« 2007年12月 | メイン | 2008年02月 »

2008年01月30日

2008年前半 チキガリ・レコーディング3

今、ホテルに戻って来ました。
大阪でのレコーディングは既に3週目に入っています。

基本的に収録そのものは1/29に終了し、明日(1/30)以降はエディット、そしてミックス・ダウンを経てマスタリングに突入します。何かトラブルが起きない限り、スタジオでの実作業としてはあと2週間ほどでしょうか(勿論それ以外にもミックス・ダウンのためのコンセプト作り、資料CD集めなど自宅での作業もありますが・・・)。
もう一踏ん張り、といったところです。

2008年01月22日

2008年前半 チキガリ・レコーディング 2

レコーディング2週目に入り、先が見えてきました。
今日(1/21)の作業が終了しホテルに戻ってきたところです。
作業自体は順調に進んでいて、なかなかいい感じのアルバムになることは間違いないでしょう。

毎日12時間以上作業していますが、昼と夜それぞれ30分程度の食事休憩を取っています。それにしても大阪は東京と異なり、スタジオ周辺にリーズナブルで美味しい店が多いので良い気分転換になりますね。

2008年01月17日

2008年前半 チキガリ・レコーディング 1

昨年は皆のスケジュールが合わずに、会社の忘年会をすることが出来ませんでした。その代わり東京で今月11日に新年会をやりました。

今週頭からは大阪で、3月発売予定のアルバムのレコーディングをやっています。1月31日まで大阪でやり、2月頭の八ヶ岳でのコンサートを挟んで、2月20日頃まで東京でレコーディングをする予定です。

メンバー、スタッフ共に納得し、ファンの皆さんにも喜んで頂けるように皆で頑張っています。

2008年01月02日

影響を受けたCD その90

映画「オペラ座の怪人」サウンド・トラック
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1789246
映画「オペラ座の怪人」DVD
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1066007

ミュージカルの巨匠アンドリュー・ロイド・ウェバーが放った傑作。
サラ・ブライトマンが歌った「オペラ座の怪人」も素晴らしいと思いますが、この映画の音楽も素敵です。
数年前にレコーディング・エンジニアの鈴木智雄さんから、「『オペラ座の怪人』をDVDで観たら、そのサウンド・クォリティが凄かった」と情報を戴き、僕もDVDを購入して観たところ、最高のひとときを味わうことが出来ました。確かにこのDVDは最高のサウンド・クォリティだと断言出来ます。

昔は、テーマ曲のあの半音進行のフレーズがあまり好きではなかったのですが、やはりあれは凄いフレーズです。聴いた日には頭の中で何度もリピートされ、困ることがあります。
映画はどの役柄もぴったりハマっていると思いますが、エミー・ロッサムの演技や唄に賛否両論はあるものの、声も表情も素朴で美しく、感じの良いものでした。
また、特に驚いたのがオーケストレーションでした。これはプロの完璧な仕事だと思いました。当然のことながら、どう書いたらどのような効果が得られるかを隅々まで完璧に把握して書いているのではないでしょうか。これは簡単なようでいて実はとても難しいものだと思います。大編成の録音は意図したものより薄っぺらになってしまったり、逆にボテッとしてしまったりということはあり得ることです。そのような場合は、更に楽器を重ねたり、あるいはミックスで工夫したりするのですが、このサウンド・トラックから聞こえてくるサウンドは、各楽器が完全に鳴りきった重量感のある音です。これは凄いことだと思います。

2008年01月01日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

振り返ってみると昨年はとても忙しい年でした。
さだまさし関連ではベスト盤1枚(ベスト3)、ライヴ4枚組(ライブベスト)の選曲及びマスタリング、オリジナル・アルバム「Mist」及びライヴDVD「ALL REQUEST」の制作、佐田玲子関連ではライヴ・アルバム「Present」、オリジナル・アルバム「Ave Maria」の制作、チキガリ関連ではカヴァー・アルバム「Face」の制作などがありました。1年に7タイトルのアルバムを作ったことはなかったように思います。
今月中旬にはチキガリのアルバムのレコーディングが始まります。

どうぞ今年も宜しくお願い致します。そして皆様が健康でしあわせな日々を送れることをお祈り致します。