« クラシック音楽 未来のための演奏論 | メイン | 忘れてはいけないこと »

CD「FESTIVAL HALL 200」感想

前にも書いたと思いますが、レコーディングに使用する機材を提供してくださっているオーディオ・メーカーに「Accuphase(アキュフェーズ)」(日本が誇る高級オーディオ・メーカー)さんと「ACOUSTIC REVIVE」(各種ケーブルを含む驚異の音質改善グッズ・メーカー)さんがあります。いつもありがとうございます。
そのAcoustic Reviveの代表・石黒さんにCD「FESTIVAL HALL 200」 をお送りしたところ、次のようなメールを頂きました。許可を得ましたので、以下に記します。

八野様
いつもお世話になっております。
さださんのライブ盤お送り頂きありがとうございました。
さっそく聴かせて頂きました。
驚愕です。
拙宅のリスニングルームにフェスティバルホールが出現しました。
ヴォーカルの音像の明瞭さ、声や楽器のリアリティは正に「史上最強のライヴ盤」
の通りだと思います。
素晴らしい作品をありがとうございました。
                        石黒 謙

コメント

八野さん、こんばんは

石黒氏の本当に嬉しいメールのご紹介、ありがとうございました。
史上最強のライヴ盤、日本中で実感している人がたくさんいらっしゃることでしょう。
特にオーディオ関係の方の「驚愕」というお言葉は、嬉しい限りですねぇ。私も一ファンとして、石黒様には「素晴らしいメールをありがとうございました。」と申し上げたいくらいです。

フェスティバルホールのコンサートには2度いったことがありますが、もうあの空間がないのかと思うと寂しいです。さださんが大好きだったホールですものね。
でも、ライヴの中でもおっしゃっていた、「5年後、予定通り完成したら40周年…」という言葉をしっかりと胸に刻み、その時を楽しみに待つこととします。

私からも、「素晴らしいコメントのご紹介をありがとうございました。」
素人の私でも、ヘッドフォンで聴けば、まるで音の宇宙にいるよう・・・
奥行き、拡がりの無限、それに加えて、細部ひとつひとつのクッキリと明瞭なこと、暖かな音の空間にスッポリ埋もれて、うっとりとした幸せ感に浸れます。
プロの方の確かな感覚で裏打ちしていただけ、とてもとても感激しております。

八野さんのなさっていらしたこと、こうして報われていくのですね。
私も、自分の事のように嬉しく思います。

石黒さま、本当にありがとうございました。

八野さんには、いつもいつも大きな感謝をするばかりです。

八野さん、おはようございます。
時間が取れるようになりましたので、
帰宅するとオーディオ三昧、音楽三昧のYossyでございます。

FESTIVAL HALL 200、楽しませていただいております。
自宅でも目の前にライブのステージが展開しております。
ステージの状況が正に「目に見えるよう」です。
もう、まっさんが実際にそこに立って歌ってしゃべってますね!

先日嫁さんの親父様が遊びに来まして早速聴かせましたが、
いたくお気に入りの様で「これ、すげーな!」との第一声でした^^
気を良くしましてちょ〜っとお財布に痛かったですが、
親父様の分で買って置いた「FESTIVAL HALL 200」、
そのままプレゼントしちゃいました(笑

まさしく、「史上最高のライヴ・アルバム」でございます。
このような素晴らしいアルバムをご提供いただける事、
まっさんファンとしてだけでなく、
一人のオーディオファイルとしても感謝申し上げます。

しかし、さすがうちの管理人さまです(笑
「史上最強!?のライブ盤」
なんだか強そうでこっちの方が素敵かも?(爆

Kiyokoさん、凛さん、Yossyさん、おはようございます。まとめレスですみません。
温かいコメントありがとうございました。

CDを実際にお聴きくださった方々からこのような素晴らしい評価を戴けたのは、ステージ上のミュージシャンの皆さん、鈴木智雄さん、鈴江真智子さん他、才能あるエンジニアの皆さん、音質を改善すべく協力してくださっているAccuphaseさん、Acoustic Reviveさん他のお陰です。
そして当日会場にお越しくださったリスナーの皆さん、当日会場にはいらっしゃらなくても陰で応援してくださっている全国津々浦々のファンの皆さんの後押し無しにはあり得ません。
僕はただひたすら感謝するのみです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)