« お気に入り その2 iPod | メイン | さだまさし 2007アルバム・レコーディング 3 »

影響を受けたCD その79

ロドリーゴ/アランフェス協奏曲
ギター:ぺぺ・ロメロ/演奏:アカデミー室内管弦楽団/指揮:ネヴィル・マリナー
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1071219

「アランフェス協奏曲」は1999年にこの世を去った、盲目のギタリストであり作曲家でもあったロドリーゴの代表作です。彼が新婚旅行でアランフェス宮殿を訪れたときの印象を綴った作品とされており、特に第2楽章のメロディが印象的で美しく、世界中で愛され続けています。

この作品もイエペスや、比較的最近のものだと村治佳織さんのものなど、いくつかを聴いてきましたが、上記のペペ・ロメロのものが特に好みです。情熱的ですし、聴くたびに感動させられます。
ソロ・ギターが素晴らしいのは勿論ですが、ネヴィル・マリナー指揮・アカデミー室内管弦楽団によるバックの演奏も滋味溢れるものだと思います。

そして演奏だけでなく、名エンジニア、オノ・スコルツェ氏による録音も素晴らしく、とても30年も前のものだとは思えないくらいです。いたずらにワイドレンジを標榜するのではなく、ナチュラルで奇を衒ってない名録音だと思います。ワイドレンジにして、音場空間の再現性も見事です。

コメント

またまた購入(笑)。
確かに素晴らしい演奏ですね。気品と情熱が見事にバランスしています。
録音も素晴らしい。「アランフェス協奏曲」No1かも!。

ソリスト、オーケストラ、指揮者による演奏面の美と、エンジニアリング、プロデュースなどの録音面の美とのバランスがとれた名盤ですよね。

僕にとって出会えて嬉しかったCDのひとつです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)