« 影響を受けたCD その80 | メイン | さだまさし 2007アルバム・レコーディング 5 »

さだまさし 2007アルバム・レコーディング 4

連日連夜スタジオにこもっています。
このひと月は詞曲を作ったり、デモテープを作ったり、はたまた本番用のレコーディングをしたりの毎日です。

少し前に遡りますが、7/14の昼間には、まだ7曲しかありませんでした(7曲の曲作りが終わり、バックのオケ(演奏部分)を録っただけで、歌は一切入ってませんでした)。

しかし同日23時頃、いつものようにまさしのいるブース(スタジオ内の小部屋)に呼ばれました。
ブースに入ってみると、まさしは何と3曲同時進行で作っていました。

ブース内でまさしがギターの弾き語りをし、意見を求められます。その後もう一度弾き語りをしてくれ、それをリアルタイムで僕が譜面化していきます。
我々がコントロール・ルームに戻った時点で作品が他のスタッフにもオープンになります。
ここからがデモテープ作りです。まずギターを録り、その後、録ったギターを聴きながら歌を入れます。そしてミックスしてデモテープが完成。

この日は3曲でしたので、デモテープを作り終えたのは午前2時でした。この時点で、全10曲の詞曲がほぼ完成したことになります。

コメント

素人の私には気の遠くなるぐらいのプロセス・・・一枚のアルバムが出来上がってくるまでの、目に見える見えない、形になるならない、表にあらわれるあらわれない・・・なんと無限の作業のあることか・・・ずらり並んだ私の宝物たち、さださんのCD眺めながら言葉にならない想いを感じているところです。
八野さんとさださん、そういう風に楽曲を生み出されているのですか・・・八野さんに対するさださんの、なんという深く大きな信頼でしょう。今までよりもっともっと、私の八野さんに対する感謝が広がっております。
お身体に無理のきかない年齢にもおなりでしょう?(失礼だったらごめんなさい)どうぞお気をつけてくださいね。

全10曲の詞曲完成!おめでとうございます。まだまだこれからがアレンジやら、レコーディング、そしてミキシング・・・大変な作業が待っているのですね。
14日といえば、私は玲子さんの七夕ライブを楽しんでいた日でした。あの日の深夜に繰り広げられていたデモテープ作り…。とても興味深く読ませていただきました。益々新しいアルバムへの期待がふくらみます。
八野さんの日記を読み始めてから改めてフリーフライトダイアリーのディスコグラフィーに添えられた八野さんの文章を読み返しております。ただの解説ではなく、苦労をともにし、アルバムを作り上げてきた方ならではの言葉が詰まっているのだと感動を新たにしています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。アルバムの発売を首を長くして待っています。

ふれんどさん、コメントありがとうございました。
そしてお心遣いにも感謝いたします。

どうぞアルバムを楽しみになさってください。

昨日、お手紙を拝読いたしました。こちらこそありがとうございました。

Kiyokoさん、コメントありがとうございます。

そして諸々ありがとうございます。
どうぞアルバムの発売を楽しみになさってください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)