« 2008後半チキガリ・アルバムRec. 10 | メイン | 2008後半チキガリ・アルバムRec. 12 »

2008後半チキガリ・アルバムRec. 11

今日も11時スタートでした。
ミックス・ダウンが一番大変だと思っていた川上リード・ヴォーカル曲、次に長谷川リード・ヴォーカル曲を完成させ、前澤リード・ヴォーカル曲の途中までやったところで、23時過ぎにお開きにしました。
これで全13曲中8曲のミックス・ダウンが終了したことになります。
関係者の皆さん、お疲れ様でした。出来もなかなか良い感じです!

コメント

八野さん、こんばんは。
こちらにもお邪魔いたします(笑)

順調にミックス・ダウンの作業が進んでいるのですね!
3日間で8曲ってすごいですよね!
うわ~、益々楽しみになってきました♪
明日からも順調に作業が進まれること、お祈りしております。
お忙しい中、書き込みありがとうございましたm(_ _)m

八野さん、お疲れ様です。お話読ませて頂いてる限りでは、かなりいい感じでミックス・ダウン進んでいるようですね。これからも、お仕事スムーズに進みますように!
先のタクシーの運転手さんじゃありませんが、私もここを読ませて頂くまで1枚のCDが出来上がるまでにどんなにたくさんの時間と費用とそして本当にたくさんの人達のご尽力があるかという事を知らずにいましたから、CD制作に携わって下さっている方々の想いやご努力の様子を知る事ができてとてもいい事だと思ってます。(歌入れ後にこんなにたくさんのお時間を掛けて頂いてより良い物を届けて下さろうとご努力頂いていたなんて。やはり、知らない方がほとんどなのではと思います。)今までも何度も皆様が書いて下さってますが、今までも欲しかったCDを購入した時はやはり嬉しくて抱きしめて帰ったりしたものですが、今まで以上にCDを抱きしめてしまいそうです。)

        ♪ ♪ ♪ ★ おはようございます! 八野さん ★ ♪ ♪ ♪

 【 前澤リード・ヴォーカル曲の途中までやったところで 】 …、ここを読んだ時、草加のコンサートで初めて ♪ 廃墟の鳩 ♪ を聴いた時のことを思い出しました。あの時の私は、この曲が 「 ザ・タイガース 」 の、【 反戦ラブ & ピース 】 をテーマに作られた曲と知りませんでした。でも、実に穏やかなメロディーの中に秘められた鋭い言葉・テーマに衝撃を受けたのを覚えています。その後、曲について詳しいことを知った時、【 チキガリはよくこんな曲を見つけたなぁ~。前澤さんには、ただ新しい曲の披露というだけなく、もっとこの曲の持つ意味をしっかりコンサートで語り伝えて欲しいなぁ~ 】 と思いました。
 後に、『 影響を受けたCD その95 』 で八野さんが、「 ザ・タイガース 」、「 廃墟の鳩 」 のことを熱く語られていていましたよね。そこで私の中で、この曲はますます気になる1曲、好きな1曲になったのです。★(^^)V★ その ♪ 廃墟の鳩 ♪ をやっているのかな? 嬉しいなぁ。

 【 タイム スリップ 】 が世代を超えて 【 人と人とつなぐ魔法のリボン 】 のCDになりますように! いえいえ、きっとなります! そんな、予感がしています(笑)★(^^)V★ 

たまさん、おはようございます。

コメントありがとうございました。
何とか順調に進んでいます。
ミックス・ダウンが比較的スムーズに進んでいるのは、エディットに時間をかけたからだと思います。エディットをあらかじめきちんとやっておくと、ミックス・ダウン時に気になるところが少なくなるのです。負の要素を出来る限り消して行き、正の要素を増やして行くのがミックス・ダウンだと思います。

おめめさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

コンサートはコンサートで、スタッフやメンバーが最高のものをお聴かせすることが出来るように日々努力していると思います。
CDも勿論そうです。CDを出来るだけ癖のないオーディオ・システムで、しかもある程度大きい音量にして、左右のスピーカーの真ん中でお聴きいただくと、僕等がやりたかったこと、やったことをご理解いただけると思います。
僕等の関わったものだけでなく、愛情をかけて育てられ、作られたCDをリスナーの方々が愛してくだされば、一音楽ファンとしてもとても嬉しいことです。

寝たら最後★さん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

そうですね、寝たら最後★さんにそのコメントを戴いたのを覚えています。
お察しの通り、草加でのコンサートの頃から「廃墟の鳩」(「廃虚の鳩」だと言う説もあります)を歌い、僕がこのブログでザ・タイガースのアルバム「ヒューマンルネッサンス」のことを書き、その後、チキガリのアルバム「タイムスリップ」をレコーディングするという流れを作りました。
特に「廃墟の鳩」は今の時代にぴったりだと思います。きっと誰もが日頃理不尽に思うことが多いと思いますので・・・。

おっしゃる通り【 タイム スリップ 】 が世代を超えて 【 人と人とつなぐ魔法のリボン 】 のCDになってくれればいいと思います。

八野さん、こんにちは。
お返事、ありがとうございます!

ミックスが順調なのはそういう理由だったんですね。
でも、よくよく考えるとそうだな、と…。
下地(敢えてここではエディットのことをこう表現させていただきます)にしっかりと時間をかけるとあとの作業は比較的スムーズに進められるんですよね。
(間違った表現でしたら申し訳ありません。。。)

以前、「メインとベースは真ん中で…」と書かれていたあとに、改めてCDを聞いてみました。
八野さんの仰られたこと、すごくわかりました!
あくまでも私個人の感想ですが、音にとても「奥行き」を感じました。
(たぶん、ですが、「奥行き」を感じるのはある意味オーディオで聞くときの特徴かな~と思います…って、オーディオにはそれほど詳しくないんですが・笑)
「タイムスリップ」、手元にCDが届きましたらいろいろな聞き方をして楽しみたいなと思っています。
(たぶん、相当マニアックな聞き方をしているかもしれせんが・笑)
残る作業も順調に進みますように!

たまさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

その通りですよ。下地にしっかり時間をかけているからです。
CDでは奥行きと広がりを感じていただけるのではないでしょうか。そして曲によってはコーラスが左から、そして右からと交互に押し寄せて来て、眼前に立体的な音楽空間が再現されると思います。
ある時は左右が異なった動きをしていたり、またある時は内側と外側で異なった動きをしているのを感じていただけると、更にマニアックな世界に浸れると思いますよ。
お時間がある時にそんなところにも注意して聴いていただけると、おそらく新たな発見があるのではないでしょうか。

八野さん、こんばんは。
お返事、ありがとうございます。

八野さんに教えていただいたように、更に(笑)マニアックな世界に浸ろうと思います。
伝授していただき、ありがとうございましたm(_ _)m

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)