。
デビュー曲はたしか「かもめ」でしたよね?
高比良さん、メグさんと玲子さんともうひとり。
ん~ん、ごめんなさい。名前が出てこなくて。
今回の白鳥座は初期のメンバーなのですか?
サイン色紙とサンプルのアルバムを帰りにいただきましたっけ。

ドンさん、コメントありがとうございます。

デビュー曲「かもめ」の時でしたら、第1期ですので、もうひとりのメンバーは当時のリーダー森谷有孝です。彼は元クラフトのメンバーでした。

今回の再結成(?)は、数年前に一度再結成した時と同じ第2期の白鳥座(森谷有孝と土井晴人がチェンジ)です。

はじめまして。秋田在住の元白鳥座ファンです。
実は一度だけ白鳥座のライブを観たことがあります。昭和61か62年頃だったと思いますが、秋田県横手市のジャスコ特設会場でのライブでした。
「さよならの少し前」がリリースされた頃だったと思います。
白鳥座の曲で好きだったのは、「北の空ラブソング」のB面だった曲「ふるさとの風は今」です(タイトルまちがっていたらごめなさい)。
あと、セカンドアルバムの「デネブ」は名作だったと今でも思います。(「先輩」とか「道程」とか。あーもう思い出しただけで涙が出てきそう)
難しいかもしれませんがCD化、もしくはインターネットでのダウンロード配信化してもらいたいと切に願うところです。

kitaさん、コメントありがとうございます。

「故郷の風は、今」ですね。僕も思い入れのある曲のひとつです(まあ、全部思い入れがありますけれど・・・)。この曲はアレンジャーの若草恵さんに「クラウス・オガーマン風の弦を!」と依頼したものです。彼もクラウス・オガーマンの弦が好みだったようで、すごく嬉しがっていたのが印象に残っています。

CD化の件は、少し前のコメントに書いた通りです。

長崎の白鳥座ファンです。kitaさんが書かれていましたが、私もデネヴは名作だと思います。他の皆さんも書かれている通り、CD化を待ち続ける一人です。今回の復活?ライブは、仕事があるので残念だけど観に行けません。可能であれば、ライブCDとして、地方で待ち続けるのファンの耳に届けて頂ければ嬉しいです。

じゅんたろうさん、コメントありがとうございました。

応援してくださる方々の思いが通じると良いですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)