« まさしんぐWORLD2009 | メイン | お気に入り その5 »

シベリウス

数年前にデモ版を使ってみて、その使いやすさに驚いたんです。しかしそれなりに高価なソフトですのでなかなか入手出来ませんでした。
その譜面作成ソフト“シベリウス”を昨年末にようやく入手したのですが、なかなか使う踏ん切りが付かず、時ばかりが過ぎて行きました。

さだまさしのアルバム“美しい朝”のレコーディングが全て終了した翌日から、このシベリウスを本格的に使い始め、タイアップ先にお渡しするメロ譜(いのちの理由)を作成し、先週はレコーディングのための譜面を書いていました。

そして今週、堀沢真己さんというチェリストをソリストに迎えて、“いのちの理由”のインストゥルメンタル・ヴァージョンのレコーディングをしました。堀沢さんは篠崎正嗣ストリングスのメンバーでもありますので、もう数えられない位ご一緒していますが、こうして単独でお願いするのは初めてでした。
結果は大成功! この演奏をさだまさしファンの方々にお聴き頂く機会はあまりないかもしれませんが・・・。

一昨日はこのインストゥルメンタルを含む「いのちの理由」3ヴァージョン(歌入り、インストゥルメンタル、カラオケ)をマスタリング。気になっていたことをマスタリング・エンジニアの鈴江さんにカバーして頂き、その出来上がりに満足しています。

コメント

八野さん、こんばんは

堀沢さんのチェロ、ぜひおききしたいです!
さださんの曲はチェロの音色がよく似合うと思います。

今日のニュースページでさださんのこの歌について書かれたものを見つけました。
以下は yahoo ニュースからの引用です。

知恩院御影堂で行われた奉納法要では、さださんから手渡されたCDを、里見法雄・宗務総長(53)が本尊に供えた。
 その後の記者会見で、さださんは「何で生まれてきたのかという疑問について、法然上人の言葉や考えを基に自分で分解していったら、こういうところに行き当たった」と曲について語り、里見宗務総長は「『共に生きる』という法然上人のメッセージに見事に応えてもらった」と謝意を述べた。 


先日のまさしんぐWORLDで最後に「いのちの理由」を歌ってくださったのをきいて、とてもよい歌だと思いました。アルバムを手にするのがとても楽しみです。

Kiyokoさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

先日、本尊に供えたものとは異なりますが、今週レコーディングしていた3曲入りのCDは市販のものではなく、このプロジェクトのための特別仕様CDです。

アルバムをどうぞお楽しみに!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)