« 最近観たDVD 4 | メイン | 影響を受けたCD その105 »

もういくつ寝ると・・・

昨日、久しぶりにSimon&GarfunkelのDVD「Old Friends - Live On Stage」を観ました。

http://www.amazon.co.jp/Old-Friends-Live-Stage-Deluxe/dp/B000679N8W/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=music&qid=1246198038&sr=1-5

これは2003年の年末に行われた彼らのコンサートを収録したものです。還暦を過ぎた彼らの元気な姿を見ることが出来、改めて彼らの素晴らしい音楽を聴くことが出来て最高のひとときを味わいました。

1981年に彼らはニューヨークのセントラル・パークで一夜限りの復活野外コンサートを開き50万人もの観客を集めたことがありました。一カ所に50万人もの人がいる光景というものをその時初めて映像で見て驚きましたが、1991年にポール・サイモンが単独でやった時には同じ場所に75万人の動員なのですから、驚きを通り越して呆れるばかりでした。

昨日観たDVDはニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでのコンサートがメインのようで、歌詞の中にニューヨークに関するものが出てくる時には、客席はかつてのセントラル・パークでの野外コンサートに劣らないほどの凄まじい盛り上がりでした。一緒に口ずさんだり、踊ったりしている観客の嬉しそうな顔が忘れられません。

このDVDを観ることは予習でもありました。勿論、全ての曲は空で歌えるほど知ってはいるのですが・・・。きっと僕もにやけるんだろうなぁ。

コメント

もう10回寝ると、東京ドーム~♪
はい!私も、夫と一緒に行くんで~す!
お互い、思いっきり”にやけて”、青春に戻りましょうね!

それにしても、全ての歌を空で歌えるほどって・・・一体、八野さん、どんだけ~!

八野さん、おはようございます。

もういくつ寝ると…うふふ~…と私もにやけそうです。

でも、先日、夫が「開演は何時だったっけ?」と言いましたので、チケットを確認しようと思ったら、あると思っているところにな~い!!チケットがなければ、買った事実があったところで、入れないじゃないか~!とあせりました。結局は夫が座席の確認をするために一度PCのそばに持ってきた後、私の記憶と少しずれた場所に戻していたための「行方不明」でした。ホッとしましたが、一瞬私は自分の記憶がここまで怪しくなったのか、とヒヤリとしたのでありました。

余計に当日への思いがふくらんでいる私たちであります。

凛さん、Kiyokoさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

お二人ともご主人と行かれるのですね!
ホントに楽しみですよね!
願わくば何もトラブルがないことを祈ります。

中学の同級生とふたりで高校、大学時代にS&Gのコピー・バンドをやっていました。その関係でS&Gの有名な曲はほとんどステージでやったことがあるんです。でも最近は結構忘れっぽいので・・・。

八野さま
こんばんは
凄くお買い得のこのセットを発売時にためらわずに買いました。1週間ばかりの間に観てました。OPENING映像(1969 SONGS OF AMERICA)や60年代のツアー映像など初めてのも多く価値がありました。映像が鮮明で音も良く録れていて大変臨場感があります。トークが殆んど無く曲だけでこれだけ聴かせる彼等には脱帽です。圧巻はAmerican Tune~BoxerでBridge Over Troubled Waterでボーカルが順に入替わり、ポールの歌い方がアートを遥かに上回っていたのには驚きました。C.PARKコンサート時のような不仲より本当の意味で仲の良い二人のコンサートを期待したいです。
追記
CSCH銀河のアンディウィリアムズショー#18でS&Gがゲスト。
Mrs.Robinson
Old Friends
Bookends
Scarborough Fair
の4曲が放送され若々しい二人を観ることが出来ました。

まっちゃんさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

世間的にはアートがヴォーカリストで、ポールがソングライターというイメージだと思いますが、実際にはポールもなかなか優れたヴォーカリストだと思います。
ポールの穏やかな声は魅力的ですし、そして何と言っても彼のファルセットは美しいですね。アート、ジェームス・テイラーと一緒にやった「(What A) Wonderful World」でのポールのファルセットは絶品だと思います。

輸入盤ですから日本語の字幕はありませんが、本当にお買い得ですね。
発売時に2セット購入して、1セットはまさしに渡しました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)