« 影響を受けたCD その77 | メイン | 影響を受けたCD その78 »

ライヴ・レコーディング

6/29、30は東京・国際フォーラムで、第22回まさしんぐワールド・コンサートがありました。

今回の企画の無謀さ(?)に一番プレッシャーを感じていたのは立案者のさだまさし本人だと思うのですが、このコンサートに関わったもの全員がそれぞれのプレッシャーを抱えていたと思います。まずは無事に終わってほっとしています。

歌う(演奏する)曲が決まってないということは、ライヴ・レコーディングする側にとっても深刻な問題でした。
皆のスケジュールが合わない中、たった2日間(6/21、22)で100曲分のリハーサルが出来るわけはありませんので、収録に使う資料を満足に作ることさえ出来ませんでした。

さだまさしの通常のコンサートの場合、歌う曲はどんなに多くても20曲には届きません。その時のバンド編成に応じて全曲のリハーサルが出来れば、誰は何の楽器を弾くのか(例えば宅間さんは10数種類の楽器を使い分けていますし、その場の雰囲気で使う楽器を変えることさえあります)、イントロは何小節で誰がメロディか、間奏は、エンディングはどうなっているか、また歌中でも誰が印象的なことをやっているかなどをチェックし、それを歌詞カードに詳細に書き込みます。ライヴ・レコーディングする際には、僕がそういう資料を作成し、レコーディング・チームに配り、映像チームにも渡します(勿論、映像チームは独自に何らかの資料を作成するとは思いますが)。

この資料を基に音楽をレコーディングし、映像チームはカット割りをする際の参考にします。これがきちんと出来ていると、まさしだけではなく、各奏者の印象的なフレーズ、動きなどを音や映像で追うことが出来るわけです。

今回は全曲リハーサルが出来たわけではありませんので、数分の一程度しか資料を作れませんでした。バンド編成が異なれば、アレンジが異なることがありますから、CDの通りのサイズや演奏楽器であるかどうかも解らないのです(実際に同じ曲で何種類かの楽譜が存在しますし、楽譜に何らかのフレーズが書いてあっても、それを誰が弾くのかはケース・バイ・ケースです)。ですから、レコーディング・エンジニア、収録スタッフの方々には生声で僕がその都度伝え、映像チームにはインカムを使って、数分前かほぼリアル・タイムで伝えるという荒技に頼らざるを得ませんでした。

お客様を始め、さだまさしを支えてくださっている方々、このコンサートに関わり合った全ての方々に御礼申し上げます。
ありがとうございました。

コメント

八野さんはじめ、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。観客には何とも言えない贅沢なコンサートでしたけど、ステージ上のみならず、スタッフの皆様のご苦労は測り知れないものとお察しします。まさしんぐWORLDのリクエスト、私の投じた1票は残念ながら当日の100曲リストからはずれていましたが、どれをとっても良い曲ばかり。どの曲が演奏されるのかわくわくしておりました。レコーディングのご苦労までは八野さんの文章を読むまでは私には分かりませんでしたが、なるほど、映像と音声とのどちらにも大変な作業となったのですね。昨日のコンサート(30日)に参加できたこと、とても光栄に存じます。改めて「黄昏迄」の魅力を感じ、それぞれの曲への思い入れも新たになりました。あぁ~・・・あの曲も聴きたかったなぁ・・・と思うものも数知れず・・・また次回のコンサートに期待して、今回の余韻に暫く浸ることとします。ありがとうございました。

Kiyokoさん、コンサートにお越し戴きありがとうございました。まさしを応援し、支えてくださるファンの方々があってこそコンサートが成立するわけですから、いくら感謝してもしすぎるということはありません。

僕にとっても様々な意味で思い出に残るライヴ・レコーディングになりました。何が選ばれるか分からない恐怖(収録することだけでなく、ステージ上がうまく行くかどうかも含めて)。僕がいた音声中継車の中はレコーディング機材の熱で連日34度くらいの温度でしたので、体力、気力との闘いでもありました。

今週からは再びスタジオに戻り、さだまさしの次のアルバムのための曲作り、及びレコーディングになります。

八野さん、スタッフのみなさん、「まさしんぐWORLDコンサート」お疲れ様でした。今年も素敵なステージを有り難うございました。特に今年はリクエストコンサート、と言う事で一層大変だった事と思います。私は東京最終日に参加させて頂きましたが、聞いている私たちまで「次はどんな曲かな?」とワクワクしていました。
さださんも「俺やメンバーも大変だけどスタッフ達はもっと大変」と仰ってましたが、まさに、音響さん、照明さん、そしてカメラさん、レコーディングスタッフさん、舞台や楽器関係のスタッフさんの忙しく動いている姿も垣間見えました。かつてさださんが著書の中で「一夜の為に流す汗」と言うエッセイを書かれていますが、今回はきっとスタッフのみなさんもいつもの数倍の汗を流された事でしょう。本当に素敵な一夜を有り難うございました。

羽柴小一郎さん、コンサートにお越し戴いて、ありがとうございました。

レコーディング・チームがいる中継車に、映像チームからステージ上の映像が送られて来ます。それに混じって時折、客席が映し出されたものも送られて来ます。今回もお客様方の楽しそうな姿や拍手にたくさんの力を戴きました。
こちらこそありがとうございました。

八野さん、こんにちは
こんなこと聞いてもいいのかな・・・??と思いつつ、質問です。ライブでの楽しみは会場とステージの一体感にありますが、今回のステージでも「絵はがき坂」が演奏されました。その時手拍子が会場から自然におこりますが、その拍子の取り方が裏と表の二通りに分かれてしまい、「あ~ぁ、どっちに合わせればいいの~?」と思います。自分の思いと違っても会場の流れに従う方がステージ上でも演奏しやすいだろうなぁとおもいますが、先日のようなとても大きなホールですと、会場にいてもどちらともつかず・・・という響きでした。実は同じ曲でも東京のホールと、大阪できいたときに手拍子が違っていたことがありました。自分の街でコンサートがあったときも、流れが違ったり・・・。ノリがいいのはどっちなのかなぁ・・・という素朴な疑問です。つまらないことでごめんなさい。

Kiyokoさん、コメントありがとうございます。

「手拍子は表と裏のどちらがいいか?」とのことですが、結論を申し上げれば「お客様のどちらでもお好きな方を」ということになります。強制出来るものではないと思います。
ただ、こう申し上げてしまっては話が先に進まないと思いますので、あくまでも個人的にはどう思うか、ということでご勘弁ください。

さだまさしの音楽は「邦楽」(現在の日本の音楽ということではなく、古くからある日本の伝統音楽という意味で)の影響も受けてはいますが、基本的には西洋音楽の語法を使った音楽であると言えます。西洋音楽の場合は、どちらかと言えば、手拍子が裏にある方が似合うと思います。例えば4拍子のバラード系では、奇数拍にたたくよりも、偶数拍にたたく方が似合うと思います。また、具体的に「絵はがき坂」の場合、冒頭の「あなたは」の部分を1小節であるとします。1小節に2回手拍子をする場合、「あ」と「た」のところでたたくということは4分音符で奇数拍にたたくということになります。これよりは偶数拍にたたく方が似合うと思います。また、1小節に4回たたく場合は大変だと思います。強拍のところでたたくのは比較的易しいと思いますが、弱拍(つまり裏)で正確にたたくのは一般的にはかなり難しいのではないでしょうか。

また、概してですが、手拍子を表打ちする方は両手が触れている時間が長いと思います。逆に裏打ちする方は、それが短いと思います。また、短い人ほどリズムが良いようにも思います。
おそらく演奏者にとってみると、表と裏が混在することが演奏を困難にするということではなく、表であっても裏であってもそれぞれの音が鳴っている時間の幅が広いということ(つまりリズムがバラバラ)の方が演奏を困難にする可能性が高いと思います。

以上はあくまでも僕の主観です。

八野さん、すっきりするご回答、ありがとうございました。実は私は学生時代に吹奏楽でパーカッションを担当していました。(下手ですが・・・)なので、いつもコンサートの時は宅間さんや川瀬さんについ目がいってしまいます。
そして、私にとっては裏打ちする方が気持ちいいのですが、どうも日本の場合、表で打つ方が好きな方が多いように思っていました。「両手が触れている時間」という分析、鋭いですねぇ・・・さすがです。思わず、宴会の時の「もみ手」を想像してしまいましたが・・・。これからもなるべく会場の流れにのりつつ、ステージに会場の良い雰囲気を送れる観客でありたいと思っています。ありがとうございました。

八野さん、こんにちは。
私も71才になる母と30日のコンサートに行かせて頂きました。今回はなかなか生では聴けない曲の数々、そして久しぶりに「がんばらんば」も踊って楽しませていただきました。もっともっとアンコールしたかったです。今回はさださんのメガネ、楕円のオシャレタイプでしたね。私はこのタイプのメガネ、さださんにとてもお似合いで好きです。
私もコンサートのことでお聞きしたいのですが、まだまださだファンとしては新人の私ですが、いつもペンライトを振りたくてうずうずしています。今回も1位の大好きな「黄昏迄」をはじめ、「奇跡」「主人公」から「誓いの言葉」まで、どれもこれも去年の青いライトでこちらの感動を伝えたくて会場の様子をうかがっていましたが、どうもどなたも振っていない。となると一人で振るのは周りの方達にご迷惑な気がして、ほとんど振れませんでした。さださんのコンサートではずっとそうなのでしょうか?会場で安価なペンライトを販売してみてはいかがでしょう?演奏するみなさんの方でも変な時にペンライトはご迷惑でしょうか?

アーニーズさん、こんばんは。

コンサートにお越し戴き、ありがとうございました。

さて、ペンライトの件です。
野外イベントではファンの方々がお使いになっていたことは見たことがありますが、通常のコンサート会場で、その場面に出会ったことはありません。

演奏者に対する配慮よりも、お客様同士の問題としてはどうなのでしょうか。前の席の方がペンライトを振った場合、その後ろの方にとってステージが見づらいということはないのでしょうか。

申し訳ありませんが、僕自身はコンサートのスタッフではありませんので、ペンライトが禁止されていることかどうかは知りません。会場でコンサート・スタッフにお聞きになってはいかがでしょうか。

八野様
お返事ありがとうございます。そうですね、やはり周りの方が見辛いだろうということですね。禁止されているとは思いませんが、さださんのコンサートでは、きっとみなさんしっとりとリラックスして聴きたいのでしょう。今更若い人たちの様な盛り上がりはスタッフの方々望まれてはいないのでしょう。私もなるべく皆さんのじゃまをしないように、おとなしく聴くことにします。

アーニーズダックさん、こんにちは。

誤解なさらないでくださいね。僕はおとなしくお聴きください、と強要したわけではありません。お客様がチケットを購入してコンサートに参加されている以上、静かに聴くことも盛り上がることも基本的に自由だと思います。

沢山の方々にチケットを購入していただいて、ありがたいことだと思っています。
買ってくださった方々はコンサートの日が来ることを楽しみにされていると思います。どんな方もひとりひとりがきっとそうだと思います。ですから、待ちに待ったコンサートの会場にいらっしゃる周りの方々が、不快な思いをなさらない程度に盛り上がったり、あるいは静かに楽しんでいただけたらとても嬉しいです。みんなのさだまさしコンサートですから。

八野さん、大丈夫です。いじけている訳ではありません。少し頭を冷やそうと思っただけです。ペンライトは広島と、たまたま最後部の席になった時に振ることにします。次はいよいよ広島ですね。八野さんにもお会いできるといいな~と思います。楽しみにしています。
追伸:「風が伝えた愛の唄」また週末15日の東京都合唱祭で歌います。なかなか上手になりませんが、皆さんにさださんの心が届くよう、心をこめて歌います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)