« オリコン垂石社長のブログで | メイン | 影響を受けたCD その89 »

舞台「眉山」

舞台化された「眉山」を観に行ってきました。

劇伴の音楽が少ないのは予想外でしたが、全体的にとても良く出来ていると思いました。主題歌「眉山」もベストのタイミングで使ってくださっています。
原作の小説や映画で表現してなかった部分がありましたが、その性質上、たった一度観てその場で共感を呼ぶようにしなければならない「舞台」としては、その選択(演出)は正しかったと思います。

宮本信子さん、石田ゆり子さんをはじめ役者さんたちの演技は素晴らしかったですし、スタッフの方々も実に愛情を込めて細やかに作っていたのが分かります。
何度もじわじわと涙がこみ上げて来て困りました。

コメント

八野さん、こんばんは!
おぉ~!眉山を見ていらしたのですか。私は夫と15日の切符を買って今から楽しみにしているところです。
石田ゆり子さんは「解夏」で、すっかりファンになりました。今回の舞台でお会いできるので、本当にうれしいです。
映画では宮本信子さん、最高でした。この話はまるで、宮本さんのために「充書き」したかのように思いました。そのくらい、ぴったりの役どころ。私の母は、この映画をとても気に入っています。
なので、明日、さださんのコンサート会場でDVDを買って帰ろうと思っています。明治座へはちょっと遠いので、母を連れて行けませんが、しっかり見てきておみやげ話をしようと思っています。

八野さんの感想を拝見して、ますます楽しみになってきました。
ありがとうございました。

「眉山」が流れるタイミングも、ベスト、とのことですので安心して舞台に集中してきます!

Kiyokoさん、おはようございます。

宮本信子さんの演技力と存在感は流石でした。脱帽です。
僕の周りでもファンが多い石田ゆり子さんは熱演が光りましたし、素敵な方でした。
その他にも山本學さん、正司花江さんをはじめとして、素晴らしい役者さんが揃っていますので、とても楽しませて頂きました。

どうぞお楽しみに!

八野さん、こんばんは
たった今新宿から帰ってきました。
今日のコンサートも良かったですね。八野さんのお姿が・・・と思ったら声をかけずにいられなくて、失礼しました。
玲子さんのAve MariaとまさしさんのコンサートDVD、ちょうど発売日の今日、買ってきました。
これから楽しみに聞かせていただきます。

終演後、同じ列の十人くらい離れたところに、何年ぶりかの、娘の中学校時代の担任の先生をみつけました。先生もさださんのファンで、当時、「主人公」という題の学級通信を書いていらしたので、「もしや・・・?」と思っていたら、やはりあの頃から地元のさださんのコンサートでちょくちょくお見かけするようになり、「やっぱり・・・」と思ったのでした。
暫くぶりにお話しできてよかったです。なんと、1月の私の街での「Mist」にも先生おいでになるとのこと、その時は娘も息子も一緒なので、「是非、お会いしましょう!」と約束して別れました。
娘に報告したら、「わー!楽しみ~!」と喜んでおりました。今日のコンサートは思いがけないおまけ付きでした。
ありがとうございました。

Kiyokoさん、こんにちは。

昨日は、さだまさしコンサートにお越しくださいまして、ありがとうございました。
Kiyokoさんがファミリー・ネームをお使いになって声をかけてくださったので、一瞬ですが混乱してしまいました。

人と人の出会いやふれ合いは不思議で、面白いものですね。思わぬ再開があって良かったですね。
そういういい話をお聞きするのは嬉しいものです。

CD、DVDのご購入も合わせて御礼申し上げます。ありがとうございました。

遅くなりましたが、先日の新宿厚生年金会館でのコンサート、参加させていただきましたヨ。
今回は、「Mist」に相応しく、スタイリシュなステージのような感じでステキでした。
さださんはもちろん、玲子さん・チキガリとも、よりご自分の言葉・メロディーでの表現が鮮明になられているように」思います。それを引立たせるために、八野さん始め、努力なさる大勢の方々に感謝です。
残りのコンサート・ディナーショー・紅白・見るラジオと、さださんのお忙しさはますようですが、スタッフの方々ともに、体調管理にお気をつけくださいませ。
(12/24、チキガリの赤レンガ倉庫でのコサート楽しみにしています)。

活水出身者さん、こんにちは。

コンサートにお越しくださいまして、ありがとうございました。

お気遣いありがとうございます。
12/24のチキガリのコンサートも宜しくお願い致します。

舞台「眉山」を観てきました。でも、残念ながら、楽しめなかったのです。体調が悪い中、無理して行ったので...。小説かDVDを買って、じっくり楽しんでみようと思います。
そんな状況での感想を書いてみました。素人の駄文ですが、よろしければどうぞ。http://plus-alpha-space.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_c5db.html

市さん、おはようございます。

あらら、それは残念でしたね。
小説、DVDで楽しめるといいですね。

市さん、体調が悪い時とは本当に残念でしたね。
私も、一昨年だったかなぁ、チキンガーリック・ステーキのクリスマスコンサートに行ったとき、風邪引き始めで熱っぽかったのですが、せっかく楽しみに買ってあったチケットだったので、夫と出かけてしまいました。ところが、行ってからぞくぞくしてくるし、頭はぼーっとするし・・・周りの人たちが楽しそうに手拍子していても、腕組みしてじっとしているのがやっと・・・という状態でした。何とか家に帰り着きましたが、ホントに辛かった!
そこで教訓!コンサートや舞台を見るときは体調管理をしっかりとする!いくら良いステージでも、楽しんでみることできないですものねぇ。無念さがよーく分かります。

昨夜のさださんのコンサートに行って来ました。八野さんのお姿を発見し、つい何も考えず声をかけてしまい、失礼いたしました。いつも一緒に行く71歳の母が体調優れず、代わりにさだコンサート初参加のお友だちをお連れしました。丸3時間歌いしゃべりまた歌うエネルギッシュなさださんにびっくりしていましたよ。
私も今回のコンサート、いつもより若々しいさださんに惚れ直しました。照明、セットの効果もあり、本当にロックコンサートと見紛うばかりのステージ、カッコ良かったです!さださんはよく自分はロック歌手だと言っていましたが納得です。(「1989年渋滞」と「胡桃の日」の2曲続けて息が切れなかったのがスゴイ!)新幹線やお父様骨折のエピソードも爆笑でした。もちろんバラードも心にしみて、トークにも歌にも何度も立ち上がりたくなる場面がありました。「MIST」10曲全て入った大満足のコンサートでした。この日私が持ち帰った教訓は、上手く話そうとせずに「自分の言葉で」話せばきっと伝わる、ということでした。さださんの五十肩も落ち着かれたようで、前歯も2本になって(たかな?)、年末年始のご活躍も楽しみにしています。

追伸:それから、大活躍だった宅間さんにも、素晴らしかったとお伝えください。

アーニーズダックさん、こんにちは。

コンサートにお越し戴きましてありがとうございました。
喜んで頂けたようで何よりです。

お母様の体調が早く良くなるといいですね。

Kiyokoさんへ、お気遣いありがとうございます。そうです、「コンサートや舞台を見るときは体調管理をしっかりとする!」です。今月・来月は、忘年会・新年会の時期でもあり、そのようなイベントがある時でも、体調が良くないと楽しめません。体を(心も)調整しておかないと!です。
(八野さんへ、ブログのコメント欄を借りさせていただきました)

八野さん、こんにちは
眉山の舞台、観てまいりました。
熊谷真美さんがとても印象的でした。宮本さんの存在感はすばらしいですね。映画とは違う演出、どのように??と楽しみにしていました。「なるほど」と感心する場面がたくさんありました。場面の転換など、本当に工夫してあるなぁと感心することしきり。さださんの「眉山」も良い場面で登場でした。
映画のDVDを先日のコンサート会場で買うのを忘れたので(玲子さんのAve MariaとまさしんぐWORLDで気持が一杯になってしまった!)明治座で買い求めました。すると、なんと!映画のポスターとパンフレットをおまけに下さいました。母への良いおみやげになりました。

Kiyokoさん、こんにちは。

日によっては1日に2回まわしの時もあるそうですので、役者さんたち、スタッフの方たちもさぞかし大変なことだろうと思います。

特に長い台詞が多い方々はどうやって恐怖感と闘い、どうやって集中力を維持しているのかとも思います。

そのようなサービスがあって良かったですね。

突然ですがお邪魔します。
わたしは長崎県出身、佐賀市在住の者です。
実はこの度、2年前からインターネット上にアップし続けていた
わたしのブログが文芸社さんによって書籍化され
11月1日に全国発売になりました。


タイトルは「愛唄~バツイチ女のひとり言」
タイトルにはドキッとするでしょうが内容はまじめです。
ヤフーで「愛唄 咲 泰子」と検索していただければ
わかるかと思います。
ブログアドレスは

http://blog.livedoor.jp/net_i5750/
(バツイチ女のひとり言)

http://www.sagasan.net/index.php?ID=728

書籍帯文
○愛を見つけるのは自分次第
 何気ないことにも、優しい気持ちはつまっています
 穏やかな自分でいられるための、心のビタミン


この殺伐とした世の中に言葉で「愛」を伝えたい・・・
それがわたしのブログテーマです。

ぶしつけですが「愛唄~バツイチ女のひとり言~」の出版報告と
お力添えをお願いできましたらと思いまして
ずうずうしくメールさせていただきました。
どうかよろしくお願いします。


          咲 泰子(さくらやすこ・ペンネーム)

咲 泰子さん、おはようございます。

咲さんのブログを読ませて頂いたことはありませんでしたが、共通しているものがあるとも思われますので、情報のひとつとして(咲さんからの)コメントをこちらに掲載させて頂きました。

ありがとうございます。
とても光栄です^^
歌詞を引用させていただいていることで
わたしのたいしたことのない文章も
何倍もいいものに生かされていると
勝手に思っている次第です。
心ある唄(歌詞)はきっと荒んだ世の中だって
再生させる力ありますよね?

明けましておめでとうございます。
昨年中はみなさんのおかげで
本の出版、それに準じてまだローカルではあるけれど
ラジオやTVの出演など夢のような体験をさせていただいた
ほんとに貴重な1年になりました。
ありがとうございました。
これからもわたしなりにがんばって行きます。
どうか今年もよろしくお願い致します。

よいお年を!

咲 泰子さん、こんばんは。

みんなの力が合わさってそれぞれの方がしあわせになれたら最高ですね。

お忙しいでしょうに
こうしてお返事までしていただいて
ほんとに嬉しく思います。
ありがとうございます。
何だか励みになります。

今日は報告です。
昨年中に収録は済ませていたTV出演。
1月24日に無事に放送されました。
サガテレビ「かちかちワイド」って番組でした。
急遽、事前の収録分だけでなく加えて
わたしが生出演させていただくことになり
ドキドキハラハラの経験をしてしまいました。
その番組の様子をnaonaosさんが記事にしてくれています。
naonaoさんも佐賀のひとですんで・・・
http://brand-new.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_b3e8.html
       ↑
クリックしてみてください。

お元気ですか?

実はわたしは先週の土曜から3~4日風邪で寝込んでいました。
・・・というか病院にはとうとう行かずに薬も飲まずにですから
たぶん、風邪?ってとこですが
熱が出て体の節々が痛くて・・・

わたしがこんなことで寝込むなんてことは
40数年の人生で片手の指の数もないくらいですが
今回はつくづくと思いました。
ひとり暮らしの心細さというものを。

風邪は安静に寝ているに限るのですが
ただ寝ているだけではお水も食料も出てはきません。
そこで共に暮らす家族でもいれば
世話を焼いてもらえるのでしょうけれどね。

そばにいることをあたりまえだと感じてしまうと気が付かないありがたさ。
気づいて欲しいとわたしは声を大にして世間のみなさまに言いたい。


わたしはだめもとでうちの近所のセブンイレブンに電話を入れて
事情を話したら気持ちよく配達してくれました。

「何かあったらいつでも電話ください^^」

あちらも商売ですからあたりまえと言ってしまえば、そうなのかもしれませんが
わたしはほんとにありがたく思いました。


こんなふうな日々の些細な出来事の中で見える「愛」を
わたしはずっとブログに綴って「愛唄~バツイチ女のひとり言~」が
生まれました。
ひとりでもたくさんのひとに読んでもらえるようになることを願っています。



              咲 泰子

咲 泰子さん、こんにちは。

体調をくずされていたのですね。もう大丈夫ですか?

お元気に過ごしていらっしゃるよう祈っています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)