« 今日は・・・ | メイン | 35周年コンサートのミックス・ダウン 2 »

35周年コンサートのミックス・ダウン 1

今日はミックス・ダウンの3日目。
毎朝11時(初日のみ10時)にスタートし、深夜0時頃までやっています。
スケジュールは押していますが大きなトラブルはありませんので、まずは順調と言っていいでしょう。

ライヴ・レコーディングのミックス・ダウンはスタジオ・レコーディングのそれとは異なるところがあります。特にさだまさしプロジェクトの場合、ライヴCDは「あたかも客席で聴いているかのようなもの」をいつもまさし本人は望みます。

通常ライヴ・レコーディングでは、各ミュージシャンの演奏し、歌ったものだけでなく、別のトラックに我々が「オーディエンス」と呼ぶ客席の音を数本のマイクを使って収録しています。これは、お客様の拍手や声援などを録るためのものですが、実際にはコンサート会場のPAスピーカーからの音も混じってしまいます。また、お客様の咳、くしゃみ、荷物などが触れ合うノイズさえも入っています。
このオーディエンスの音を曲間だけでなく曲中もミックス・ダウンで出すと、まさしが望むような客席で聴いているかのような臨場感を出すことが出来ます。バランスの問題ですが、出せば出すほど臨場感は出ますが、相対的に実音(歌や演奏)は小さくなることになりますので、音楽(特に歌)は奥に引っ込んでしまいます。どのあたりでバランスさせるかがライヴのミックス・ダウンの難しいことのひとつです。

そしてスタジオ・レコーディングのものと異なり、ライヴでは一般的にアレンジも演奏自体も音響(PA)もデフォルメしているケースが多いという事実があります。ライヴで1回のみの場合は、かなりデフォルメしても良いと思いますが、ライヴCDとなるとお客様が何度もお聴きになることを想定しないといけません。つまりデフォルメだけではなく、繰り返し聴いた時にも不自然ではないバランスに仕上げないといけないのです。
またライヴゆえの様々な音楽上の瑕疵はあって当然ですが、それが目立つよりは目立たない方がいいと思いますし、演奏ノイズも多いよりは少ない方がいいに決まっています。

そんなこんなで様々なエディットをしながらミックス・ダウンをやっています。
特に今回のバンドは9人編成の腕利き揃いですから、演奏自体のクォリティが高く、それぞれの方々が出す音色も素晴らしいものがあります。
それに加え、レコーディング・エンジニアの鈴木智雄さんを始め、たくさんのエンジニアの皆さんの工夫や努力もあって、ライヴ・アルバムの中ではオーディオ的な魅力も今回のものが一番になると思います。
また特に今回は演奏や歌が素晴らしいので、理想的な楽器バランスにミックス・ダウンで持って行ける可能性が高いので、とてもありがたいことだと思っています。

コメント

こんにちは、Yossyです。
ミックス・ダウンお疲れさまでございます。
仕事をさぼって遊びに来たらナイスなタイミングで更新されてましたので、
せっかくだからお邪魔しちゃいました(笑

そしてスタジオ・レコーディングのものと異なり、ライヴでは演奏自体もデフォルメしているケースが多いという事実があります。ライヴで1回のみの場合は、かなりデフォルメしても良いと思いますが、ライヴCDとなるとお客様が何度もお聴きになることを想定しないといけません。つまりデフォルメだけではなく、繰り返し聴いた時にも不自然ではないバランスに仕上げないといけないのです。

このあたりはなるほどな〜!と言う思いと、
大変そうだな〜(^^;と言う思いと・・・。

いつも素晴らしい楽曲をご提供いただいてますが、
>特に今回は演奏や歌が素晴らしいので、理想的な楽器バランスにミックス・ダウンで持って行ける可能性が高い との事^^
仕上がりが楽しみで、今からワクワクしてしまいます。

明日から天気がくずれそうです。
気候不順の折、体調には気を付けていただいて、
ミックス・ダウンがんばってください。

こんばんは♪

ミックス・ダウン♪
おつかれさまです。
大変なのですね、、
ビックリです。(驚)
ありがとうございます。

まさしさんのライヴCD大好きです。楽しみにしてます!


本日!「さだのうた」「情継」
銀座・山野楽器にて購入!
今、、談春さんの「父さんとポチ」(笑)聴いてます♪

昨日、、日帰りで静岡まで
「35周年記念」ライヴへ!
行ってきました♪

お身体につけてください。
ありがとうございます♪

   ♪ おはようございます!八野さん★(^^)V★ ♪
 
 改めて【すごいなぁ~】って、思いました。たった1枚のCDかもしれないけど、ただのCD1枚じゃない!と。そして、まっさんのファンが、ずっとファンでいる、いられる理由がここにもまたあったんだ!って、感じます。
 まっさんコンサートに参加するって、本当に大変なんです。学生時代は、時間があってもお金がない! 仕事に就いてからは、お金は多少出来たけど、時間がない! そこに、まっさんの場合は、チケットが取りにくい!という三重苦。なんとも、当たり前のことなんだけれど、平日のコンサートに行く、行けるというのは、本当にいろんなHAPPYが重なったときの、【 がんばった自分へのご褒美 】★(^^)V★って、いつも思って 【 元気と勇気をもらい 】 に行ってます。それなので、記念コンサートのCDって、本当に本当に私にとってはありがたいのです。
 確かに、まっさんのライブステージのCDって、いつ聴いてもコンサート会場に一緒にいるみたい★(^^)V★。まして、コンサートに参加できた時は、目をつむってCDを聴いていると、【 その場にタイムスリップした不思議な感覚 】 に陥るときがあります。その 【 不思議な感覚の種 】 って、ここにあったんだ!って、八野さんのコメントを読んで思いました。
 まっさんの想い、CD作りに携わっていらっしゃる方々の想い、そしてCDを聴いている人の想い…が、それぞれのその時々の想いにちゃんと水のごとくマッチするトライアングルの構図を持っているから、まっさんファンはきっと、ずっとまっさんファンをしてるんだなぁ~★(^^)V★ 今まで、私はそういうことに気づいてなかった…。でも、八野さんのおかげで、まっさんがいつもコンサートで繰り返し言う 【 スタッフに盛大なる拍手を! 】 の本当に意味がわかりました。   遅っ<(@@)> 反省m(。。)m
 八野さん、ありがとうございます。感謝!感謝!です。そして、パチパチ、パチパチ! 音は届かないかもしれませんが、心を込めてスタッフの皆さんに、ありがとうございます!の想いを込めて盛大なる拍手を贈ります。
 今朝も、とってもいい気分で仕事に出かけられます。八野さん、ありがとう★(^^)V★

八野さん、いつも本当にありがとうございます。とてもとても感謝をしております。
ところで、すみません、是非ともYossyさんにお伝えしたいことがございます。この場をお借りしてもよろしいでしょうか?

Yossyさま、
お仕事をさぼって遊びにいらした、とのことですが、この場はとても不思議な場であると私自身は思っておりますので、その事を申し上げたいと思いました。

つまり、八野さんのこの日記は、さぼって遊びに来たつもりが、実はとても深い素晴らしい学びをいただける場所である、短く表現すれば、人生音楽総合特別専門講座、とでもいいましょうか・・・私自身は、そのように考えております。
ですので、どうか、お仕事の途中であっても、堂々と、
「自分は今から、自分の仕事の質を高めるための、特別専門講座を、ちょっとばかし受講しに行ってくる・・・なに、すぐ戻りますよ・・・」、とでもおっしゃっておけばよろしいのではないでしょうか?使用前、使用後、あなたはまるで違ってくるぅ~~~!

大変失礼いたしました。

はい、私も今から、お仕事、お仕事・・・遅刻しないようにしなくっちゃ・・・

事情により匿名希望さん、はじめまして、こんにちは。

また仕事をさぼって遊びに来ているYossyでございます(笑
熱い想いとご提案、ありがとうございました^^

仕事柄ご相談を受ける側にもなったりしますので、
職場では比較的自由な立場?と言うこともあり、
情報・知識の収集を兼ねました、
手の空いた時のネットサーフィンは、
ありがたい事に黙認いただいております(^^;

ただいつも遊びに行ってる掲示板に書込中に
「お忙しいところすいません、ちょっといいですか?」
等と呼ばれると・・・、
あ、仕事さぼってるな〜、とちょっと後ろめたい気分に (^^;

>実はとても深い素晴らしい学びをいただける場所である
これは本当にその通りですね^^
なんてったって、ここのログ家宝になってますし(爆

事情により匿名希望さんというHNなので、
一瞬こちらの身内か関係者か?と、ドキドキしました(笑
これからもよろしくお願いします。

Yossyさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

説明不足のところがありましたので、元の文を訂正しました。

昨日は終わったのが深夜1時でしたので、流石に疲れました。

ミックス・ダウンはあと数日続きますので、きっと今後は体力、気力勝負になると思います。

チルドレンさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

さすがにもうあまり若くはありませんので、疲労が蓄積されて行くのは辛いです。
しかし単純に時間的なことなら、10周年のライヴ・アルバム「書簡集」が一番大変だったかもしれません。10枚組でしたので、毎日昼から朝6時までのミックス・ダウンが連続ひと月続きました。これはヘビーでした。お陰でその際には15キロやせました。

「情継」「さだのうた」お買い上げありがとうございました。

寝たら最後★さん、事情により匿名希望さん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

何だか照れてしまうようなコメントを頂いてしまい恐縮です。
でも思うんです。まさしにしても同じだと思いますが、僕らは、きちんと一所懸命聴いてくださるリスナーの皆さんがいらっしゃるからこそ、仕事が出来るのだし、頑張れるのです。感謝するのはこちら側なんです。
ありがとうございます。

八野さん、本当にいつもいろいろお教え頂けてありがとうございます。寝たら最後さんも書いてみえるのですが、本当にいろいろな事情でなかなかコンサートに参加できない私のような人間にとって、さださんのライブCDは昔からその雰囲気を感じさせて頂ける本当にありがたいものでした。(子供が大きくなった事と本当に図々しくなった事でやっと最近少しずつコンサートに行けるようになりましたが、コンサートに行けない身においても、さださんの歌や演奏の方々の素晴らしい演奏がかき消される事のない本当に素晴らしいバランスの臨場感溢れるライブCDはとても貴重な宝物のような物でした。今でも宝物ですが・・・。さださん自身の言葉がはっきり聞き取れるように丁寧に歌って下さる発声のおかげもあるのですが、ライブCDを出してみえる他の方のCDの中にはやはり歌が聞き取りにくい方もみえますよね。)さださんのライブCDの素晴らしさ、以前から凄いなとは思っていたのですが、それが、八野さんはじめスタッフの皆様の努力の賜物であった事が分かり本当に感謝しております。今回も資料集めのお話をお知らせ頂いた時からずっと楽しみにしています。とても大変な作業かとは思いますがよろしくお願いします。)
P.S. 二つのトリビュートも最高ですね。ありがとうございました。

おめめさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

多くの方がきっとスケジュールのやり繰りやチケットの入手など様々な障害を乗り越えて、まさしのコンサートにいらしてくださっていると思います。
「そのコンサートに生涯でたった一度来ている」方だっていらっしゃるのだと思うと、手を抜くことなど許されないし、最高のものを届けたいと、まさしもスタッフも思っているはずです。
CDにしても「そのアルバムだけをたまたま購入」した方だっていらっしゃるはずです。ですから毎回最高のものを作るようにしないといけないと思っています。

味が良い老舗のレストラン(の料理)は、味が変わっていないのではなく、日々精進して味を良くして行くようにしないと、味が落ちたと言われるそうですね。
これは音楽にも当てはまると思います。
日々闘いです。

こちらでもちょっと失礼して・・・

忙しくなってきたのもあり、
私もしばらくコンサートには行けてません;;
確かにまっさんのチケットは取りにくいですからね~(^^;
最後に行ったのはもう10年くらい前に、
地元に近い渋川にまっさんが来ると言うので、
それこそ必死になってチケット取って、
休みを調整して・・・。
会場は小さめのホールでしたので、
後ろの方の席ではありましたが、
今までで一番近くでまっさんを見れて感動したものでした。
来年はがんばってチケット争奪戦に参加してみようかな~?(笑

Yossyさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

コンサートにもCDにもそれぞれの魅力がありますよね。
コンサートには同じ場の空気を吸っている一体感とリスナー側の集中力の高さがあると思いますし、CDには音楽的完成度の高さ(オーディオ・マニアにとっては音質的完成度の高さも)があると思います。
やはり音楽にとってコンサートとCDは車の両輪のようなものですね。

あ、こっちも・・・(^^;
>やはり音楽にとってコンサートとCDは車の両輪のようなものですね。
おっしゃる通りですね^^
アコリバさんの掲示板でも一時熱い議論が交わされていましたが、
まさにその通りだと思います。
どちらが優れているなどと、
優劣をどうこう言うものではないと思ってます^^
コンサートではコンサートでしか、
CDではCDでしか味わえない音と感動があります。

余談ですがお財布に余裕があったので、
「情継」と一緒に「私花集」も・・・。
そしてまだ余裕があったのでどれにしようか迷ったのですが、
はじめて聴いた時思わず涙ぐみそうになった「償い」の入った
「夢の轍」を選びました。
久しぶりに聴かせていただきまして、やはり年を取ったのでしょうか?
ボロボロと涙がこぼれて・・・、泣きました。

まっさんも、スタッフの皆様も本当に素晴らしい。
ありがとうございます。

Yossyさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

「情継」「私花集」「夢の轍」をお買い上げくださいまして、ありがとうございました。
気に入ってくださったようで何よりです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)