« 影響を受けたCD その87 | メイン | 持つべきものは・・・ »

“Mist”CD評 2

音楽之友社さんから出版されている「STEREO」というオーディオ雑誌の11月号(10/20発売号)に、音楽ライター兼オーディオ・ライターの鈴木裕さん(南こうせつさんのラジオ番組のディレクターもされています)が「Mist」のCD評を書いてくださっています。

昨年、鈴木裕さんは同誌で、「美しき日本の面影」を2006年ベストディスクに選定してくださっています。
ありがとうございました。

コメント

八野さん、お知らせありがとうございました。早速に書店にて(本屋さん、音楽の友社さん、ごめんなさい)”その場チェック”してまいりました。
この鈴木さんが、「Mist」を聴いていらっしゃる姿が目に浮かぶよう・・・決して長くない文章の中に、ググッと迫りくるものがありました。鈴木さんの持つ、ものごとに対する深い愛の溢れるコメントであったと思います。この方の感性は、八野さんと似ているように感じました。

ふれんどさん、こんにちは。

鈴木裕さんとは、このブログで紹介しているレクストの西野さんにお願いして昨年知り合いました。愛情を持って音楽を聴いて、ご自分が正しいと思ったことをきちんとお書きになる方だと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)