« 影響を受けたCD その73 | メイン | 影響を受けたCD その75 »

影響を受けたCD その74

ビー・ジーズ/若葉のころ〜ベスト・オブ・ビー・ジーズ〜
http://www.amazon.co.jp/若葉のころ-◯ベスト・オブ・ビー・ジーズ-ビー・ジーズ/dp/B000007VSC/ref=sr_1_3/249-6365212-9963522?ie=UTF8&s=music&qid=1181832712&sr=1-3

子供の頃、日本のヒット・チャートは今以上に洋楽曲の占める割合が多く、毎週ラジオやテレビの音楽番組を楽しみにしていました。
当時よく見ていたテレビの音楽番組では、「サウンド・オブ・サイレンス」がずっと1位だったのを覚えています。その頃は僕がギターを始めた頃と重なり、「ビー・ジーズ」がデビューした頃とも重なります。そしてコーラスによるハーモニーの美しさに目覚めた頃でもありました。
その後、1971年に日本でイギリス映画「小さな恋のメロディ」が封切られ、その主題歌の「メロディ・フェア」とともにビー・ジーズの人気が再燃しました。
当時彼らの送り出す曲は美しいメロディと美しいハーモニーの宝庫でした。個人的には、ノスタルジックな雰囲気を持ち、しかもとても美しい「若葉のころ」が特にお気に入り。
尚、あのサラ・ブライトマンの名作「ラ・ルーナ」に、ボーナス・トラックとして、この「若葉のころ」のライヴ・ヴァージョンが収録されています(日本盤のみ)。

コメント

この歌を聴くと、何となく小さい頃の自分を思い出します。ちょっぴり胸がキュンとするのが、不思議なくらい・・・この歌にはそんな力が備わっていると思っています。ずいぶん前のことですが、ある新聞の取材を受けたことがあり、突然、「一番好きな歌は何ですか。」と聞かれ、山ほどある好きな歌の中でいったい何を答ればいいのかとまどった記憶があります。その時、とっさに出てきたのがこの曲でした。新聞に紹介されてから、知り合いに「記事、見ましたよ」なんて声をかけられ、「何であの時さださんの歌にしておかなかったかなぁ・・・」と後悔しましたが、こんなところで八野さんとつながって、なんだかホットしました。個人的な想い出で、失礼いたしました。
それから、中学生の時、この歌で英語の言い回しを覚えた懐かしい想い出もあります。

Kiyokoさん、コメントありがとうございます。

興味深くコメントを読ませて頂きました。
同年代なんですね!
ご存じかとは思いますが、その頃CCRというバンドの「雨を見たかい」(Have you ever seen the rain?)という歌がありました。中学校での英語の文法で現在完了を習うよりも前にこの曲を知っていたので、随分楽だったのを覚えています。

1960〜70年代には素敵な歌が沢山ありましたね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)