« 持つべきものは・・・ | メイン | 影響を受けたCD その88 »

トラブル続き?

前回、メール・ソフトに関するトラブルとその解決について書きました。
その直後に、あるところから音楽を作ることを依頼され、それを「打ち込み」で作り始めました。この「打ち込み」は、近年では「DTM(デスク・トップ・ミュージック)」とも呼ばれ、お手軽なイメージになりました。しかし実際には奥が深く、ハイ・アマチュアやプロ・レベルではとても大変な作業であると言えます。

会社のデスクでMac mini、自宅及びスタジオなどではPowerBookG4を使っているのですが、その他に会社の音楽作業スペースにもう1台PowerBookG3を置いてあります。
それを音楽専用機にし、ここ10年ほどそれを使って音楽を作って来ました(劇伴やラジオなどで流すジングルなど)。何パートであってもキーボードで弾いたものを入力し、そのまま譜面化させ、演奏させたり、またキーボードを弾かないまでも譜面入力したものを演奏させることも出来ます。

実際にはこのPowerBookG3を使い、PowerBookG3のシリアル・ポート〜MIDIシンクロナイザー経由で沢山のMIDI音源を鳴らして音楽を作り、スタジオに機材(コンピュータ、シンクロナイザー、各種音源など)を持ち込み、テープレコーダーやProToolsなどとシンクロさせてレコーディングし、ミックスします。
今回もこのシステムを使って数日かけて作業し、基本的なデータ(音楽)が完成に近づいていました。ところがその次の日、突然PowerBookG3が立ち上がらなくなってしまいました。何をやっても立ち上がりません。1年ほど前にも修理したばかりでした。当然、何日もかけて作った音楽データを取り出すことも出来ません。途方に暮れました。

気を取り直し、別のPowerBookG4を用意して音楽ソフト(Logic)をインストールし、また一からやり直し、となりました。
PowerBookG4にはシリアル・ポートは無く、USBに変更になっていますので、それまで使っていたMIDIシンクロナイザーは当然のことながら使用出来ません。
トホホの日々が続いていましたが、ようやく作業を再開することが出来ました。

コメント

PowerBook G3のMac OSが立ち上がらなくても、FireWireターゲットディスクモードでなら、立ち上がるかも知れません。[T]キーを押しながら、電源ONです。
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=58583-ja
これでうまく立ち上がれば、他のMacから、PowerBook G3のデータを拾い上げる事が出来ると思います。他のMacとはFireWireケーブルでつないでおきます。

お疲れ様で御座います。
コンピュータートラブルて直っても機能が元に戻るだけ。
データーを入れた直後のトラブルは、修理して再現できれば良いけれども。
苦労が水の泡なら、ショックは計り知れない物がありますネ。

気を取り直しやり直す事しかできないのだけれども、空しい気持ちは引きずりますね。
トホホの気持ち良くわかります。頑張ってください。

市さん、丁寧なコメントありがとうございました。

そうですね。最近のMacならそう出来ますね。
PowerBookG3は、初期型と後期型に別れていたように記憶しています。初期型はシリアルポートとSCSI、後期型はUSBとFireWireだったと思います。
残念ながら僕の使っているのは初期型ですので、FireWireは装備されておりません。またスタンドアローンで使っており、SCSIで繋がるマシンなども他にありません。

1年近く前に立ち上がらなかった原因はボタン型内蔵バッテリーが切れたためでした。充電式のメイン・バッテリーが充電しなくなったために起こす不具合のようでした。
充電式バッテリーのメンテナンス・ソフトはかつて出回っていたはずですが、立ち上がっていたときにメンテをやってなかったので自業自得かもしれません。

数ヶ月おきに修理に出すのは不経済ですし、いつ起動しなくなるか分からない不安を抱えるのは問題です。そこで「長江」の資料を閲覧するためにOS9で使っていたPowerBookG4(これもG4最初期のマシンですので今となってはパワー不足ですが・・・)にOSXを入れて使い始めました。

ともおさん、コメントありがとうございました。

PowerBookG3がNGになって凄くショックでした。
が、ほとんど使ってなかったPowerBookG4に乗り換えるのにはいい機会だったかもしれません。

気持ちを切り替えて作業に入り直しました。

そうですか、FireWireが使えないタイプですか...。そうなると、データ復旧のためには、内蔵ハードディスクを取りだして、USB2.0外付けハードディスクケースに入れると言う手があります。ケースは2,000円くらいです。
↓たまたま見つけた分解サイト。同じタイプですかね?
http://www.bunkai.jp/mac/powerbook_g3_series.html

市さん、情報ありがとうございます。

今後、分解することがありましたら、参照させて頂きます。
ただ、半分眠っていたような初代PowerBookG4(今となってはかなり遅い、クロックが400Mのもの)にOSXやLogicをインストールして、PowerBookG3の時よりも何歩か進んだ音楽データまで辿り着いています。

ご心配ありがとうございました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)