« 影響を受けたCD その101 | メイン | 影響を受けたCD その102 »

曲作りの日々

2月19日からまさしとスタジオにこもっていました。
まだまだ詳細はお伝え出来ませんが、次のアルバムの制作期間に入ったということです。

どうぞお楽しみに!!

コメント

八野さん、こんにちは。
お疲れ様です。
アルバムの製作にはいられたとの
こと。今度のアルバムはどのような方向性になるのか、興味深いです。(まさしさんの基本姿勢はかわらないと思いますが。)
6月ぐらいのリリースでしょうか?楽しみにまっています。

八野さん、こんばんは
まさしさんのアルバム制作期間に入られたとのこと、心から完成の日をお待ちしております。
これから超多忙の日々でしょうね。どうぞご自愛くださいますように。そして、素晴らしいアルバムを誕生させてくださいませ。
応援しておりまーす(^_^)/~

八野さん、こんばんは!そしてお疲れ様です。さださんが携帯ファンサイトのまっさん旅日記で「プロ野球のキャンプに例えると第1クールが終了した感じかな・・・。」って、書いてみえましたけど一体何の事だかさっぱり分からない哀しい人です。「面白いものになりそうな予感。」って書いてみえたから楽しみに待つしかないなと思ってはいるのですが・・・。でも、さださんが曲作りしてみえる間、ずっと一緒にスタジオに籠もっているのも大変ですよね。本当にお疲れ様です。さださんはアコースティックコンサート再開されてますけど、その間に八野さんはレコーディングに向けての段取りとかまたお忙しくしてみえるのでしょうね。くれぐれもお体にお気を付けて下さいね。

しんいちさん、Kiyokoさん、おめめさん、おはようございます。
温かいコメントありがとうございました。

2月下旬は曲作りでした。曲作りといっても、昔のようにギター1本を持って本人がブース(小部屋)にこもって、あーでもない、こーでもない、とやっているのとは少し異なります。
スタジオ内のブースに、アコースティック・ギター(ライン録り)、エレクトリック・ギター(各種MIDI音源を鳴らすため)、MIDIキーボード、モニター・アンプ、モニター・スピーカー、Mac2台(2台ともMacBook Proで、1台はProTools用。もう1台はワープロ用、Webブラウズ用)、マイク、マイク・スタンド、ギター・スタンド、各種ハードディスク、プリンターなどが所狭しと並んでいます。

これらはまさしの楽器担当者が初日に運び込み、セッティングします。スタジオが連続して取れなくて、移動しなければならない場合は、それらを片付け、移動させ、再セッティングします。これに数時間かかります。セッティングが終わると近年まさしも使用しているMacのソフトウェアのひとつである「ProTools」を立ち上げ、きちんと動くのか、もっと便利な使い方があるか、まさしが来るまで探っておきます。

昔ながらの方法で、コントロール・ルーム内にあるスタジオ備品のMac(ProTools)に出来上がった曲のギターを録り、次に歌やコーラスを録って、デモを作るケースもありますし、先のように曲を作るということと、デモを録るということがイコールの曲もある訳です。まさし本人が分からないProToolsの使い方は、エンジニア、楽器担当者、あるいは僕が教えつつ(?)作業は進んで行きます。まさしがブースにこもって作っている間、基本的に僕はコントロール・ルームにいて、別の作業(例えば譜面を書く、データのバックアップを取る、まさしにとってもっと便利な曲(デモ)作りシステムの使用方法を楽器担当者と打ち合わせをする、など)をしながら、まさしから声がかかるのを待ちます。

まだまだ先は遠いです。
今月中旬からまたスタジオにこもり、曲作りを再開し、その後レコーディングに突入します。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)