« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月30日

2008後半チキガリ・アルバムRec. 11

今日も11時スタートでした。
ミックス・ダウンが一番大変だと思っていた川上リード・ヴォーカル曲、次に長谷川リード・ヴォーカル曲を完成させ、前澤リード・ヴォーカル曲の途中までやったところで、23時過ぎにお開きにしました。
これで全13曲中8曲のミックス・ダウンが終了したことになります。
関係者の皆さん、お疲れ様でした。出来もなかなか良い感じです!

2008後半チキガリ・アルバムRec. 10

9月29日は朝11時に作業を開始し、翌午前0時に終了しました。
順調にいったので、渡辺リード・ヴォーカル曲(全日からの持ち越し)、濱田リード・ヴォーカル曲を2曲、小林リード・ヴォーカル曲、の合計4曲が無事に出来上がりました。
みんな元気に頑張っています!

2008年09月28日

2008後半チキガリ・アルバムRec. 9

今日ミックス・ダウンが始まりました。
朝11時前から準備を始め、13時にエディット及びミックスを開始し(僕と渡辺とであっちに行ったり、こっちに行ったりで、並行して進めました)、23時までやってました。

ミックスは、リーダー川上と小林のツイン・ヴォーカルの曲、全員交代でリード・ヴォーカルをやる曲の2曲。両方ともイメージ通りの良い感じに仕上がっています。
明日は朝11時スタートで、渡辺リード・ヴォーカルの曲からミックスをする予定。

2008年09月27日

今日は・・・

今日はスタジオ作業がない日でしたので、MSコーラスの練習に行ってきました。ピアニストさんがお休みだったので、仕方なくピアノを弾く羽目に・・・。

明日いよいよ「タイムスリップ」のミックス・ダウンに突入するのですが、やはりエディットを1日は並行してやることにしました。さあ、あと一踏ん張り!!

2008年09月25日

2008後半チキガリ・アルバムRec. 8

東京での作業が続いています。
追い込みなので、もうひとふんばりなのですが、エディットに使う時間が1日分足りなくなりそう。
さて、どうしたものか・・・

2008年09月21日

影響を受けたCD その98

「ジャコ・パストリアス/ジャコ・パストリアスの肖像」
http://www.amazon.co.jp/ジャコ・パストリアスの肖像%2B2-ジャコ・パストリアス/dp/B00005G4AH/ref=sr_1_1/249-6365212-9963522?ie=UTF8&s=music&qid=1178635778&sr=1-1

唖然とするほどのテクニックと卓越した音楽性、表現力を持ったエレクトリック・ベースの革命児ジャコ・パストリアスのデビュー・アルバム。
初めて聴いた時にカウンター・パンチを浴びてKOされ、その衝撃に言葉がありませんでした。
それまでに一体誰がエレクトリック・ベースという楽器でこのような奏法や表現が出来ると考えたでしょうか。人が想像すら出来ないようなことを平然とやってのけたのが、天才ジャコ・パストリアスであり、このアルバムだと思います。
凄すぎ、美しすぎ、ひとつひとつの音に彼の愛と魂が宿っています。
彼が早世した時に、何ともやるせない理不尽な気持ちになったのは、きっと僕だけではないでしょう。
エレクトリック・ベースという楽器に興味がある人にとってだけでなく、音楽を愛する全ての人にとって必聴のアルバムだと思います。

2008年09月17日

2008後半チキガリ・アルバムRec. 7

今日も11時から23時まででした。

エディットというのは修行みたいなものだと思います。
1曲に何時間かかる(かける)のかはやってみないと分かりませんが、コツコツと積み上げて第1段階の割と荒いエディットが終わって聴いてみます。エディット前よりも完成度が高まり、しかも聞きやすくなっていることを実感します。ところが、更に高いレベルを目指したくなり、またそうしないではいられなくなります。そして第2段階のより細かいエディットに突入します。これを何回繰り返すかはケース・バイ・ケースですが、確実に音楽として進化(深化)しますので、結局時間が許す限りやってしまう傾向があります。
エディットばかりではありませんが、こういう細かい積み重ねが僕等のイメージする「さだクォリティ」につながって行きます。

大阪は明日いっぱいまで。明日の夜はスタジオにいるものだけで簡単な打ち上げが出来れば、と思っています。

2008年09月16日

2008後半チキガリ・アルバムRec. 6

今日からまた大阪に来ています。
相も変わらず23時までエディットに明け暮れました。
明日はチキガリは浜松でのコンサートがあるため、スタジオ作業はエンジニアたちと僕だけ。
今週までは大阪ですが、来週からはいよいよ東京でのエディット、ミックス・ダウン、そしてマスタリングになります。
順調です!

2008年09月14日

更なる新たなプロジェクト 4

12日にエンジニアの鈴木智雄さんと一緒に帰京し、今日(13日)も一緒にスタジオ・ワーク。
まさしの「更なる新たなプロジェクト」のミックス・ダウン2曲でした。エンジニアの皆さんは昼にスタジオ入りし、ミックスの終了は午前1時。

特に今回の2曲は、まさしの声が素晴らしいと思います。切なく美しい穏やかなバラードとCSNを意識したポップスの2曲。リスナーの皆さんに喜んでいただけたら幸いです。

2008年09月11日

命日

今日はあの9.11事件の日であると同時に、僕が憧れ続けた人の命日でもあります。
その憧れの人は昨年病気でこの世を去りました。

僕だけでなく世界中の音楽家に彼や彼の作り出す作品は影響を与えました。ジャズ・コーラス・グループの重鎮“マンハッタン・トランスファー”の大ヒット曲「バードランド」(グラミー賞受賞)も彼の作品のひとつ。
今日はこれから眠るまでのひとときを彼(ジョー・ザヴィヌル)を偲んで、彼の残した数々の名曲たちと共に過ごしたいと思います。

2008年09月10日

2008後半チキガリ・アルバムRec. 5

相変わらず毎日11時から23時過ぎまでやっています。
基本的な「録り」は今日で無事に終了。
明日からは本格的なエディットに突入します。
今日2曲ばかりざっとエディットしただけでもかなりの出来になりつつあり、今後がとても楽しみです。

2008年09月08日

2008後半チキガリ・アルバムRec. 4

大阪でレコーディングを再開しました。
今日のメニューは小林メイン・ヴォーカル1曲、コーラス1曲、ベース1曲、パーカッション1曲、既にレコーディングしたものの部分的な差し替え、エディットなど。

特に問題が発生しなければ、今週中に「録り」は全て終わるかもしれません。そうなると残すは各種エディット、ミックス・ダウン、マスタリングとなります。

今日は弊社の佐田社長がケンタッキー・フライドチキン持参で登場。みんなで美味しく戴きました。

2008年09月07日

オフ

今日はオフが取れたので、楽しみにしていたDVDを観ることが出来ました。
ひとつは映画「かもめ食堂」。フィンランドで食堂を始めた日本人女性と彼女を巡る心温まる人間模様を描いたもの。

そしてもうひとつはスーパー・ギター・トリオ(ラリー・コリエル、アル・ディメオラ、ビレリ・ラグレーン)の「ライヴ・アット・モントルー1989」。
僕は学生時代にフュージョン・バンドをやっていたことがあるのですが、その時のレパートリーのひとつがチック・コリア作の“スペイン”でした。これをAcoustic Guitar2台でやったり、E.Piano、E.Guitar、E.Bass、Drumsという編成でやったりしていました。
今日観たスーパー・ギター・トリオのDVDで、アンコールはその“スペイン”でした。超絶技巧と高い音楽性を持った3人のインタープレイを充分に堪能出来、お陰様でやる気満々になりました。

2008年09月04日

更なる新たなプロジェクト 3

今日は11時から20時過ぎまで、完成度を高める重要な作業のひとつ、エディット(編集)をやりました。
これは通常、エンジニアたちと僕だけの比較的孤独な作業。例えばエレキ・ギターなどのソロを複数録ってある場合、最終的に使うテイクを決めたり、複数のテイクを部分的に組み合わせて最上のテイクを作ったり、その他必要に応じてありとあらゆることをやります。
楽器の一部とまさしのメイン・ヴォーカルを中心に組み立てました。

2008年09月03日

更なる新たなプロジェクト 2

昨日2曲のオケ録りが全て終わったので、今日はまさしの歌録りのみになりました。
15時に開始し、19時過ぎには2曲ともめでたく終了。

昨日は演奏者の方たちを含め、入れ替わり立ち替わり延べ7〜80名位がスタジオにいました。
今日はまさし本人の他に鈴木智雄さんを始めエンジニアの方々4名、レコード会社の方2名、マネージャーの廣田、石井、編集部の早野、そして僕の11名でした。
2曲目を録っている途中、まさしの奥さんが差し入れをしてくださいました。お陰様でみんなで美味しいパンをいただきました。

本来は明後日まで歌録りのためにスタジオを押さえてあったのですが、明日はオケや歌のエディットをすることにしました。
そんなわけでこちらのプロジェクトもすこぶる順調です!

2008年09月02日

更なる新たなプロジェクト 1

今日はさだまさしの更なる新たなプロジェクトのレコーディングをやりました。これは8月15日にデモを録った2曲の本番レコーディング。

アレンジャーは渡辺俊幸さん、ミュージシャンはいつもご一緒している方ばかりでした。
ピアノ・倉田信雄さん、E.ギター・松原正樹さん、ドラムス・島村英二さん、ベース・岡沢章さん、A.ギター・石川鷹彦さん、田代耕一郞さん、パーカッション・三沢またろうさん、コーラス・比山貴咏史さん、木戸やすひろさん、ストリングス・篠崎正嗣Stringsの皆さん、でした。
和気藹々と皆でディスカッションしながらの前向きな作業で、13時にスタートし、22時過ぎに無事終了。

2008年09月01日

魔法のピンク

5月30日のブログで、「まさしがあるところから依頼された曲を作って、デモを録った」と書きました。これはNHK「おかあさんといっしょ」の今月(9月)の歌として10月4日までオン・エアーされます。
タイトルは「魔法のピンク」(さだまさしが歌っているわけではありません)。さてさて、どんな歌かはオン・エアーを聴いてのお楽しみ!