« 1枚のCDが世に出るまで 1 | メイン | 1枚のCDが世に出るまで 3 »

1枚のCDが世に出るまで 2

分かり易くするため、さだまさしの通常のオリジナル・アルバム(より具体的な例を挙げた方が分かり易い場合は「Mist」を挙げます)を取り上げてその工程を書きます。

1.<企画> 「どのようなテーマで、どのような色合いのものを作るか」。これはまさし本人から「こんな曲(アルバム)を作りたい」とか、僕(時には渡辺俊幸さんからも)の方から「こんなアルバムを作りたい(こんな曲を作って欲しい)」などと話し合います。これがアルバム・コンセプトに繋がっていきます。
時々、CMソングやテレビの主題歌などとのタイ・アップがありますが、そういう場合は、先方のイメージや希望を取り入れながら曲作りを進めることになります。同時に大まかな曲作り及びレコーディング・スケジュールを決め、スタジオを押さえ、エンジニア、ミュージシャンなどの人選をし、手配をします。

2.<作詩・作曲> 最近は小さめのスタジオを借りて曲作りすることが多いです。まさし、マネージャーたち、そして僕(そして時にはエンジニアたちも)がスタジオに集合し、スタジオ内のブース(小部屋)にまさしだけが入り、そこで長時間の作詩・作曲作業に突入します。ある程度出来上がると僕が呼ばれ、作品を聴かせてもらいます。その時点で問題点などないか意見を求められ、より良くするためのディスカッションが行われます。そしてその後もまさしは作業を続けます。無から有を生み出すのはつくづく大変な作業だと思いますし、その才能と頑張りこそがさだまさしだと言えます。

3.<デモ・テープ制作> 曲が出来上がった段階でもう一度僕がブースに呼ばれ、確認作業をし、そこでまさしが弾き語りしている曲を聴きながら僕が譜面を書きます。そして、まさしがMacを使って書き、プリント・アウトした歌詞と前述の譜面を何部かスタジオのスタッフにコピーしてもらい、いよいよデモ・テープの録音に突入します(本番ではなくてもProToolsに録っています)。
最初にまさしのギターだけを録り、時には僕がシンセサイザーなどを弾き、その後まさしの歌を録ります。この段階でも何度も歌い直し、歌詞とメロディの乗り具合を検討し、よりフィットする歌詞やメロディにするべくトライを続けます。歌を取り終え、エディットしてから、ミックス・ダウンをします。ここでのエディットはCDの本番ではありませんので、大きなノイズなどをカットしたり、必要に応じてサイズなどを変更したり、割と大ざっぱにやります。そして歌やギターなどの音量のバランス、それぞれのリバーブ感などを決めミックス・ダウンし、それをCD-Rに焼きます。これでデモ・テープ(最近はディスクですが)は完成です。

コメント

これを読みながら、皆さんの関わっている光景が目に見えてきました。どんな長い時間がかかるんだろう!一人小部屋でモクモク曲作りするさださん。それを見守るスタッフさん達。さださんの曲が出来なければ???どうなるのでしょうか???みなさんの生活が!さださんの生活が!それを背負うさださん!曲全てが良いわけもなければ?さださんは何曲作れば良いのでしょうか?考えただけでも気が遠くなります。そんな事を考えるとやはり凄いですね。曲の誕生って素晴らしいです。そんなに魂入れてるのですから、感動するのですね。すみません次回が楽しみになってきました。

フジツボさん、こんにちは。

詩曲が出来なければレコーディングが出来ない訳ですから、CDは出ません。
僕たちスタッフでさえ胃が痛くなるような思いをする訳ですから、まさし本人は相当辛い思いをするでしょうね。

20数年前になりますが、レコーディングが1週間後に迫る頃、まさしがコンサート・ツアーで名古屋にいたことがありました。アレンジャー、エンジニア、スタジオ、スタジオ・ミュージシャンをブッキングする会社からは僕のところにレコーディングが出来るかどうかの確認の電話が毎日のように入るのです。
曲が出来てないので、僕としてもレコーディングが出来るかどうかは分からない訳です。しかし何らかの結論を出さないといけません。
まさしたちの宿泊するホテルに電話をし、メッセージをお願いしました。「待つ身が辛いか、待たせる身が辛いか・・・。ご返事をお待ちしています」と電話でフロントの方に頼みました。これはフロントの方にめちゃくちゃウケました。復唱する時の声が笑ってました。まぁ、何が起きているのかは分からなかったでしょうけど。
数時間後、コンサート会場からホテルに戻ったまさしから電話があり、「いやぁ、ウケたよ。でもまだ出来てないよ」と。それでも信じて待つしかなかったのでした。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)