« ドリーム・ナイト | メイン | 第2週目 »

さすがアコリヴァ・クォリティ!

久しぶりのオーディオ・ネタです。
日頃レコーディングの機材関係でお世話になっているアコースティック・リヴァイヴの石黒さんが、先日、新製品の“エアーフローティングボード RAF-48”を送ってくださいました。
これはCDプレーヤーやアンプなどの下に敷くための板なのですが、二重構造になっていて自転車のチューブのようなものを使って上板を浮かせるようになっています。

このようなオーディオ・アクセサリーを使うと音が変化するのは当たり前ですが、普通は長所も短所もあるものです。ところがこのRAF-48をそれまで使っていたボードと交換してプレーヤーの下に敷いてみたところ、全ての部分が劇的に良くなります。
低音は大地から沸き上がってくるように太く、存在感を増すので、音楽がより安定して豊かに聞こえるようになります。
サウンド全体の透明度が上がって、解像度が高くなります。例えば、オーケストラの2ndヴァイオリンとかヴィオラなど、どちらかと言えば普通は聞こえづらい楽器の音までクリアに、しかも決してきつくはなく聞こえるようになり、倍音まで正確に再生されます。
音場が拡がり、音の上下感、奥行き感が増します。つまり音がより立体的になるために、オーディオ・システムを使って家で音楽を聴いているというより、目の前にスタジオやコンサートホールが現れるように感じます。

これは凄すぎです。さすがのアコリヴァ・クォリティです!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)