« 最近観たDVD 2 | メイン | 影響を受けたCD その104 »

最近観たDVD 3

カラヤン・メモリアル・コンサート2008/演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/指揮:小澤征爾
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2742601

昨年はヘルベルト・フォン・カラヤンの生誕100年でしたので、様々なイベントやCD、DVDのリリースが行われました。そのひとつが上記のDVDです。

ベルリン・フィルはこのコンサート・ツアーをやるにあたり、カラヤン・コンクールの優勝者であり、カラヤンの愛弟子でもある小澤征爾さんに白羽の矢を立てたそうです。
コンサートの前半では、カラヤンに見出され、今ではヴァイオリンの女王とも言われるアンネ=ゾフィー・ムターがソロを担当し、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲が演奏されていました。これも素晴らしかったとは思いますが、個人的には何と言ってもメイン・プログラムであり、カラヤン=ベルリン・フィルの十八番だったチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」に魅せられました。そして改めてベルリン・フィルの底力をも見せつけられました。
テンションが高く、集中力があり、自発的に皆が全身全霊で演奏したものだと思います。
コンサート・マスターは1977年に入団した後、1983年に第1コンサート・マスターに就任し、それ以来この世界一のオーケストラを25年の長きに渡ってまとめ上げ、今年3月に退団された安永徹さんでした。
こんな素晴らしい演奏が日本人の指揮者と日本人のコンサート・マスターによって行われたことにも感動を覚えました。
宝物がまたひとつ増えました。

コメント

八野さん、おはようございます。
ベルリン・フィルは素晴らしい演奏を聴かせてくれますが、日本人のコンサート・マスターがご活躍だったことは、なんだか誇らしく思えますね。

私の姉は上野の文化会館でのカラヤン指揮によるコンサートを聴きに行ったことがあります。今思えば、私も無理してでもついて行けばよかった、と思います。姉は今小学校で音楽を教える立場におりますので、とても良い人生の宝物を持って仕事している、と思います。私は当時、演奏のことももちろんでしたが、コンサートの感想を語る姉の話の中で、「ホールのロビーでお会いした八千草薫さんの美しさ」が印象に残っています。階段を下りてらした八千草さん、オーラのようなものを感じた、と姉は言っていました。「あっ!」と思って、思わず見つめてしまったそうですが、八千草さんはとても素敵な笑顔を姉にむけてくださったそうです。
演奏の内容に感動して書かれている八野さんのお話に、なんだか変なコメントでごめんなさい。カラヤン、ときくと、ついこのことを思い出してしまいます。

昨晩、森光子さんの特番で、昨年行われた大阪フェスティバルホールでの「放浪記」公演の舞台挨拶を聴きました。「カラヤンさんが愛したこのホールの舞台に立って・・・・・・・・楽屋に、グランドピアノを置かれた、ときいていたので、楽しみにしていたら、もうどけてあって、『なんや、空ヤン!』」とおっしゃって客席を沸かしてました。
88歳の素敵なしゃれでした。

音楽に関係ないカラヤンの話ばかり…失礼しました!

20日は録音作業とのこと、録音ブースは暑い場所となることでしょう。どうぞお身体大切に、ご活躍ください。
私は客席で堪能させていただきまーす!

私も聴きました。

演奏者には誠に申し訳ないのですが、何気にこのDVD見始めたのです。

しかし「悲愴」でファゴットがメロディーを吹き始めたとき一瞬で引き込まれてしまいました。

こうなると画は要りません。画面を消して聞き入りました。

音は命を吹き込まれ聴き手に迫ってきます。
音楽のニュアンスは絶妙で、演奏の燃焼温度が凄く高い!。
時間を忘れて聞き入ってしまいました。
最後の音が消え入って無音状態が永く続きます。大きく深呼吸して唸りました。
凄い演奏です、感動しました。

こんな演奏、是非会場で聴きたいですね。

八野さま
こんばんは。
ブログを拝見して少しゆとりができた様で良かったです。クラッシックは余り詳しっく(親父ギャグですいません)ないので残念ながらその件ではコメントできません。
ただ小澤征爾のエピソードがあります。5年ほど前の9月仕事の関係で長野松本へ行き、市内の蕎麦屋で昼食をご馳走になりました。高価な蕎麦を出されて興奮の余り味も判らず状態で食べていました。そんな時、周囲の客が何やら指を指しひそひそ話をしています。ふと見ると自分の直ぐ後ろであの小澤征爾が、例の髪型で一人で蕎麦を食べていたのです。吃驚しました。蕎麦がますます喉を通らなくなったのは勿論です。でもしっかり食べました。店の前の駐車場に派手な車が乗り付けてあった事に気づき、彼がこの店の常連客で恒例のサイトウ・キネン・フェスティバル松本に参加するために訪れていたと聞きました。本当に忘れられぬ思い出でした。さださんがもしそこに居たとしたらどうなっていたか想像もつきません。関係無いこと書いてすみません。20日からのMWコンサート映像化されるのでしょうか?八野さまそして皆様のご活躍勿論ご健康もお祈りしてます。

Kiyokoさん、おはようございます。
温かいコメントありがとうございました。

生でカラヤンをお聴きになったお姉様が羨ましいです。確かに八千草薫さんは素敵な方ですね。

MWコンサートはやっとリハーサルが終わり、レコーディングの準備もほぼ終了しました。

ともおさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

凄い演奏ですね!
現場で聴いたら涙・涙だったでしょうね。

まっちゃんさん、おはようございます。
温かいコメントありがとうございました。

それは素敵な思い出になりましたね。
小澤征爾さんの弟さんで、俳優をなさっている小澤幹雄さんとは何度か電話でお話をさせて頂いたことはありますが、小澤征爾さんとは残念ながら仕事をさせて頂いたことはありません。

MWコンサートは収録することは事実ですが、オン・エアーやDVD化などはまだお話し出来る段階ではありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)