« もういくつ寝ると・・・ | メイン | 影響を受けたCD その106 »

影響を受けたCD その105

ポール・サイモン/ハーツ・アンド・ボーンズ
http://www.amazon.co.jp/Hearts-Bones-Paul-Simon/dp/B0002847XG/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1246363750&sr=1-1

商業的にあまり成功しなかったためか、どちらかと言えばポール自身は失敗作だと思っている節はあるのですが、個人的には実にポール・サイモンらしいかなり優れたアルバムだと思っています。
あの名アルバム「時の流れに」や「ワン・トリック・ポニー」は、ポールとフィル・ラモーンの共同プロデュースのためか、普遍的ではあってもややドライなサウンドでした。
このアルバムのプロデューサーはポールの他に、エンジニアでもあるロイ・ハリー、そして、あのレニー・ワロンカー(※1)とラス・タイトルマン(※2)です。そのためもあるのか、かなり奥行きのあるサウンドで、全体がウェットに出来ています。それがいくつかの曲調と凄くマッチしていて、美しくて、切なくて、実に感動的な作品だと思います。

後に「ネゴシエーションとラヴ・ソング」というベスト・アルバム(アルバム「グレイスランド」よりも前の作品からのセレクション)をリリースしますが、そのタイトルはこの「ハーツ・アンド・ボーンズ」に収録されている切なくなるような名曲「遙かなる汽笛に」の一節です。曲の印象的な1フレーズをベスト・アルバムのタイトルにしてしまうようなところが、いかにもポール・サイモンらしいと思います。

僕は自分が関わるどのアルバムのレコーディング、ミックスをする際にも、このアルバムのことを考え、参考にしているところがあります。
このアルバム「ハーツ・アンド・ボーンズ」の特徴は、新しさもさることながら、あの「バーバンク・サウンド」を彷彿させるノスタルジックで幻想的なサウンドと彼らしいウェットな歌詞を持った作品であると言えるでしょう。

※1 アメリカのメジャー・レコード会社、ワーナー・ブラザーズの当時の顔とでもいうべき大物プロデューサー。音楽とビジネス両方の才能を持った人物で、後にワーナーの社長になりました。彼がプロデュースしたのは、ヴァン・ダイク・パークス、ランディ・ニューマン、ライ・クーダー、エヴァリー・ブラザーズなど。「バーバンク・サウンド」の創始者。
※2 レニー・ワロンカー配下でリトル・フィート、リッキー・リー・ジョーンズ、ジェイムス・テイラー、ジョージ・ハリスンなどのプロデューサーとして活躍。

コメント

おはようございます。

さすが!八野さんのCDの楽しみ方は、音はもちろんのことですが、アルバムのプロデューサーにもしっかり目が届くところにあるのですね。裏方のスタッフの皆さんのご苦労が良くおわかりの八野さんならでは、だと思います。
深いですね。
私はこのアルバムは存じ上げませんでした。
私が持っているポール・サイモンのアルバムは"GRACELAND"ですが、八野さんにならってENGINEERの所をみると、ROY HALEEとありました。
もう一度気持ちを初心に戻して聞き直してみます。

ところで…八野さんに質問があります。先日発売されたさださんの「美しい朝」を姉に見せたときのこと。ライナーノートを取り出すとき、「うまくとれないから、とって。」と姉に言われました。買ったばかりの私の大切なアルバムなので、ヘタにとって折り目を付けてはいけない、という配慮からでした。私も良く感じるのですが、CDケースから取り出すときに、大事なライナーノートを傷つけずに出すのに苦労するのです。小さなつまみを付けるなどの工夫は無理なことでしょうか。
玲子さんのインストアライブで"Old Friends"を買い求め、サインをいただくための列にいたとき、後ろの年配のご夫婦が、「すみません、これはどうやって開ければいいですか」と聞いてきました。開けて差し上げると、とてもご丁寧にお礼を言われましたが、CDケースを開けるのは、なれていない人には難しいことなのかな、と思いました。何か使いやすい工夫を制作の段階でしていただけると嬉しいのですが。よろしくご検討ください。

Kiyokoさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

Roy HaleeはS&Gの時代から一緒にやっているエンジニアです。
ポール・サイモンのウェットな部分がお好きであるなら、「Hearts and Bones」はオススメです。

さて、CDケースの件です。
透明なセロファンを剝くための工夫がなされているのは国内盤だけかもしれません。外国のミュージシャンが来日して、日本盤のCDを手に取って一番驚くのがこの部分と解説文の存在だと聞いたことがあります。僕が個人的に購入するCDの大半は輸入盤なのですが、輸入盤はパッケージが開けにくいこと甚だしいと思います。そのためのセロファンを切るためのグッズが開発されています。これは専用カッターのようなもので、安全度は結構高いのではないでしょうか。「CDオープナー」という名前でネットで検索すると出てくると思います。¥100ショップでも売っているそうです。

僕は最近のまさしのCDを入手したらまずやるのは、プラスチック・ケースを分解して、バックインレイを上下逆に入れ替えます。そしてブックレットを取り出して、これも上下逆に入れ替えています。こうすることで通常のCDと同じように左開きのCDとして使えるようになります。
おっしゃるように通常の左開きのCDのブックレットが取り出しづらいと思っているのは僕も同様です(右開きのCDはもっと開けにくいと個人的には思っています)。
色々な方法があると思いますが、CD盤を取り出す(つまりCDケースを開ける)時に僕がやっていることは、左手の親指を下、中指を上にしてCDケースの右端から2cm位のところをつかんで(上下に挟むように少し力を入れています)、人差し指で開けるようにしています。
また、ブックレットを取り出す時は、CDケースのふたに相当する手前の部分を左手を使って1〜2cm外側に向けて湾曲させて(これも上下に挟むように)やっています。それでも無理な場合は、ケースを開けた状態で、ふたの部分を本のページをめくるように(?)裏側(本来の表側)に向けて少し湾曲させて取り出しています。
これらのことはあまり無理に力を加えなければ、CDケースを壊すことは多分ないと思いますので実行しています。

ただ、決してブックレットが取り出しやすいとは思っていませんので、レコード業界全体で考える問題だと思います。

八野さん、お忙しい中、早速のお返事ありがとうございます。

「Hearts and Bones」ぜひ聞いてみようと思います。私にとっては、S&Gの歌は英語に興味を持ち始めた頃だったので、とても魅力を感じ、「自分でも歌ってみたい!」と真剣に思ったものでした。「ポール・サイモン」と聞くと、さださんのトークにもたくさん登場したことが思い出され、またまた身近に感じてしまうのです。

CDのケースや、ブックレットについて、ご丁寧にありがとうございました。色々な工夫の仕方を教えてくださってありがとうございます。私もやってみます。

少しでもブックレットが取り出しやすいように工夫されると本当にありがたいです。日本の誇るべき物だと思っていますから…。さださんのアルバムは特にこの中に書かれていることと出会うのも楽しみなのです。そして、傷つけたくない、という気持ちがとても強いのです。素晴らしい作品ですからね。
どうぞよろしくお願いいたします。

Kiyokoさん、コメントありがとうございました。

僕にとってS&Gは英語の先生でした(です)。
小学生の頃から知っていた「サウンド・オブ・サイレンス」の歌詞の意味を知りたくなり、英和辞典を片手に中学2年の夏休みに和訳に挑戦したり、CCRの「雨を見たかい(Have You Ever Seen The Rain)」がヒットした直後に英語の授業で現在完了形を習いましたが、洋楽のファンの数人は既に知っていて優越感に浸っていたのではないでしょうか(この「雨を見たかい」の歌詞の本当の意味も興味深いものがあります)。

ブックレットの件は是非お試しください。
何か画期的な方法を見つけたいですね。

八野さま
こんばんは。
ここも書き込みました。
このアルバムはS&Gの不仲の影響でソロアルバムに落ち着き再結成の期待感を外され当時がっかりした記憶があります。ポールの当時の心的状況を強く反映しているのでしょうか?音的にはアコースティック仕上がりで前作より好きです。
余談ですが、さださんの「建具屋カトーの決心―儂がジジイになった頃」は
Hearts and Bones
Rune and Georgette Magritte with Their Dog After the War
の2曲をヒントにしているのではと思うくらいメロディーや歌い方が似ている箇所がある気がしています。

まっちゃんさん、コメントありがとうございました。

Simon&GarfunkelのDVD「Old Friends - Live On Stage」の次に、何故アルバム「Hearts and Bones」のことを書いた(載せた)のかは、きっとまっちゃんさんならお気づきですよね。

ふたりの不仲のために万が一来日公演が中止になんかなったら・・・、悲しすぎます。
そんな不吉なことを一時でも考えたから、「Hearts and Bones」のことをブログに載せてしまったのでした。

「建具屋カトーの決心―儂がジジイになった頃」に関してですが、作る際に特にポール・サイモンの何かの曲を下敷きにして、ということはなかったですが、人は知らず知らずのうちに好きな人(音楽)に影響されますからね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)