« タイムスリップ 8 | メイン | タイムスリップ 10 »

タイムスリップ 9

「長い髪の少女」
作詞は橋本淳さん、作曲は鈴木邦彦さん。デイヴ平尾さん率いるザ・ゴールデンカップスが歌ってヒットしました。カップスは横浜を本拠地に活躍したバンドで、演奏力に定評があり、後にキーボーディストとして15才のミッキー吉野さんが参加されました。当時、彼は天才少年と呼ばれていたことをご記憶の方もおありだと思います(ミッキー吉野さんは後年ゴダイゴを結成し、「ガンダーラ」「銀河鉄道999」「ビューティフルネーム」などのヒットを飛ばすことになります)。
オリジナルのカップスのヴァージョンは、ドラムスのマモル・マヌーさんの甘いヴォーカルとデイヴ平尾さんの個性的なヴォーカルによるとても印象的なものでした。

チキガリの数ヶ月前のコンサートで「ソー・マッチ・イン・ラヴ」をやりました。それを聴いて、「これは使える」と思いました。メンバーの濱田がそれまでの振り絞ったようなハイトーン・ヴォイスではなく、柔らかい声で歌っていて新しさを感じたのです(勿論、彼の最大の特徴はインパクトのあるハイトーン・ヴォイスであることは間違いありませんが・・・)。これを受けて、彼のそういう側面をCDでも出せないかと探ってきましたが、この「長い髪の少女」はそれにピッタリだと思い、これをこのチキガリ・ヴァージョンのコンセプトのひとつにしました。
ミックス・ダウン中にある関係者がスタジオに入って来て、「これ誰ですか?」と言いました。僕にとっては「してやったり」と思った瞬間でした。「何これ?」とか「誰これ?」を毎回やるのは不可能ですが、何かしらの新しいチャレンジはし続けたいと思っています。

コメント

         ♪ こんばんは! 八野さん★(^^)V★ ♪

【 ミックス・ダウン中にある関係者がスタジオに入って来て、「これ誰ですか?」と言いました。僕にとっては「してやったり」と思った瞬間でした。「何これ?」とか「誰これ?」を毎回やるのは不可能ですが、何かしらの新しいチャレンジはし続けたいと思っています 】
 八野さんにこんなコメントをいただいたら…、ね、もう、我慢できずに、出てきてしまいました(笑)★(^^)V★

 というのも、まっさんの 【 情継ーこころをつぐー 】 ♪ に、〈う、してやられた~ ♪ 〉… ゾッコン状態 ☆~(@。@)~☆ になっているからです。それなので、ちょっぴり躊躇していた 【 さだのうた 】 も明日購入することに決めました★(^^)V★

 【 タイムスリップ 】 は、作られる過程を八野さんのおかげで、間接的ですが知っているので、今までに体験したことのない、待ち遠しさとワクワク・ドキドキ感があるんです!

八野さん、おはようございます。
「情継」、「さだのうた」ゆうべ一気に聴きました!
三重県まで姉と旅行がてらいってまいりました。35周年コンサート、6月、8月そして今回の11月と聞かせていただきましたが、なんだか「進化」しているような気がしました。次は12月のプレミアム!!楽しみです。
さて、その会場で買い求めた2枚のアルバム、楽しませていただきました。贅沢なアルバムですね。本当に。今日から受付のまさしんぐWORLD会報の投票には、どの曲に一票入れようか、迷います。コンサートでさださんがアルバムのことをお話ししてくださったので、聴いていて思いが十分に伝わってきます。

濱田さんの「柔らかい声」でのヴォーカル、楽しみです。
「長い髪の少女」はなつかしい歌ですねぇ~…。聴きながら「タイム・スリップ」するのは間違いありませんね。

八野さん、おはようございます。

濱田さんのハイトーン、大好きです!
でも、柔らかく出されるお声も大好きです(^^)
「ソー・マッチ・~」もそうですが、「ソラ」でのコーラスも柔らかい声でされていますよね?

「してやったり」
何だかとても嬉しそうに、ニンマリされている八野さんのお顔が(笑)

昨日、地元神戸で行われたチキガリのフリーライブに参加いたしました。
「タイムスリップ」から3曲。
「好きさ~」「亜麻色の髪の~」「バン・バン・バン」
「亜麻色の髪の~」はやっぱり、あっちゃんだ!って思いました。
とても爽やかなアレンジに、あっちゃんの声がぴったり。
「バン・バン・バン」も「こう、くるか~」と思いました。
発売前なので、あまり詳しく書けませんが(笑)
「好きさ~」は、文句なしで楽しみました(^^)
「お前の~」で客席から、濱田さんに向かって指差ししたいほどでした(笑)

今回はスタッフとして少し関わらせていただきました(っていっても、ちょっとしたお手伝いだったんですが)
リハを見ながら、音が作られていく過程を目の当たりに出来たこと、幸せに感じました。

長々と失礼いたしましたm(_ _)m

寝たら最後★さん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

「情継」のお買い上げありがとうございました。気に入ってくださったようですね!
「さだのうた」には僕は関わってはいませんが、それぞれのチームが一所懸命やったことと思います。

「タイムスリップ」どうぞお楽しみに!!

Kiyokoさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

素敵な旅行になったようで、良かったですね!
「情継」「さだのうた」のお買い上げありがとうございました。気に入ってくださったようですね!

アルバム「タイムスリップ」でまさしくタイムスリップしてください。

たまさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

そうですか、神戸のライヴに関わっていらしたのですね! お疲れ様でした。

「バン・バン・バン」の間奏では、禁断の「・・・・・・」バトルを展開してましたよね?!
「亜麻色の髪の乙女」も「好きさ好きさ好きさ」も気に入ってくださったようで何よりです!

また長々(?)とコメントを書いてくださいね!

八野さん、こんにちは。
そして、お返事ありがとうございます!

「禁断の・・・・バトル」(笑)
してやられました!!
いや~、ほんと、びっくりしました(神戸が初披露だったのですが、さて、何人の人がそれに気がついたのかはわかりません)
小林さんの口ギターも、すごい!!
マイクの音を弄ってはいても、その当時の音色そのもの。
リハで聞いて感動し、本番ではもっと感動!
CDではどのように聞こえるのか、ますます楽しみです♪

また、長々と(笑)書かせていただきますね!

追伸
昨日の神戸、繁理社長も来られていたんですね。
ライブのとき、後姿をお見かけしたものですから。。。

たまさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

おそらくCDではライヴ以上に細部がどうなっているのか分かると思いますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

昨日、上にデイヴ平尾さんのことを書いたばかりでした。

本日、デイヴ平尾さんがお亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

デイヴさんの訃報を知りました。ここで話題になっていたばかりでしたから、とても不思議な感じがしました。八野さんの文章を読んで何年ぶりかで思い出していたところですから・・・。
謹んでご冥福をお祈りいたします。このアルバムを聴いていただきたかった…。合掌。

 八野さん、デイヴ平尾さんは、今回チキンガーリックステーキのみんなが 『長い髪の少女 』 を歌うことをご存じだったのでしょうか? 亡くなられたと知った時、1番にそれを思いました。

 きっと人はみんな、今ある命を大切に生きていると考えますが、人の命には限りがありますね。残念ですが…。でも、よい音楽・文学、技の光る伝統工芸品などは、様々な人を介して、後世に伝わっていきますよね。現に、この 『 長い髪の少女 』 や、『 情継 』 がそうであるように。
 【 タイムスリップ 】 には、そんな歌を愛した GS に関わった人たちの想いをも、知らぬ間に盛り込まれているような気がしてなりません。音楽って、すごいなぁ。

 謹んでデイヴ平尾さんのご冥福をお祈りいたします。

Kiyokoさん、寝たら最後★さん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

デイヴ平尾さんはチキガリの「タイムスリップ」のことはご存じなかったと思います。
ここ数年、NHKのBSでGSの番組が何度かオン・エアーされています。それらを観て思ったのは「デイヴ平尾さんはもしかしたらご病気なのでは」ということでした。もしそうであれば「早くお元気に」と願っていたのですが・・・。

僕らの生命も文化も受け継がれたものですよね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)