« 影響を受けたCD その96 | メイン | 新たなプロジェクト 2 »

最近聴いたCD、そして様々な出会い

「フォンテック」というクラシック専門のレコード会社があります。
このブログに時々コメントをくださるブラッサンスさんの紹介で、数年前にそのフォンテックの有田さんと知り合いました。
その有田さんがプロデュースなさったCDが6月上旬に送られてきました。
その中の1枚「澤畑恵美/にほんのうた」はタイトルの通り、日本を代表するソプラノ歌手・澤畑恵美さんが日本の歌曲を歌ったもので、その素敵な企画・選曲と本格的で素晴らしい歌唱を堪能させていただきました。このアルバムは音楽之友社から出ている月刊誌「レコード芸術」7月号の声楽部門の特選に選ばれていました。

この澤畑恵美さんのアルバム「にほんのうた」に、「初恋」が収録されているのが個人的にとても嬉しいことでした。この曲は石川啄木の詩に越谷達之助が曲を付けたものです。
12年前にさだまさしの「にっぽんⅡ」を作るに際し、唱歌・童謡の資料を集め、勉強していた時に僕は「初恋」に出会いました。啄木の詩が素晴らしいのは勿論ですが、越谷達之助のメロディの良さ、メロディの詩とのマッチングの良さ、メロディ作りにおける感情表現の素晴らしさ、作曲者の人や音楽に対する愛情に僕は惚れ込んでしまい、是非アルバム「にっぽんⅡ」に入れたいと思いました。
その後、収録予定曲(希望曲)のリストを作ってまさしと打ち合わせをしたのですが、その際「初恋」を強力に推しました。僕自身直前にこの曲の存在を知った訳ですし、まさしもそれまではこの曲の存在を知らなかったようでした。
たまたまアレンジャーの渡辺俊幸さんがその時その場にいました。それまで黙ってふたりのやりとりを聴いていた彼が突然「その曲の作曲者は僕の高校の音楽の先生で、人間としても素敵な人だった」と言いました。その偶然に3人が驚き、必然的に録音させて戴くことになりました。
偶然なのか必然なのか、生きていると様々な出会いがあります。そして人と人が思わぬところでつながっていることを実感します。

コメント

 素敵な出会いのお話ですね。あの日は今日につながっていたのかと思う事が時々ありますが、偶然の出会いは必然の結果のためだと思えます。そんな出会いの中に自分が入れるのは本当にありがたいし、今日こうして八野さんの日記を読ませていただけるのも、感謝の出会いです。あらためて「初恋」を聞いてみようと思います。

Memeさん、おはようございます。

生きるということは、出会いと別れを繰り返すことですね。
こちらこそ感謝しています。ありがとうございます。

はじめまして。内容について全く関係ない事ですが、他に信頼して尋ねられるところもなく思いあまって突然八野さんにお尋ねする失礼をお許し下さい。実は以前からハワイアンコアのA.ギターを探してます。で、8/6に20th長崎からを懐かしく観ていましたら、グレープの後、さださんが使っていらっしゃったギターはテイラーのコアトップのギターじゃないでしょうか。今、TakamineのSAN30K Nを買おうかと思っていた所なんですが、いかんせん試奏出来ないままのオーダーになるので、さださんの楽曲に合うパワーと中音の抜けの良さが納得できるものか不安に思ってます。それでネットでテイラーを検索したら同等値段でK-22と言うモデルが出てきました。どちらがお薦めとかご意見お聞かせ願えないでしょうか。よろしくお願いします。

けんびくんさん、はじめまして。

僕自身ほとんどギターを弾かなくなってから30年近くが経ってしまっています。そのため素材やメーカーの個性などにも疎くなっています。
まさしの楽器担当と今日一緒に仕事をしました。お問い合わせの件を彼に既に伝えてはあるのですが、TakamineのSAN30K NもテイラーのK-22も知らないようでした。

安い買い物ではありませんので、やはり何と言ってもご自分で試奏するのが一番ですが、何とかならないのでしょうか。同じ型番でも実際には1台1台音が異なりますからねぇ。
楽器担当が言うには、好みの楽器を入手した後、リペアに出して好みのサウンドにより近づけるのが一番だと言ってましたが・・・。

ご返答ありがとうございました。
そうなんですよね、店頭にあればいいんですが、オーダーするとどんな音のギターが届くかという不安が常につきまといます。特にハワイアン・コアは個体差のばらつきが多い素材だと聞いてますので・・・。
それと‘さだサウンド’を理解してくれる店員さんってあまりお目にかかったことないんです。私のような素人ではナカナカ言葉で伝えられなくて困ります。『日本架空説』のツアーパンフでしたか、「こんなサウンド作りをしているアルバムがCDショップに平積みにされていないのはおかしい」という取材記者の言葉があったとありましたが、本当にそう思います。決してファンだから言うのではなく、CDやギターショップの店員にさえさだまさしが伝わってないことは、とっても淋しいことだと思います。
ギターのことは、もう少しじっくり考えることにします。

お名前を出して頂いたのに、コメントが大変遅くなりました。
申し訳ありません。

偶然と云う名の“必然”の恐しさ(凄さ)って、時々感じます。

「初恋」って好きな方が多いですね。

その昔、中沢桂さんがコンサートで歌われていたのが印象に残っています。
童謡・唱歌・わらべ唄・あそび唄・こどもの歌を始めとして
日本には素敵な歌が一杯ありますね。
しかし、その多くが余り歌われておらず埋もれてしまった状態で非常に残念です。

「にっぽん」は愛聴盤です。

けんびくんさん、こんばんは。

弊社の楽器担当者から返事が来ました。
直接的な答になっているかどうかは分かりませんが、彼の許可を取りましたので、そのメールを以下にペーストします。

八野様

お疲れ様です。
以前、頂いたメールの答えですが、丁度1か月経ちまして、もう遅いかと思いますが一応返信致します。

さて、第一になぜハワイアンコアのアコギが欲しいのか理由がわからないので何とも申し上げられないのですが、二択で答えるならばテイラーの方だと思います。
理由としては、タカミネはショートディーのハワイアンコアですから繊細なアルペジオの曲が合うのではないでしょうか。いくら、アンプが内蔵されていてもパワーを求める事自体ギターにとって酷な気がします。
あくまでも、二択ですのでテイラーがパワーがあって中音の抜けがいい、まさしさんの曲に合うギターとは思いませが・・・・。しかし、どちらも合う曲はあるでしょう。

では、どんなギターがパワーがあって中音の抜けが良いギターなのか?
あったら教えて欲しいものです。わざわざ、カスタムギターを作らなくてすみますしラインギターなら苦労して音作りもしなくてすみます。

弦の一本一本の鳴り方、六本の弦のバランス、ボディーと弦の鳴りの調和、自分が弾いて気に入ればどのメーカーのギターでも良いと思います。
まさしさんはマーチンが好きですけど・・・。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)