« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月30日

ブラームスはお好き

一昨日の夜は東京芸術劇場にいました。
定期公演がある度に東京ニューシティ管弦楽団の皆さんの演奏をお聴かせ頂きたいと常々思っているのですが、日頃スタジオにこもっていることが多く、なかなか伺うことが出来ません。
やっとスケジュールが合って、ブラームス・シリーズの1回目に伺うことが出来ました。
古典派からロマン派までの作曲家の中で、ブラームスはベートーヴェンの次に好きな作曲家ですので、この日を楽しみにしていました。大好きなだけに今まで、フルトヴェングラー、ベーム、ワルター、カラヤン、バーンスタイン、モントゥー、小澤征爾、ジュリーニ、ケルテス、バルビローリ、ザンデルリング、ボールトなど数多くの指揮者のCDを聴いてきました。

当夜1曲目の、ブラームスの「田園」とも呼ばれ、ニュアンスが大事な交響曲第2番を聴くにあたり、万が一「ピリオド奏法」のマイナス面が強調されたら辛いと思っていたのですが、それは全くの杞憂に終わりました。
第1楽章で今まで認識したことがなかったフルートのフレーズの存在に気付かされたり、トロンボーンのハーモニーがそうなっていたことに気付いたことがない小節があったり、勉強させて頂きました。特に第2楽章からはボウイングの工夫がよく表れていて、ヴィブラートがないことを十二分にカバーしていたと思いますし、その効果に感動しました。第3楽章には印象的なオーボエのメロディがありますが、相変わらず徳田さんは熱演なさっていて今回も感銘を受けました。全体的にニュアンスに溢れた演奏で、ボウイングの工夫の勝利だとも思いました。

次の交響曲第1番はブラームスの中で個人的に最も好きな作品ですので、聴く前からいやが上にも盛り上がりました。第1楽章冒頭のティンパニのリズムは、プレトークで指揮者(音楽監督)の内藤彰さんの話をお聞きしてなければ椅子から転げ落ちていたかもしれません。聴き慣れたリズムではないので変拍子に聞こえ、一瞬ブラームスが現代音楽にでもなってしまったのかと思いました。第2楽章のオーボエ、ヴァイオリンのソロもニュアンスに溢れ、完成度が高い演奏に感銘を受けました。やはりここでも単にヴィブラートが無いだけでなくボウイングの素晴らさがあるがために、透明感とニュアンスが見事に両立していました。そして全体的に井ノ上さんを始めとした木管のトライアングルもとても味わい深いもので素敵でした。第4楽章には個人的に残念に思ったところもありましたが、全楽章を通して集中力と高揚感に溢れた感動的な演奏だと思いました。演奏が終わった後の興奮した観客の拍手は凄いものがありました。
このような素晴らしい演奏を聴かせて頂いて、東京ニューシティ管弦楽団の皆さんは新たな次元に突入したと思いました。
ご招待頂きまして、内藤彰さんを始めオーケストラの皆さんに、そして事務局の皆さんにも感謝申し上げます。ありがとうございました。

お気に入り その5

最近足を運んではいませんが、好きな場所のひとつは鎌倉です。
カメラを携えてぶらぶら歩き、何気ない光景にシャッターを切ったり切らなかったり・・・。

名刹巡りも好きですが(これから梅雨に入るので明月院は最高かもしれませんね)、鎌倉の中でも幾度となく行ってみたい場所のひとつは「天園ハイキングコース」と呼ばれる自然を満喫出来るルート。
僕の場合は「けんちん汁」発祥の地としても有名な建長寺から瑞泉寺へと辿る(勿論、逆も素晴らしい)ことが多いです。
そこだけではなく鎌倉にはいくつものハイキングコースがあり、結構有名ですからお好きな方は多いのではないでしょうか。

建長寺の三門を抜けてどんどん奥へ進み、半僧坊を超えて山歩きが続きます。人が少なければ半僧坊に至る参道ですら静寂に包まれ、自分の呼吸音や足音と鳥の声しか聞こえなくなります。
天園あたりから見下ろす鎌倉市街、相模湾、そして伊豆半島の風景を堪能し、峠の茶屋で一服の茶を満喫(一服の茶も一期一会ですね)。そして「花の寺」と呼ばれる瑞泉寺へと辿り着きます。
ヘビは大の苦手なので会いたいとは思いませんが、心が疲れた時に「静寂の音」に会い、自分の心と向き合う大切な場所のひとつです。

2009年05月29日

シベリウス

数年前にデモ版を使ってみて、その使いやすさに驚いたんです。しかしそれなりに高価なソフトですのでなかなか入手出来ませんでした。
その譜面作成ソフト“シベリウス”を昨年末にようやく入手したのですが、なかなか使う踏ん切りが付かず、時ばかりが過ぎて行きました。

さだまさしのアルバム“美しい朝”のレコーディングが全て終了した翌日から、このシベリウスを本格的に使い始め、タイアップ先にお渡しするメロ譜(いのちの理由)を作成し、先週はレコーディングのための譜面を書いていました。

そして今週、堀沢真己さんというチェリストをソリストに迎えて、“いのちの理由”のインストゥルメンタル・ヴァージョンのレコーディングをしました。堀沢さんは篠崎正嗣ストリングスのメンバーでもありますので、もう数えられない位ご一緒していますが、こうして単独でお願いするのは初めてでした。
結果は大成功! この演奏をさだまさしファンの方々にお聴き頂く機会はあまりないかもしれませんが・・・。

一昨日はこのインストゥルメンタルを含む「いのちの理由」3ヴァージョン(歌入り、インストゥルメンタル、カラオケ)をマスタリング。気になっていたことをマスタリング・エンジニアの鈴江さんにカバーして頂き、その出来上がりに満足しています。

2009年05月20日

まさしんぐWORLD2009

まさしんぐWORLD2009の初日公演が無事に終わりました。
まだまだご覧頂いてない方が沢山いらっしゃると思いますので、具体的な内容に触れる訳にはいきません。

お越しくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
そして関係者の皆さん、お疲れ様でした。また明日も宜しくお願い致します。

2009年05月18日

影響を受けたCD その104

ポール・サイモン/ワン・トリック・ポニー
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1852155

これはポール・サイモンが脚本を書き、主演した同名の映画のサウンド・トラック盤です。
その映画ではポールは売れないシンガー・ソングライター役、フュージョン・グループの「スタッフ」の面々などがバック・バンドのメンバーに扮しています(この映画がDVD化されるのを待っているのですが、地味な映画なのでまあ無理でしょうね)。
映画を意識したせいか、音楽も地味な印象を受けますが、それでもなかなかの名曲が揃っていて、飽きさせないところは流石です。

1曲目の「追憶の夜」は、さだまさしの「東京」のエンディングに影響を与えました。このアルバムを聴いてからしばらく「追憶の夜」のドラムをどうやってたたいているのか疑問だったのですが、その後、実際にステージでスティーヴ・ガッドがこの曲を演奏するのを見て、ようやく理解出来ました。何と片手で複数のスティックを持っていたのでした。
また遙か後年まさしはこのアルバムに収録された「Jonah」をカバーすることになります(アルバム「季節の栖」)。
尚、このアルバムが初めてリリースされた時(LPです)には、まさしがワーナーさんから依頼されてライナー・ノートを書いています。

2009年05月15日

最近観たDVD 3

カラヤン・メモリアル・コンサート2008/演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/指揮:小澤征爾
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2742601

昨年はヘルベルト・フォン・カラヤンの生誕100年でしたので、様々なイベントやCD、DVDのリリースが行われました。そのひとつが上記のDVDです。

ベルリン・フィルはこのコンサート・ツアーをやるにあたり、カラヤン・コンクールの優勝者であり、カラヤンの愛弟子でもある小澤征爾さんに白羽の矢を立てたそうです。
コンサートの前半では、カラヤンに見出され、今ではヴァイオリンの女王とも言われるアンネ=ゾフィー・ムターがソロを担当し、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲が演奏されていました。これも素晴らしかったとは思いますが、個人的には何と言ってもメイン・プログラムであり、カラヤン=ベルリン・フィルの十八番だったチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」に魅せられました。そして改めてベルリン・フィルの底力をも見せつけられました。
テンションが高く、集中力があり、自発的に皆が全身全霊で演奏したものだと思います。
コンサート・マスターは1977年に入団した後、1983年に第1コンサート・マスターに就任し、それ以来この世界一のオーケストラを25年の長きに渡ってまとめ上げ、今年3月に退団された安永徹さんでした。
こんな素晴らしい演奏が日本人の指揮者と日本人のコンサート・マスターによって行われたことにも感動を覚えました。
宝物がまたひとつ増えました。

2009年05月10日

最近観たDVD 2

ドキュメンタリー/Deep Blue
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1369091

数年前に観て、また最近観直したBBCが制作したドキュメンタリー。
どこが実写でどこがCGなのかは知りませんが、極めて真面目に、丁寧に、時間と愛情をたっぷり掛けて制作した感動作なのは間違いないでしょう。
海洋生物の生態を収録して編集したもので、「“生きる”とは何か」を常に問いかけられ、教えられます。

個人的にはペンギンが陸に上がる方法や深海に生息する生物の美しさに驚嘆しましたし(ここが実写なのかCGなのか最も知りたいところ)、ジョージ・フェントンの劇伴音楽並びに初めて映画音楽をやったというベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏にも感銘を受けました。
十二分にこのドキュメンタリーを楽しんだ後、職業柄なのか「どうやって収録したのだろう?」という驚きと関わった人たちの「やる気」と「技」に関心が向かいました。こういう人たちがいるということは凄いことです。
尚、ナレーションは映画「ハリー・ポッター」シリーズでダンブルドア校長を演じているマイケル・ガンボンが担当しています。

2009年05月09日

念願の

今日の午後はMSコーラスさんの練習で市川に行きました。
このところ「惜春」をやっているのですが、より美しいものを目指して何度もアレンジの変更をしてしまい、MSコーラスの皆さんにはご迷惑をおかけしています。

練習の後は念願の整体へ。レコーディングで凝り固まった身体をほぐして頂きました。至福のひとときでした。

サーバー障害

5月7日の16時過ぎに発生したサーバー障害のため、長時間にわたって「さだまさしケータイファンサイト」へのアクセスが出来ませんでした。
登録されている方にはご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。この障害は5月8日23時40分過ぎに無事、復旧いたしました。

同じサーバー上にこのブログも置かせて頂いている関係で、このブログにもアクセスが不可能となっていましたが、昨日の深夜には完全復旧となりましたので、アクセス、書き込み、共に元に戻りました。

ご迷惑をおかけしました皆様にお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。
そして復旧作業に携わった全ての方々にお礼申し上げます。ありがとうございました。

2009年05月06日

山が見たくて?

今日は山が見たくてという訳ではありませんが、長野県まで日帰りで行ってきました。
朝9時30分に新宿駅南口に集合。
今日の日帰りツアーに参加したのは、今回のさだまさしのアルバム「美しい朝」のレコーディング・スタッフ4人。僕の他にはエンジニアの鈴木智雄さん、鈴江真智子さん、谷健太さん。

新宿から高速に乗り、まずは山梨県北杜市に。お目当てはヴィラアフガンのカレーです!
ここのオーナー・シェフと鈴木智雄さんは数十年来の友人だそうで、僕は今回初めておじゃましました。
いや〜、ワインも生野菜もカレーも全て絶品でした。個人的にはここ数ヶ月の間に初めて行ったお店のベスト。開店時間前に入店したのですが、それでも人気店だけあって2順目にして席に着くことが出来ました。ここは是非また行ってみたいお店になりました。

その後はいよいよ本日の目的地である長野県伊那市にある分杭峠へ。
ここは数ヶ月前から行ってみたい場所のナンバーワンでした。今回のレコーディング中に、近日中に皆で行こうという話が持ち上がり、それが実現したのが今日でした。
この分杭峠は近年、ゼロ磁場として有名なところ。やはり実際に不思議な空間であることを体感出来ました。
詳細を書くほどの知識はありませんので、興味のある方は「分杭峠」をネットで検索すれば様々な情報を得ることが出来ます。

最後になりましたが鈴木智雄さん、車の運転から、食事のことまで大変お世話になりました。ご馳走様でした。そしてありがとうございました。お陰様で今日も帰ってこられました。

2009年05月05日

♪海が見たくて横浜まで出かけたら♪

昨日は学生時代に友人宅に行って以来、約30年ぶりに相鉄線の鶴ヶ峰で下車しました。
ズーラシアには動物を見に行ったはずなのに、ほとんどの動物はこちらに尻を向けていて、見えたのは人の頭ばかり。
その後、中華街、山下公園から赤レンガ倉庫までカメラを抱えてゆったりと散歩してきました。
神奈川県民ホールや赤レンガ倉庫に仕事で行くことはあっても、フォトジェニックなものがたくさんあるのに撮影する時間や余裕などある訳はありません。写真を趣味とする者としては残念な気持ちがいつもありました。

横浜港は今年開港150周年だそうですし、GWということもあって、どこへ行っても人・人・人。
ある程度のお金は持って行きましたので、横浜からは帰ってこられました。

2009年05月03日

恐怖感と緊張感

レコーディングの日々は恐怖感と緊張感と共にあります。これはこの仕事を始めた30年近く前も現在も変わることはありません。
スタジオの中でギャグに皆で笑い合うことはあっても、どこかに緊張感は漂っています。今回のCM騒動の元になった「私は犬になりたい¥490」の作業中も、皆で笑い合いながらも作る際は真剣そのもの。我々の「可笑しいことも真剣にやる」というモットーも昔も今も変わりません。

きっとどんな仕事でも同じでしょうが、僕の場合、自分のミス・ジャッジがあったとしても、それがそのままCDになってしまうという恐怖感、緊張感から常に免れることは出来ません。この「命綱無しに常に綱渡りの綱の上にいる感覚」が朝11時前から深夜まで続き、帰宅しても神経が高ぶっていて数時間は眠れず、例え眠っていても眠りは浅く、おそらく実質的な睡眠時間は3時間程度でしょう。これがレコーディング期間中はずっと続きます。主婦の皆さんを始め日々同じ思いをされている方は沢山いらっしゃると思いますが・・・。

「命綱無しに常に綱渡りの綱の上にいる感覚」から少し離れ、念願だった7時間の睡眠をやっと取ることが出来ました。「美しい朝」のレコーディングが終了した現在も3つのプロジェクトを抱えていて、このゴールデン・ウィーク中にやらなければならないことがあり、自分の充電期間・勉強期間として使いたいですし、少しは全くのプライベートの時も持ちたいと思います。

2009年05月01日

完成!

昨夜、さだまさしのニュー・アルバム“美しい朝”が完成しました。工場に送るマスターを作ったり、チェックしたりという作業は、今後マスタリング・エンジニアの鈴江さんにお願いするとして、「音作り」の部分はこれで全てが終了したことになります。

曲作りを含めると昨年8月10日過ぎにこのプロジェクトは始まりました(Septemberの皆さんに提供した「明日咲く花」を除く)。まずまさしが小さなスタジオにこもり、依頼された2曲を作り始めました。15日にアルバム“情継”のミックス・ダウンを終えた僕が合流。そして2曲が完成し、デモ録音が行われました。東海テレビ開局50周年記念スペシャルドラマ「長生き競争!」主題歌の“一期一会”と映画「ぼくとママの黄色い自転車」(2009年8月22日公開)主題歌の“抱きしめて”でした。この2曲のレコーディングは9月前半に行われました。
そして時が流れて、今年の2月19日に曲作りが再開され、4月30日まで怒濤の日々となりました。

アレンジャーの渡辺俊幸さん、倉田信雄さん、数多くの素晴らしいミュージシャンの皆さん、エンジニアの鈴木智雄さん、鈴江真智子さん、谷健太さん、西山潔さん、レコーディング機材を提供してくださったAccuphaseさん、Acoustic Reviveさんなど延べ数百人の力が合わさって、このアルバム「美しい朝」が誕生しました。関係者の皆さん、長い間ご協力ありがとうございました。