« “Mist”CD評 | メイン | 影響を受けたCD その86 »

影響を受けたCD その85

ベートーヴェン/交響曲全集
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/指揮:ハンス・シュミット=イッセルシュテット
第1、3番 http://www.hmv.co.jp/product/detail/883160
第2、4番 http://www.hmv.co.jp/product/detail/887565
第5、6番 http://www.hmv.co.jp/product/detail/880448
第7、8番 http://www.hmv.co.jp/product/detail/885899
第9番   http://www.hmv.co.jp/product/detail/879876

ベートーヴェンの交響曲全集には名盤が数多くあると思います。人によって異なるものを評価することがあるのは当然ですし、そもそも僕自身がたったひとつの全集に絞ることが出来ません。
上記はベートーヴェンの演奏にかけて他に類を見ないほどの伝統を有するウィーン・フィルが、ひとりの指揮者によってレコードのために録音した最初の交響曲全集です。

指揮者のイッセルシュテットは音楽の造型感と雄大な流れを大事にし、極めてノーマルなテンポでオーソドックスに音楽を進行させ、しかもそこかしこによく歌わせたフレーズを配しています。勿論、ウィーン・フィルの技量、音楽性、美しい音色を抜きに語ることが出来ないことも事実です。
9曲のどれもが優れた演奏だと思いますが、特に第8番は現在に至るまで名演として語り継がれています。僕自身は第8番とならんで第5番もとても優れた演奏だと思っています。造形美、強さ、逞しさ、優しさ、高揚感、凛々しさなど美点を挙げたらきりがありません。
この交響曲全集のプロデューサーは、イッセルシュテットの実の息子で音楽学者としても名高いエリック・スミス(1931〜2004)。(参考CD http://www.universal-music.co.jp/classics/release/great_recordings/great_recordings.html)
またこの全集には4名のエンジニアが関わっているのですが、僕が第8番、第5番を好むのは、その2曲のレコーディング・エンジニアがケネス・ウィルキンソンであることも大きな理由のひとつです。彼は僕が最も敬愛するクラシックのエンジニアのひとり。彼の音は周波数特性がフラットに聞こえながらレンジが広く、音場の拡がりや奥行きの表現力も確か。立体感があり、しかも情報量が多く、解像度も高い、素晴らしいものだと思います。

コメント

こんにちは
ベートーベンの交響曲全集は我が家にもありますが、同じウィーンフィルでも、指揮はカール・ベームでした。素人が選ぶと、オーケストラと指揮者にしか目がいきません。八野さんの用にエンジニアに思いが届くというのは私にとって新しい視点です。機会があったら、聞き比べてみたいと思います。今、息子が10月21日の本番に向けて第9の練習中。合唱で参加します。朝、目覚ましに第9が流れている我が家です。

Kiyokoさん、こんにちは。

ドイツグラモフォンが制作したカール・ベームとウィーン・フィルのベートーヴェン交響曲全集も素晴らしいですね。
ベームは何度も来日し、日本に彼のファンはたくさんいます。1977年にウィーン・フィルと共に来日した時のベートーヴェンの5番と6番の名演奏は今でも忘れられません。

ご子息はどのオーケストラの第9ですか?

八野さん、そのとおり、ドイツグラモフォンの全集です。5番、6番はいつ聞いても心が落ち着きます。大好きです。5番は3,4楽章を学生の時に吹奏楽で演奏したので、一緒に心の中で歌ってしまう特別な曲でもあります。

ところで、息子が仲間に入れていただいたのは、「岡本敏明先生 メモリアル・コンサート 生誕100年 没後30年」と銘打ったコンサートです。多摩フィルハルモニア協会主催です。今村能さんの指揮だそうです。国立音楽大学の関係の方たちが主なメンバーですが、息子は別の大学の「音楽好き仲間」から声をかけてもらったようです。周りから聞こえてくる声が音大生や、音大OBの素晴らしい声なので、自分の声は大したことなくても、本当に気持ちがいいそうですよ。練習から帰ってくるといつもとても満足そうな顔をしていますから・・・。「”どじょっこ”から”第9”まで」というサブタイトルがついていて、岡本敏明さんの作曲した「どじょっこ ふなっこ」も舞台で歌うそうです。楽しいコンサートになりそうです。

夫が第9を歌ったときに私が聞きに行ったのは、まだ結婚する前のことでした。今度は息子が歌うと思うと感慨深いです。家族そろって聞きに行ってきます。

私もこの第8番が一番好きです。

ものすごく疲れていたときにベットにひっくり返りこの演奏を聴いていた時、頭に何かが入り脳が揉まれたような気分でした。
即刻疲れが飛んでゆくような不思議な体験をしました。

レコーディング・エンジニアのケネス・ウィルキンソン氏は私も尊敬する偉大なエンジニアです。

Kiyokoさん、第5番の第3、4楽章を吹奏楽でおやりになったとのことですが、第3楽章の終わりから第4楽章の冒頭までの高揚感が特に素晴らしいですね。個人的には第5番で一番感動するところです。

国立音大の関係の方々がメインなのですね。玉川上水に行ったことはありませんが、個人的に国立駅はなじみの駅ですし、友人が国立音大に行ってましたので親近感がわきます。

旦那さんとのエピソードも素敵ですね。

ともおさん、不思議な体験ですね。

クラシック界にも素晴らしいエンジニアが何人もいらっしゃいますね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)