« 影響を受けたCD その78 | メイン | さだまさし 2007アルバム・レコーディング 1 »

お気に入り その1 マッキントッシュ「PowerBook G4」

世の中のパーソナル・コンピューターの90%位は「Windows」というOS(オペレイティング・システム)が搭載されたものですが、まさしや僕などが使っているものは「Mac」というOSが搭載された、アップルコンピュータが開発・製造しているものです。
最近ではシェアが10%以下(正確な数字は知りません)ですので不便なこともあるのですが、色々な面での使い易さから、まさしや僕などにとって仕事、プライベートを問わず無くてはならないもののひとつです。

僕自身はMacというOSの成り立ちや考え方が好きなのと、使いたい音楽ソフトがMacでしか動かないことからMacを使い始めました。
「The Computer for the rest of us」(全ての人に使えるコンピューターはMacだ)という言葉の元に、複雑な呪文のようなコマンドをキーボードで打つこともなく、直感的な操作で、幼児でさえも簡単に使えるように、という思想で開発されたのがMacです。「Logic」という僕が使っている音楽制作ソフトは現在でもMacでしか動きません。
ここ十年くらいでマイクロソフト社の作るOSも使い易くなったとは思いますが、Macユーザーにとってはやはり「かゆいところに手が届く」のはMacであることは間違いありません。

また、レコーディング・スタジオで、ここ数年来テープレコーダーとして使用する「Pro Tools」と呼ばれているソフトもMac専用のものです。
ですからスタジオなどの音楽制作現場は、スタジオの備品であっても、ミュージシャンやスタッフが持ち込むコンピューターでも、ほぼMac一辺倒ですので困ることは皆無です。しかし音楽やアート以外のことをMacでやろうとすると、使いたいソフトがMacに対応してないことがしばしばあります。これはとても残念なことです。

コメント

我が家では娘がMac愛用者です。美大時代から、会社員となった今でもデザイン関係の仕事をしておりますので、Macが使いやすいとか・・・。私たちはアート系ではないのでwindowsですが、Macの良さも娘を通じて存じております。やはり、音楽やアートのシーンでは圧倒的な強さを持っているのですね。私はMacのCM(ラーメンズが出ているもの)がとても好きです。八野さんはご覧になったことありますか。

Kiyokoさん、こんにちは。

お嬢さんがMacをお使いなのですね!
まさしんぐWorldコンサート以外の日は、このひと月ほどずっとスタジオにいました(現在もですし、これからも続きます)ので、テレビをほとんど観ていません。でも少し前のCMでしたら観てますよ。

年がバレますが、私が高校生のときに最初に見たマックは電気屋さんで特設ブースにあり、そのとき日本で主流だったNECのパソコンとは比べ物にならないほど可愛くて、マウスというものが付いてるコンピュータを見たのも初めてでした。
「可愛くて6万6千円で、これがいい!」と思ったのですが、よくよく見ると桁を間違えていて66万円…
あきらめて本体価格4万円ぐらいだったNEC PC-8001mkIIを買って以来、マックとは全く縁がありません。出会うのが早すぎたようです。

オーディオ初心者さん、こんばんは。

僕が最初にMacを使いたいと思った時は、HDやメモリーを増設して使うことが必須だったので、総額200万くらいでした。ですから当時は諦めざるを得ませんでした。

数年後、ヤマハのQX3というシーケンサー(音楽制作のためのコンピューターあるいはソフト)が登場し、アレンジャーの渡辺俊幸さんとほぼ同時期に導入しました。

8年位そのQX3を使っていたのですが、残念ながら製造中止になってしまいました。補修パーツがあるうちは使い続けられますが、早めに次のマシンを見つける必要にかられました。
そこで手が届く範囲まで価格が下がってきたMacを導入し、現在まで使い続けています。

とても久しぶりに投稿いたします。このブログ、開設一周年おめでとうございます!!
お忙しい中、続けていただき、ありがとうございます。

雪とパイン缶さん、お久しぶりです!

コメントありがとうございます。
このところ、ずっとさだまさしの曲作り&レコーディングの日々です。

曲名などが変更になる可能性がありますので、このブログで詳細を書くことはひかえています。
果たしてアルバムは今夏に出来上がるのでしょうか・・・

八野さん、こんにちは。Jun.と申します。昨年、特に「美しき日本の面影」レコーディングの時に、よく書き込んだのですが、その後ご無沙汰いたしておりました。
久しぶりにレコーディング日記も全部拝読しました。順調に作業も進んでいるようですね。
このMacの話題も頷きながら拝読いたしました。
私の使用しているOSは残念ながら、Windowsですが、Macの先見性や使い勝手の良さはよく理解しているところです。ただ私がメインで使っているソフト(マイクロソフトのではないです)がWindows用なので、Macには移行できずに今日まで…。
最近はMacでWindowsも動かすことが出来るようになってきましたから、Windowsにしか対応してないソフトもMacで使えるようになってきましたよね。寡占状態は良くないので、何としても今後もMacには頑張って欲しいと願っているWindowsユーザーです。

Jun.さん、お久しぶりです。

個人的にWindowsに恨みがあるわけではなく、おっしゃる通りもう少しこの寡占状態が何とかならないかと思っているわけです。
まぁひと頃と比べるとだいぶアップルは元気になって来ましたが・・・。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)