« ビッグコミック | メイン | ショック! »

朗報 遂にSACD化!!

長きに渡って好んで聴いてきたレコード(CD)のひとつに、1973年に若くして亡くなったハンガリー出身の指揮者イシュトヴァン・ケルテスがウィーン・フィルと録音した「新世界より」(高音質で定評があるDECCAレーベル)があります。
高校生の時に初めてこの演奏をFM放送で聴いて、その素晴らしさに感動し、お小遣いを貯めてLPを買い音溝がすり切れるほど聴きこみました。そして後年CD化されたものを現在に至るまで繰り返し聴いてきました。

4年程前にユニバーサルミュージックがクラシックの名盤のSACD化を推し進める際に、そのリストには「ケルテス=ウィーン・フィルの新世界」が入ってなくて、僕を含む多くのファンをがっかりさせました。
それが遂に、近年、高音質SACDをリリースしてきたエソテリックから、SACD盤としてリリースされました。これを朗報と言わずして何と言いましょうか。これであの感動が最大限に増幅されることは間違いありません。生きていて良かった!! モントゥーの「ダフニスとクロエ」、アンセルメの「シェエラザード」などもSACD化して欲しいなぁ!!
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/disc08121/index.html

コメント

わ〜〜〜!貴重な情報有難うございます。
早速購入に動きます。

普通盤との音質比較をしたく、昨日SHM盤をオーダーしたところです。
SACDとの聞き比べも楽しみです。

アンセルメの「シェエラザード」是非お願いしたいですネ!。

これらの名盤は八野さん同様にいつでも側に置いてあります。

ともおさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

僕らにとってはとても大切な名盤ですよね!
カーゾンのモーツァルトのコンチェルト、アンセルメの三角帽子などもSACD化されています。

今回の「新世界」のSACD盤はもう既に売り切れになっているところもあるようですので、お急ぎになった方がいいと思います。
ちなみに普通のCDショップでは売っていません。オーディオ製品とCDの両方を扱うようなショップにしか置いてないようです。
もし入手出来なかったら連絡ください。まだ売っているところ(昨日の時点で)は知ってますので・・・。

ご心配有難うございます。すぐに取扱店に連絡、確保いたしました。
23日に引き取り予定です。

大人買いです(笑)。
カーゾンのモーツァルトのコンチェルト、アンセルメの三角帽子、ケルテスの新世界。三点共に購入です。

これらのSACDの購入を控えるのは不可能です(笑)。

今からわくわくしています。情報有難うございました。

アハハ、大人買い(笑)ですか!
そうですよね、名盤のSACDを購入しないなんてあり得ませんよね、我々にとっては・・・。

今回の「新世界より」のSACD化の情報を得てからは毎晩のように発売になるタイミングを調べていました。買い逃したら一生後悔しますから・・・。

発売日は必死に調べますよね!。確かに買い逃したら一生後悔します。

お聴きになりましたか。音はいかがですか。
オリジナルテープから作っているので良いはずですが、凄く気になります。

毎日遠足の前のような気分です(笑)。

失礼と思いますが聴く事ができましたのでコメントさせて頂きます。

エソテリックから発売されたSACD、此凄いです。
個々の音は有機的で音場が広く、見通しも素晴らしく良いです。
弦楽器がこんなに柔らかく録音されているとは思いませんでした。
器が異なるので当たり前ですが。通常CDは比較対象では有りません。
全てがSACDに成って欲しいと願わずには要られません。

エソテリックから発売された他のSACDも聴きましたが、聞き惚れてしまいました。
此から発売されるSACDが何なのか大変楽しみです。

大変貴重な情報有難うございました。

因みにCD層の音も通常盤やSHM盤より明らかに音は優れています。

ともおさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

そうですか、やはり・・・。

僕の方は、家には毎日眠るためにだけ帰っている状態です。今日も帰宅は深夜になります。全くと言っていいほど自分の時間がありません。睡眠時間が足りなくて、いつも眠いです。トホホ・・・、です。
すみません、愚痴になってしまいました。

明後日はまた新幹線の車中でお会いしましょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)