« 影響を受けたCD その82 | メイン | 2007 ミニ・アルバム・レコーディング 2 »

2007 ミニ・アルバム・レコーディング 1

毎日猛暑が続いています。皆様お元気でしょうか?

8/15から佐田玲子のミニ・アルバムのレコーディングをやっています。
新しいことにチャレンジしているので、始める前からワクワク、ドキドキの連続です。

当初、6〜7月頃にレコーディングして欲しいとのレコード会社からのオファーがあったのですが、僕がまさしのレコーディングに入っている時期と重なっていたため、まさしのアルバム“Mist”とまさしんぐWORLDコンサートのミックスが終了しているであろう8/15からのレコーディングにしてもらいました。
ですから、まさしの“Mist”のレコーディングが押している時、二重三重の意味で物凄いプレッシャーを感じて毎日を過ごしていました。

コメント

玲子さんのブログでレコーディングの話題を読みました。そして八野さんのご活躍を思っていました。暑い毎日ですが、「熱い思い」でレコーディングに臨んでいらっしゃることでしょう。
まさしさんのMistはもちろんのこと、玲子さんのミニ・アルバムも心待ちにしています。たくさんの人が待ち望むものを作り出す、というのは素敵なことですね。玲子さんはもちろんのこと、スタッフの皆さんのお力あってこそ素晴らしいアルバムになるのですね。
ありがとうございます。

Kiyokoさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

おっしゃる通りです。CDは1人では作れません。作詞家、作曲家、編曲家、歌手、演奏家、エンジニア、アシスタント・エンジニア、プロデューサー(ディレクター)、A&R、マネージャー、写真家、デザイナー、スタイリスト、ヘアーメイク、ミュージシャン・コーディネーター、楽器テクニシャンなどなどの人たちそれぞれがきちんと仕事をしてこそCDは出来上がります。ですから数十人から数百人の力が必要になります。作るだけでこれだけの人数です。そしてその他にも、幾人かの宣伝スタッフ、営業スタッフの力も借りることになります。

こちらこそありがとうございます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)