« FESTIVAL HALL 200 | メイン | ハマっているもの »

オリジナル・マスターの衝撃!

数年前にあのキング・クリムゾンの名盤「クリムゾン・キングの宮殿」のオリジナル・マスター・テープが発見され、そのテープを使用してリマスターされたCDが3年程前に発売になりました。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1411379

最近、自室で使っているスピーカーがようやく安定期に入ったので、上記CDと1999年に紙ジャケットでリイシューされたものをシビアに聴き比べました。
結果はやはりオリジナル・マスターを使ったCDの圧勝でした。力感、生々しさ、解像度、情報量が圧倒的に違い、実に衝撃的でした。

ただ、ひとつだけ残念なのは、新盤が1999年盤のジャケット及びブックレットの質の高さには及ばないこと(意見には個人差があります)。
今後、1999年盤のジャケットとブックレット(装丁だけでなく紙質も)で、もしSACD化されたものがリリースされたらまさに鬼に金棒だと思うんですけどね・・・。
最近レコード会社各社からSHM-CD、HQCDなどが登場しました。それでもSACDが最高だと思うのですが、本当にクォリティの高いものがなかなか世の中に受け入れられないのは寂しいです(意見には個人差があります)。

コメント

この記事を読みオリジナル・マスター・テープ盤購入します。
知らなかった!。有難うございます。

一世代でもオリジナルに近い音源の方が良い音がする事は確かです。
私もオリジナルテープから作り直されたCDを何十枚も買い換えました。

SACDが無くならない事を本当に祈ります。
魔法使いのマスタリングエンジニアからは組のBBSを読み、
SHM-CD、HQCDは外観はSACDと同じですが基本別物と指摘を受けました。
比較対象では無い事は理解出来ますが、何処か勘違いしますネ。
SACDはCDの4倍の早さで回っていると記憶しています。

さださんのオリジナルマスターはSACDにも対応出来るDSDで録音してあります。
何時でもSASCDにする事は可能ですネ。

<本当にクォリティの高いものがなかなか世の中に受け入れられないのは寂しいです(意見には個人差があります)。>

誠に同感です。

(意見には個人差があります)。良い言葉ですね(爆笑)。
鈴木組のBBSにも使わせていただきます。

まさしに限らず、CDがもっと売れ、レコーディングだけでなくマスタリングや、それ以降の製造コストにも、もっともっとお金がかけられるようになれば、SACD化も夢ではなくなりますね。
そうなればリスナーの方々が、我々がスタジオで聴くようなクォリティの高い音をご自宅で聴くことが出来る可能性が高まります(勿論、それなりの投資が必要にはなりますが)。SACDで聴くと、目の前で歌い、演奏しているように生々しく、そして情感豊かに聞こえますよね。感動も何倍にふくらみますし。
そういう日が来ることを切に願っています。

ご存じとは思いますが、「意見には個人差があります」は、まさしがNHKでやっている例の夜中の番組でちょくちょく使われていますね。まさしが何か本音のような、過激な(?)ことを言うと、横から「意見には個人差があります」と書いたボードが出てきます。僕も真似てみました。


SACD化の件は確かに八野さんが仰有るように思います。
感動が何倍にも膨らみます。何時の日か夢が叶う様に頑張らねば。

「クリムゾン・キングの宮殿」聴きました。オリジナルテープは凄いですね。
先人の凄さを再確認です。1969年にこの音!頭が下がります。

Blue spec CDは可成り良いですよ。
「TIME OUT」その差を確認したくSACDとBlue spec CD両方を注文しました。

Simon & Garfunkelの「明日に架ける橋」比較ではありませんが、
可成り良く聞こえました。明日比較確認してみます。

「意見には個人差があります」理解しています。
有り難く毒を吐きながら使わせて頂いています。

「明日に架ける橋」のBlue specを聴かれたら、その結果を教えてください。

結果が良ければ是非購入したいです。
S&GはSACDがリリースされてないですから・・・。

「明日に架ける橋」良いです。
やはり情報量が正確に多いのか音像が大きく非常に鮮明な音がしています。
音の厚み・力強さ・解像度・スケール感.全てに旧盤より良くなっています。

SACDに成っていない物は全て買い換えても良いかと思います。

Blue spec CD 凄く魅力があります。

ありがとうございます。

Blue spec CDは高域が強く出るイメージはありますか?
音の厚み・力強さ・解像度・スケール感.全てに旧盤より良くなっていても、もしエネルギー・バランスが変わって聞こえたら・・・。(意見には個人差があります・笑)

Blue spec CDは高域が強く出るイメージはありません。
またHQCDの様に高域に画で言うところの輪郭線も感じません。
(意見には個人差があります・笑)

自然なエネルギー・バランスと誇張感のない素直な音がします。
ディスク・スタビライザー・シートDSS-01Gを貼るとより滑らかな音になります。

是非お試しください。

了解しました。

「SACD以外で」という条件付きであるとしたら、紙ジャケット、リマスター、Blue spec CDは非常に興味を引かれます。それが¥2000位でリリースされたら最強ですね!!
今回のものは紙ジャケットではないようですから、迷うところではありますが、きっと何枚か買ってしまうと思います。

Blue spec CDの音やや訂正させて下さい。

最近Blue spec CDの音が硬いと評価を聴きました。
私は全てのCDはアコリバの「RD-1」(現在は「RD-3」になっています)で消磁してから聴いています。
これが評価の違いと分かりました。確かにそのままでは音が硬い!。
ディスク・スタビライザー・シートDSS-01Gを貼るとこれでも改善されます。

私の聴く方法ではBlue spec CDの音は良いです。

了解しました。

この1年位オーディオ的なことで山や谷が色々あった時はかつてありませんでした。
苦しかった時もありましたが、その分面白いです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)