« ・・・ | メイン | 影響を受けたCD その74 »

影響を受けたCD その73

リンダ・ロンシュタット/Dedicated to the One I Love
http://www.amazon.co.jp/Dedicated-One-Love-Linda-Ronstadt/dp/B000002HM8/ref=sr_1_27/249-6365212-9963522?ie=UTF8&s=music&qid=1181204607&sr=1-27

ロサンゼルスの歌姫、リンダ・ロンシュタットによる子守歌のアルバム。
疲れ果てて眠れない時、辛くてひたすら癒されたい時などに、大人であってもこのアルバムは最高のものだと思います。
カントリー、ロック、ジャズなど彼女の歌ったものをたくさん聴いてきましたが、特に印象に残ったもののひとつです。
興味のある方は、このアルバムに収録されている「Winter Light」を是非お聴きください。この世のものとは思えないような美しさで、疲れた心身を癒してくれます。
尚、あのアメリカを代表するロック・バンド「イーグルス」は当初彼女のバック・バンドでした。

コメント

何と全く知りませんでした。お奨めのWinter Lightは勿論Be my Baby などもほんのりと楽しめました。や〜〜〜良いアルバムですね。

ついでにワーグナー/管弦楽作品集も買いました。
カラヤンは余り好きでは有りませんでしたが、最近聴き直すと確かに素晴らしい演奏が沢山あります。この演奏も凄いですね!。迫力満点、官能的でも有ります。聴いて良かったです。それにしてもベルリンフィルは何と凄いことか!。

ともおさん、お聴きくださったのですね!

心がほんのりと温かくなるアルバムですよね。

先のワーグナーのCDでのベルリン・フィルはパワフルですし、その合奏能力たるや圧倒的ですね! 官能的なその響きも含めて何度ノックアウトさせられたことか・・・

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)