« アルバム「Mist」のことが・・・ | メイン | このところ、そしてこれから・・・ »

影響を受けたCD その99

サラ・ブライトマン/アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜
http://www.hmv.co.jp/product/detail/42966

僕が最大限の敬意を払っているサラ・ブライトマンのアルバムは「ラ・ルーナ」ですが、この「アヴェ・マリア」はそれに勝るとも劣らない名アルバムだと思います。
あくまでも私見ですが、「ラ・ルーナ」がポップスの視点に立ってクラシックを含めた様々な音楽を包括した作品であるとするなら、この「アヴェ・マリア」はクラシックの視点で様々な音楽を見つめているように思います。

どの曲を聴いてもとても美しく、癒されますし、僕にとってとても大切な1枚です。
「ラ・ルーナ」と「アヴェ・マリア」はサラ・ブライトマンとプロデューサーのフランク・ピーターソンが生んだ最高の作品だと思います。
尚、東京・池袋のCDショップ「五番街」さんのホームページによると、「五番街」さんのユーザーが支持するアルバムの第1位がこの「アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜」で、第2位がさだまさしの「とこしへ」とのことです。
http://gobangai.jp/top100/1_20.html

コメント

「五番街」さんのページ見させて頂いてきました。何だか感激です。第1位が「アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜」で、第2位がさださんの「とこしへ」との事。さださんの「とこしえ」が2番に入っているなんて、(凄いな。感激)って感じです。CDは持っていませんがサラ・ブライトマンの「アヴェ・マリア」聴いた事あるかも。素敵な歌声とともにやはり素晴らしい作品だと思います。でももう一度きちんと聴いてみたいななんて思ったりもしてます。

おめめさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

「アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜」は今でもフルプライスですが、上に書いた「ラ・ルーナ」はたしか先月、廉価盤(何と¥1500)がリリースされましたので、この機会にオススメします。廉価盤はもう店頭在庫のみかもしれませんが・・・。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)