« 美しい朝 3 | メイン | 別れの風景 »

美しい朝 4

「LIFE」
まさしと僕の好きな音楽にはなかり共通点があります。その最たるものは今年(2009年)7月に来日コンサートをやった「Simon & Garfunkel」ですが、1970年代に活躍した「Bread」もそのひとつです。
この「LIFE」はまさにその「Bread」のイメージで作りました。切なく美しいメロディ、凝ったコード進行、美しいギター・サウンド、印象的でなおかつ美しいグロッケンとストリングス。僕らにとってこれらはみな「Bread」のイメージと重なります。
グロッケンの代わりにレコーディングではチェレスタを使いましたが、イメージ通りの作品に仕上げることが出来ました。
歌詞の内容からしても、曲調やサウンドからしても、長く歌い続けることが出来る曲のひとつになったと思います。

「いのちの理由」
浄土宗 宗祖法然上人800年大遠忌にあたり委嘱された楽曲。法然上人の教えを解りやすく表現して欲しいとの依頼でした。
まさにそういったものを表現するのに、まさしは適任だと思います。
普遍的なテーマを普遍的なサウンドに乗せて歌ったものですから、この“いのちの理由”も生涯歌い続けることが出来ます。
色々な方が色々な場面で歌う可能性があることを前提にしたため、あまりレンジの広くないメロディ、歌いやすいメロディにすることを心がけて作ったようです。
アルバムのラストを飾るこの感動的な作品をじっくり味わってください。
尚、この「浄土宗 宗祖法然上人800年大遠忌」のプロジェクト・チームから依頼されて、チェロによるインストゥルメンタルのヴァージョンを後日レコーディングしました。

今回も実に多くの方々に支えられ、協力して頂き、このアルバムは完成しました。
おそらく実際にレコーディング現場に登場した方は延べ数百人にのぼると思います。そしてその人たちを遙かに上回る方々に出来上がったCDをお聴き戴いているわけです。僕らの仕事はそういった数多くの方々に支えられています。
ありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。

コメント

「LIFE」
なるほど・・・「Bread」 の sound ね・・・柔らかく、優しく、
いつまでも聴いて浸っていたい穏やかな世界・・・
「Bread」、あの頃ラジオで聴いていた曲が重なります・・・

そして、ここからつながっていく最後の曲、
「いのちの理由」
編曲から「LIFE」と一体となっている感があり、この繋がりの妙!
”Oh,my life・・・”バックにも流れて、心に更に響いてくるのです。
まさしさんの真骨頂、とでも言えるシンプルにして奥深い世界・・・

これからもずっと人生ご一緒させていただきたいと願わずにいられません。

八野さん、本当にありがとうございます。
月並みな言葉ではありますが、
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

八野さん、おはようございます。

LIFEについて
私が今回のアルバムの中で一番好きなこの曲のコメントを拝読して、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。八野さんに以前BREADのお話をこのページで伺って改めて聞き直し、しみこんでいたのが私がこの曲に惹かれた理由の一つだったのかな?と思いました。
さださんがよく「20年後にも照れずに歌える歌」というようなことを若い頃からおっしゃっていましたが、多くの曲が何十年後でも歌える(多分、歌い手とともに進化する?)というのは本当に素晴らしいと思います。

ところで、余談ですが、先日我が家の菩提寺で同信の集い特別企画があり、白鳥英美子さん、マイカさん母娘がいらしてくださって、ミニコンサートが開かれました。本堂で特別仕立てのステージでした。阿弥陀様をバックに冷房のない中でのコンサートでしたが、とても素敵でした。その時、お二人で一緒に歌われたScarborough Fairは素晴らしかったですよ。S&Gのサウンドを愛している人がたくさんいるんだな、と感じた一瞬でした。母娘の声は似ているので、澄んだ歌声でのデュエットはとても良い時間のプレゼントでした。

もし、さださんや玲子さんがこのスペースで200人くらいの人を前に歌うとしたら、何を歌うかな~とも考えました。「LIFE」も、「いのちの理由」もぴったりですね。
他にもた~くさん、候補曲がありますから、自分の中でコンサートの曲目を考えるのも、空想の楽しみです。

素晴らしいコメントをありがとうございました。アルバムの楽しみもより深くなりました。

八野さま、鈴木さんの掲示板でいつも拝見しておりましたが、ここには初めて書
き込みをさせ頂きます。どうぞよろしくお願い致しますm( )m
Breadの話題が出ておりまして、Bread/David Gatesを信奉しております私として
はいても立ってもおたれず、書き込みをさせて頂きたく出てきてしまいました
(汗)。

私のDavid Gatesへの思いは、多分さださんのPaul Simonに対する思いに近いの
ではないかと勝手に思っております(すみません)。またさださんの「桃花源」
などを聞く度に、さださんもBreadがお好きなのかな・・・?と思っておりまし
たが、これで確信を得ることができました。

そんなBreadも先般Larry Knechtelが亡くなってしまいましたね。これで
「Guitarman」の当時のメンバーはDavidだけになってしまいました・・。本当に
残念です。またLarryはS&Gゆかりの方でもあり、そういう意味でも重ねて残念で
す。

Davidと言えばBread時代は他のメンバーとの兼ね合いで(変化をつけるために)
ギターで作曲をしてきたらしいですが、ラストアルバムではピアノで作曲してい
ましたね(「愛のかけら」など)。当時このアルバムにはDavidの別のメロディ
ラインを感じて新鮮な気持ちになったの覚えております(^^)

Davidも90年代に(亡き)ジャック・ホルツマンのレーベルで一度復活し、その
後02年にクライヴ・デイビスのJIVEから新曲を数曲含むアルバムを出しましたね。
とても穏やかで心温まる佳曲ばかりで私は感動致しました。またWarner時代のソ
ロアルバムは2年ほど前にやっとCD復刻され、後はArista時代の1枚のみ。これ
もCD化されればといつも願っている私です。

私は「Aubrey」という曲が大好きなのですが、これは確かヘプバーンの映画を見
終わった後にインスパアされて作った曲だったみたいですね。今Davidは今はロ
ス郊外で牧場経営し、スタジオを持っているとか。お子さん達は弁護士とかで活
躍されていると何かで読みました。

以上、とても脈絡ない書き込みですみません(汗)。

ps
Musicianの方々の訃報に接する度に、素敵な音楽を届けて頂いた業績やまたその
ご恩を決して忘れてはならないと感じます。またその方々は音楽を通じて一生多
くの人の心の中で永遠に生き続けるのだと信じます。Life。

八野さん、こんばんは!
「LIFE」の歌詞・生き方に憧れます。そんな風に生きられたらって…。地球や大自然から見たら一人の人間が生きてる時間なんてほんとわずか。ふらりと現れまたふらりと消えていくものの一つに過ぎないとは思うのですが、こんな風な穏やかな気持ちで生きられたらって本当に思います。(私には無理?)そしてやはり穏やかで優しい素敵なメロディー。「Bread」のイメージなのですね。楽器何も演奏できない私はコード進行なんて考えてませんでしたけど、本当に常に動いてるって感じですね。でも、分散和音で弾かれてみえるギターの音色も本当に素敵。そして美しいストリングスとチェレスタ(チェレスタの本物は見た事ないのですが)。本当に素敵な歌だと思います。
「いのちの理由」これもとても素敵な詩ですよね。そして美しいサウンド。ストリングスだけでなく管楽器も入ってさらに贅沢で深みがあって…。うちは残念ながら真宗の方なので(家も勤務先も)残念ながら耳にする事はないのですが、この歌の合唱も聞いてみたいなんて思っちゃいます。浄土宗の集まりの場ではきっと歌われるのでしょうね。新しい歌として。

本当にたくさんの方々が愛情を持って作り上げて頂けたこのアルバム。ありがとうございます。大変なご作業もありがとうございました。
八野さん、今回もいろいろ一つ一つの曲についてお教え頂いてありがとうございました。

凛さん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

このアルバムの存在が少しでもお聴きくださる方の幸せにつながったら素敵なことだと思います。

こちらこそ、ありがとうございます。

Kiyokoさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

随分昔の一時期、白鳥座のFMラジオ番組のディレクターをやっていたことがあります。
白鳥英美子さんをゲストにお迎えした時、「トワ・エ・モワ」のことを番組中に話題にすることは出来ませんでした。その頃は「トワ・エ・モワ」の香りを消したかったのでしょうね。
彼女の声は相変わらず伸びやかで、美しくて素敵だと思います。

確かにおふたりの「スカボロ・フェア」は素晴らしいでしょうね。

某ファンサイト管理人 さん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

Bread/David Gatesに関しては、僕はまさしほど詳しいことは知りませんが、共通して好きな曲は「If」と「Aubrey」なんです。

Larry Knechtel氏のご逝去、残念です。
その直前にこちらの関係者の方々が相次いで亡くなられたので、このブログではあえて彼のことは書きませんでした(このブログは訃報掲示板ではありませんので)。
個人的には彼の弾く「明日に架ける橋」は、これまでS&G、Paul Simonのバックで弾いた他のどなたのテイクよりも気に入っています。

おめめさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

「Bread」のイメージで曲やサウンドを作ることは結構あります。

どういたしまして。こちらこそ、ありがとうございます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)