« メール・ソフト乗り換え | メイン | 影響を受けたCD その87 »

華麗なる3大ピアノ協奏曲

ピアノコンチェルトの夕べ 〜ピアノコース選抜学生による演奏〜
「華麗なる3大ピアノ協奏曲」と題されたコンサートに今日は行ってきました。

プログラムは「ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番」「ラヴェル/ピアノ協奏曲」「チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番」という日頃から好きでよく聴いている曲ばかりなので、楽しみにしていました。
3人のソリストの他は、オーケストラが洗足学園音楽大学フィルハーモニー管弦楽団、指揮が秋山和慶さんでした。

お目当ては取りのチャイコフスキーのコンチェルトで、ソリストは佐田詠夢さんでした。
彼女のコンサートには昨年も行きましたので、個性は理解しています。
僕が最も好きな、マルタ・アルゲリッチ、バイエルン放送交響楽団、キリル・コンドラシンによる「チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番」(このCDのことは「影響を受けたCD その21」に書いています)をiPodで聴きながら、会場の洗足学園 前田ホールに向かいました。
(個人的に大好きな女性演奏家は、ヴァイオリンのジネット・ヌヴー、チェロのジャクリーヌ・デュプレ、ピアノのマルタ・アルゲリッチです。彼女たち3人に共通するのは、集中力とテンションが高い情熱的な演奏をすることだと思います。)

佐田詠夢さんは集中力が高い情熱的な演奏をする人だと前から思っていますが、今日のコンチェルトもアルゲリッチのような集中力が高く情熱的な演奏で感激しました。ピアノの鳴らし方もタッチのコントロールも素晴らしいものだったと思います。
オケの演奏部分に関しては問題が無くもなかったのですが、彼女のピアノや指揮に引っ張られて、トータルとしてはとても素晴らしい演奏だったと思います。実際に会場のリスナーの方々も物凄く盛り上がっていました。
彼女には、このまま自分の目指すところに向かって突き進んで欲しいと願っています。

今日、前田ホールには、お父さんであるまっさんや作編曲家・渡辺俊幸さんの姿もありました。

コメント

芸術の秋に相応しい、素晴らしいコンサートを堪能されたご様子が、コメントから窺えました。
「ピアノ協奏曲」は、オーケストラ・指揮者は勿論ですが、ピアニストによって、同じ曲でもぜんぜん別の演奏になってしまいますよね。
八野さんは、「集中力が高い情熱的な演奏をする人」がお好きとおっしゃいます。その一人である佐田詠夢さんの演奏、機会があれば、お聴きしてみたくなりました。

八野さん、こんばんは
ピアノコンチェルトの夕べ、素晴らしい演奏だったとのこと、良かったですね。コンサートに行って「よかったなぁ…」と思える時間は本当に幸せな瞬間だと思います。
私自身はピアノを弾きませんが、私の周りにはピアニスト(プロではありません…)がたくさんいます。なので、ピアノコンチェルトもなじみがあり、ベートーヴェンは娘が1番を演奏して、腱鞘炎になりかけるほど練習していたことを思い出します。姉も昔弾きました。そのころ、バックハウスのLPを何度も何度も聞いていたことが懐かしい思いでです。
チャイコフスキーのコンチェルトにまつわる思いでもあります。義妹がカデンツァをひいているときに彼女の長男(私には甥っ子です。当時はまだ幼かった…)が「おかあさん…」とつぶやいたのがふっと耳に入ってしまい、舞台で頭が真っ白になった!という・・・。でも彼女は立派に演奏をしましたから、たいしたものだと感心しました。こどもには全く罪のない話で、微笑ましい…と周りでは思っていましたが、当人は本当に冷や汗ものだったとよく話題になります。集中力がものをいう大曲なだけに彼女の気持もよく分かります。今となっては良い想い出のようですが…。
さださんのお嬢様も音楽の道を進んでいらっしゃるのですね。
子どもたちがそれぞれの道で活躍するのを見るのは本当に親として幸せなもの。ちょうど同世代のこどもを持つ親として、共感できます。

活水出身者さん、おはようございます。

ピアニスト、オーケストラ、指揮者のどれが異なっても違う演奏になるでしょうね。
そしてレコーディングと違ってコンサートはやり直しがきかないので大変ですね。

機会がありましたら彼女の演奏を聴いてみてください。

Kiyokoさん、おはようございます。

Kiyokoさんの周りにはやはり音楽関係の方が多いですね。

子供が親を乗り越えるようになって欲しいものの、親にとってみればそうなったらそうなったで一抹の寂しさを感じるものなのでしょうか。
家族ではなくてもやはり次世代を担う子供達の成長としあわせを願いたいものです。

八野さん、お久しぶりでございます。このところは読ませていただくだけで失礼しておりました。でも今日の話題では、ハッと思うところあり、久々にお話させてくださいね。
佐田詠夢さんのピアノ、聴いてみたいなあ・・・どんな演奏なのでしょう・・・
そういう気持ちを持つ一方、今回のお話から「な~るほど、もしかしたら・・・」と思いついたことがありました。
大陸くんがヴァイオリニスト、詠夢さんがピアニスト、お父さんとしてのさださんは、我が子の社会への旅立ち目前、お二人のお子さんの自立を考える時期をお迎えになっています。音楽をこれからどのように生かして職業についていくか、それは簡単なことではありません。それは誰よりご自身がよ~く身にしみてご存知のこと。プロを目指すにせよ、アマの道を選ぶにせよ、理想と現実をしっかりと認識しながら技術の鍛錬は落とす事のできない大事なポイント。モチベーションを常に維持しながら日常もこなしていく、ということは本当に難しいことだと思います。そんな、こんな、色々な思いのひとつが、もしかして、さださんと渡辺さんとの、アマチュア・オーケストラとのコラボレーション、という形での実現ではなかったのかしら・・・
丁度、渡辺俊幸さんのブログでも、株式会社パソナの始めた「音楽と仕事の両立を目指す」という新しい試みのお話があって、何かそこに共通して流れるものを感じたのでした。
今回の演奏会、渡辺さんもいらしていたそうですが、やはり同じ父親として、次世代のこれからの道を、いい方向で切り拓いていきたいというお気持ちもご一緒なのではないか、と想像したのでした。
今回、詠夢さんも、さだクオリティ中核に位置するお三人の父親パワーに見守られ、お幸せだったのではないでしょうか。大陸くんのご活躍と共に、これからは詠夢さんの今後も楽しみに見守らせていただきたいと思います。
八野さんの世界の広さ、視点の深さ、暖かさ・・・いつもいつもここで感じては、力とさせていただいております。ありがたく思っております。
あ~、久々で緊張した~~~!失礼いたしました。

ふれんどさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
アマチュア・オーケストラとのコラボレーションは元々他の方からの持ち込み企画なのですが、山本直純先生の遺志を受け継ぐということはあると思います。

これからは緊張なさらないでくださいね。

お久しぶりです。いつも読ませて頂いてます。今月10日に山梨でのさださんのコンサートの感動が残っています。娘(20歳)も同行大好きな(道化師のソネット)での開演に大喜び。中学時代からすればラストまで聞いていた事は、喜びでした。それから、スタッフの女性には「さださん、好きなんですか」???不思議がられたと笑っていた。わが子を育てることに必死だった今まで、八野さんの日記にさださんの2人のお子様がこんなに大きくなっている事に驚きと共に喜びと楽しみでいっぱいです。
いつの日か、「今日は、特別ゲストを紹介します。」とコンサートで親子の共演が見られたら嬉しいなと、一人ニヤニヤしてしまいました。お父様から受け継いだ遺伝子は、同じ位すばらしいだろうなと思います。お子様方の近況を八野さんの日記で教えて頂けたら嬉しいし。どこかで、演奏を聴くことも出来れば幸いなので、その予定も教えてもらえたら嬉しいです。

フジツボさん、こんにちは。

山梨のコンサートにいらしてくださったのですね。ありがとうございました。

さだまさし、佐田玲子、そしてチキン ガーリック ステーキは仕事で音楽をやっていますし(勿論、好きだからですよ)、さだ企画(フリーフライト)に所属しています。
僕や関係者が彼らの活動を書くことは仕事の一環として出来ますし、またそうするのが仕事であると言えます。

しかし、まさしの子供達は学生ですし、さだ企画に所属している訳ではありません。ですから彼らのことを僕や関係者がどこかで書いたり発表するのは微妙な問題を含んでいるような気がします。
今後も差し支えのない範囲で書いて行きたいと思っています。

八野さん、申し訳ありませんでした。言われたとおりです。

フジツボさん、かえってお気遣いいただいて申し訳ありません。
ありがとうございます。

八野さま
ちょっと見ないうちに、すばらしい情報!と、飛び上がっています。
さださんのお嬢さんのことは、洗足に行ってらっしゃること以外今日までお名前も知らなくて(なんてお読みするのでしょう?)気になっていました。ピアノで頑張っていらっしゃるのですね。本当に素敵です。
以前MSコーラスでお母様を見守っていらしたように、さださんはお嬢様の晴れ舞台を一人のお父さんとして温かい眼差しでご覧になっていたことと思います。渡辺さんや八野さんにもご一緒とは、想像しただけでこちらまで幸せな気分です。
一週間以上経ってしまってからの書き込みで恐縮ですが、教えてくださって本当にありがとうございました。お子さん方のこれからのご活躍、期待しています。

アーニーズダックさん、こんにちは。
レスありがとうございました。

佐田詠夢さんは「さだえむ」さんと読みますが、みんなは「えんちゃん」と呼んでいます。

そうですね、楽しみですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)