« 何と4曲も・・・ | メイン | 昨日は »

昨日も、そして今日も

昨日もまさしがスタジオにやってきて、歌を1曲、部分的にやり直しました。
その前後も、そして今日も相変わらずエンジニアたちと僕はエディットに明け暮れています。

歌の差し替えにしてもエディットにしても、やはり手を掛け、愛情を掛ければ掛けるほど完成度は高まり、音楽はなめらかになり、表現力や感動は増して行きます。

録った後に、これ程までに音楽が磨かれ、変化するのは、おそらくこの作業を経験した人でないと分からないでしょう。神経がすり減る作業ではあっても、これもレコーディングの醍醐味のひとつであることは間違いありません。

コメント

八野様
こんにちは
アルバムの作業の外では、桜の花は綻び、山吹の黄色、かたかごの(かたくりの花)紫そして出番を待つチューリップへと季節が日々進行しています。
毎日ご苦労お掛けします。
Beatlesのアンソロジーの様に完成前が判ると八野様の愛情の深さが素人には明確に判るのでしょう。
新作には超大作収録ありと聞き、ますます期待が膨らんでいます。愛情便よろしくお願いします。

まっちゃんさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

今日は昨夜からの続きで、超大作「ママの一番長い日 〜美しい朝〜」のエディットをやり、つい先ほど「がんばらんばMottto」に入ったところです。

タイトルから色々と想像をめぐらしてみてください。

本日届いたMasaSing Town Mailにアルバムの案内がありました。
これからの八野さんのお話が楽しみです。お忙しい毎日(ハードスケジュールだと思います…)かと思いますが、合間をぬって、ホットなニュースお聞かせください。よろしくお願いいたします。
「美しい朝」というタイトルだけ聞いても、ワクワク感、ありますね。「がんばらんばMottto」は、tが3つですねぇ!私の乱視のせいかと思いましたら、ちがいました!相当がんばる、ってこと??どんな詞になるのか、楽しみです。
想像をめぐらせるのもたのしいものですね。

では、次号を楽しみにお待ちしてまーす!

八野さん、こんばんは!
先日、「私は犬になりたい¥490」予約してきましたが、実はまだCM見れてません。今日も私が見たのは前の空港編でした。(チキガリ様のおかげでお知り合いになれた方はさださんご覧になられたようです。)気になるのでソフトバンクのサイトから見てきましたけど。で、アルバムバージョンは渡辺俊幸さんのアレンジって事は、ひょっとして超贅沢バージョンで全く違うものになってる?でも、笑って歌えなかったってどういう事かしらなんて、今日の「まっさん旅日記」読みながら考えてしまいました。Kiyoko さんもお書きのMasaSing Town Mailでのアルバム情報もうれしいかぎり。既に、CDのお店のサイトで発売日とか流れていたようで、お聞きしていた発売日通り、レコーディングも予定通り進んだという事で嬉しいかぎりです。あの、「親父の一番長い日」のアンサーソングとのお話の超大作「ママの一番長い日 〜美しい朝〜」どんな歌なのか実は前々から気になっていて・・・。早く聴きたいなんて思ったりしてしまいますが。CD待つしかないので、楽しみに待つ事にします。「がんばらんばMottto」もどんな風にセルフカバーされているのかも楽しみです。フォーチュンキャッツの「がんばんべぇ~」もっと話題になると良かったのに、こちらでは耳にしないのですが、今春には清峰高校の応援歌で、「がんばらんば」盛り上がっていたという事ですし(実はテレビ見てないので流れていたのも知らなかったのですが)、やはり気になります。他にも気になる事だらけですが・・・。大変なエディットのご作業が終わられましてからで結構ですので、またお話聞かせて(読ませて)頂けましたら嬉しいです。(でも、きっと、次々と次のお仕事がおありでしょうから、お時間があればで結構ですので・・・。)今日は金曜日と7の日が重なってとっても嬉しい日になりました。ますます楽しみです。
お体無理なさらないようにして下さいね。

Kiyokoさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

アルバム・タイトル、曲タイトル、発売日などが正式に発表されましたので、近日中に全体の作業を時系列で書こうかと思っています。もっともお読みになる方にとって興味深いかどうかは分かりませんが・・・。

おめめさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

シングルのご予約ありがとうございました。
「がんばんらんばMottto」の原曲との違いは興味深いでしょうし、「ママの一番長い日 〜美しい朝〜」がどんなシチュエーションのものであるかも興味深いものでしょうね。そしてきっと「私は犬になりたい¥490」のシングル・ヴァージョンとの違いもそうでしょう。

これらは約ふた月先に実際にアルバムをお聴きになってご堪能ください。この場で完璧なネタばらしはしない方が良いと思いますので・・・。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)