« 紙ジャケット&最新リマスター | メイン | 影響を受けたCD その71 »

影響を受けたCD その70

Bob James / Heads
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1856743

ボブ・ジェームスはクリード・テイラーのCTIレーベルを離れた後、自身のレーベル“タッパンジー”を立ち上げて、1978年にこの「ヘッズ」をリリースしました。
当時の実力派ミュージシャンが多数参加したこのアルバムは、ゴージャスかつスリリングです。
全体的に計算され尽くしたアレンジと即興演奏のせめぎ合いが素晴らしいです。
バラードの名作ボズ・スキャッグスの「ウィー・アー・オール・アローン」はかなり速いテンポで演奏されていて、これはこれでもの凄くカッコイイです。
オシャレなものから美しいものまで、どの曲にもボブ・ジェームスのセンスが光っています。

このアルバムではありませんが、1975年に発表されたポール・サイモンのグラミー賞受賞アルバム「時の流れに」でもエレクトリック・ピアノを弾いていましたし、タイトル曲の「時の流れに」では素晴らしい弦のアレンジを披露していました(この曲の間奏の弦がとても美しいのですが、その美しいサウンドに乗って、先日亡くなったマイケル・ブレッカーが素晴らしいテナー・サックスのソロを吹いています)。
また、ボブはCTI時代には、ポール・サイモンの「夢のマルディグラ」をカバーしていました。
当時、僕の憧れのアレンジャーのひとりでした。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)