« 影響を受けたCD その98 | メイン | 今日は・・・ »

2008後半チキガリ・アルバムRec. 8

東京での作業が続いています。
追い込みなので、もうひとふんばりなのですが、エディットに使う時間が1日分足りなくなりそう。
さて、どうしたものか・・・

コメント

八野さん、お疲れ様です。「エディットに使う時間が1日分足りなくなりそう」って、もう次の仕事が押していらっしゃるという事なのでしょうか?それともスタジオの方が予定いっぱいという事なのでしょうか?私共には何とも難しいお話ですが、あまり根を詰めすぎないようにして頑張って下さいね。お疲れのところご報告ありがとうございました。くれぐれもお体御自愛下さいませ。

♪ おはようございます!八野さん★(^^)V★ ♪

 時々ですが、日記を拝見させていただいています。そして、【 あぁ~、こんなふうにして1枚のCDが生まれて来てるんだぁ 】 と感じ入り、改めてCDを自分なりに楽しんで聴いています。それが出来るのも、八野さんの日記があればこそです!ありがとうございます★(^^)V★
 
 関東に住んでいる私はなかなか大好きなチキガリさんの生歌を聴くことができません。そこで考案したのが、 ♪ 1曲で8度おいしい 【 チキガリCD 】★ ♪(^^)/ ♪ ★ です。
 まず、その曲に酔いしれます。次は、メンバー一人ひとりの声に注目して聴きます。たとえば、今回は あっちゃん! 次は、前澤さん! 次は、りぃだぁー・川上さん! と言うように、6人順番に聴いていきます。 そして、最後にもう一度、その曲に酔いしれる ♪  すると、CDを聴きながら、コンサート会場にいる雰囲気が漂ってきます。というのは、こうやって聴いていると、不思議なのですが、曲ごとで同じあっちゃんの声でも、頭の後ろの方で響いていたり、左端で歌ってくれている感じがしたりと、CDなのに曲ごとで声の立ち位置が変わるんです。それなので同じ曲でも、1度目聴いて酔いしれたのと、8度目の時とでは、【 身震いするくらい全く違った輝きを持った1曲 】 に私の中で生まれ変わっているんです。
 最近、八野さんの日記を読んでいて、この 【 魔法の技 】 の正体がなんなのか、わかりました。【 八野さん、あっちゃんをはじめとするスタッフの細かい作業…お料理で言う 『 隠し味(技)』 】 なんですね★(^^)V★ つまり、隠し味(技)が多ければ多いほど、聴き手である私はワクワクする訳です。そしてその味わいは、なんと、聴くたびに熟成されていて、新発見があるんです★(^^)V★ 
 八野さん! 細かい作業、本当に大変だと思いますが、こんな酔いしれファンもいるんだぁ~と、たくさんの隠し味(技)を楽しみながら、是非たくさん ♪ タイムスリップ ♪ に入れておいてください。お願いします ★m(。。)m★
 長くなりました。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。★(^^)V★

おめめさん、寝たら最後★さん、おはようございます。

エディットをやればやるほどクォリティが確実に上がります。僕等には到達したいレベルが明確に存在します。それを目指して作業していると時間が足らなくなります。クォリティを落とさずにスケジュール的にも押さないようにするにはスタジオをダブルで動かす(つまり2チーム編成する)しかありません。

コンサートでは、どこの席でお聴きになってもあまり条件が変わらないようにスタッフは心がけているはずです。人の声や様々な楽器を中央に定位させれば(つまりモノラルです)、どの席からも聞こえづらいパートは少なくなります。しかし一方ではゴチャゴチャした印象にはなりやすいとは言えます。
CDにおいては家庭で左右のスピーカーの中央で聴くことが前提ですから、それぞれのパートを理想的な定位にすることを心がけています。チキガリのCDを作るにあたり、誰の声をどの辺に定位させるという考え方ではなく、そのパートの音の高さやアレンジ的な性質(音楽上の役割)で振り分けています。例外はありますが、メイン・ヴォーカルとベースは中央、一番高いコーラスは一番左、その次に高いものは一番右、その次は中央やや左、その次は中央やや右、という風にしています。また、2種類のコーラスが存在する場合、それを左右に振り分けたり、外側と内側に振り分けることによって、それぞれの存在感を出すようにしています。これらを使い分けることによって、音楽の躍動感、なめらかさなどを出すことが出来ると思っています。
ですからどのパートをどの位置に定位させるかは、僕にとって極めて重要な問題なんです。

あたたかいコメントありがとうございました。

八野さん、おはようございます。
連日、スタジオでのエディット作業、お疲れ様です。
1日分足りなくなりそうなんですか!?
八野さん、あっちゃん、エンジニアの皆様が「いいモノを創りあげよう!」としているからなんでしょうね(^^)
(もっと時間が欲しい!とお思いの八野さんのお姿が目に浮かぶようです…)
お忙しい中、途中経過のご報告、ありがとうございます。

朝晩、すっかりと秋の気配になりました。
皆様、体調に留意されますよう。

八野さん 初めまして♪
前にちらっと遊びに来た事がありましたが今回は前に書かれた日記も拝見しました!
前になりますがチキガリさんの神奈川県民ホールに参加しました。
ホールではパイプオルガンのコンサートでよく行ってたので、ライブが終わった時は箱が良いとやっぱり音が違うなぁ~(^O^)と感動した事を思い出しました。
音に包まれる感じ…
幸せな気分です☆
それが箱のせいじゃなくて音のこだわりで生まれたのだと知ってコメントを書かずにはいられなくなりました。
みんなで作る素敵な空間に参加しているんですね♪♪
本当にありがとうございますぅ。
アカペラは空間も命だと思っています。
声と音がお互いに揃わないと、やっぱり残念に、、、、、

Airが出来るまで私の口癖は感想を聞く前に『生だと、もっといーんだよ』だったんです。
感謝しています。本当に本当にありがとうございます。
今度も楽しみにしていますねぇ!!!!!

たまさん、こんばんは。
あたたかいコメントありがとうございました。

tomoka-naさん、初めまして。
コンサートも魅力的だとは思いますが、CDにはCDならではのこだわりが詰まっていますので、じっくりとお楽しみください。

はい♪
ありがとうございます!
『タイムスリップ』のCDに込められた楽しみを満喫するのが待ち遠しいですぅ(*^_^*)
大変な中、レスありがとうございました。

♪ おはようございます!八野さん★(^^)V★ ♪

 こちらこそ、あたたかい返答、ありがとうございました。私が気づかなかった、【 CDに隠された多くに方々の 『 想い♪ 』 】 等改めて知り、ますます 【 タイムスリップ 】 の仕上がりが楽しみなりました★(^^)V★
 2月の横浜赤レンガ倉庫のコンサートには、大切な友人5人目と2人で行くことになりました。彼女は 【 アカペラ ♪ は初めてなので、興味津々! 】 と、とても楽しみにしてくれています。それなので、コンサート前に ♪ CD ♪ を聴いてから行くのがいいよと伝えるのがいいのか、それとも生歌を聴いた後で ♪ CD ♪ を堪能するといいよ! とアドバイスするのがいいのか、今はそれが 【 嬉しい悩み 】?(’’)? になっています(笑)★(^0^)/★ 
 無理をなさらず、お仕事頑張ってください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)