« “Acoustic Revive”という名の奇跡 | メイン | 影響を受けたCD その112 »

反省するこの頃

世の中はマス(大衆)の力によって動いている。
技術がある程度成熟してくると、多くの製品は、その存在をかけた本質が優れているかではなく、「ユーザーにとっての利便性」、「ユーザーの一時的な好み」あるいは「広告展開」で評価されているように思えてならない。それは正しいことでもあるので、それに対して批判のみをしたい訳ではない。例えばユーザーの求める「利便性」を満たすべく企業側は努力するので、それによって技術は進歩するのだろう。
極論を言えば、売れたものが善であり、売れないものは悪だ。
ある知人の芸能ジャーナリストは「いいCDとは売れたCDのことだよ」と結果論を言う。
確かにそれは当然のこと。売れない人のCDはやがて作れなくなるのだ(勿論、僕や僕の仲間たちが関わっているCDだけが優れているなどとはこれっぽっちも思ってないし、近年ヒットした曲の中にも個人的にも評価するものはたくさんある)。

では、工業製品としてのレコード(CD)はどうだろう。
SPからLPになった時に、人々は数分でレコードの盤面をひっくり返さなければならない「不便さ」から解放された。そしてLPからCDになった時にも、およそ30分で盤面をひっくり返さなければならない「不便さ」から解放された。定期的なレコード針の掃除も針交換も必要が無くなった。しかもCDはLPに比べれば省スペースで保存が出来るし、基本的には何度聴いても音質は劣化しない。
そして様々な面倒くささが無くなった分、盤自体の扱いもお手軽になったので、「何かをしながら」でも、そう、例えばコンサートでは不可能な「食事をしながら」でも、「お酒を飲みながら」でも、「会話をしながら」でも音楽を楽しめるようになった。少ない自由時間の中で、誰だって日頃の疲れを癒したいし、ストレスを発散させる目的で音楽を聞くことは多いはずだ。
ただ「利便性」が優先されすぎると、どうもそのものが持っている本質的な「価値」が下がるように思えてならないのは僕だけだろうか。現代のような便利な世の中になっても、ユーザー側の「努力」も時としては必要なのではないだろうか。もし「簡単に理解出来る」うわべだけの心地良い言葉、魂のこもってないメロディばかりがもてはやされ、人の世の楽しいばかりでないシリアスな面や、より深い表現を追求する精神が無くなったとしたら、進歩が無くなり、やがて音楽から感動は失せてしまうかもしれない。

オーディオ・マニアのための雑誌に「Stereo Sound」というのがある。
毎号、レコーディング・エンジニアの大御所にしてオーディオ評論家の重鎮でもある菅野沖彦氏のエッセイが掲載されていて、実はそれを読むのを楽しみにしている。
前号で菅野氏は「一期一会」というタイトルで、「我々はCDを聴くのに一期一会の気持ち(覚悟)を持って聴いているのか」という趣旨の問題提起をされていた。
これを拝読して衝撃を受けた。
「自分はどうなのか? 例えば雑誌を読みながらただ漫然と聞いて、その音楽やCDを解ったようなつもりになってないか? あるいは漫然と聞いただけで切り捨ててしまってないか?」

コンサートに行く際には、何日も前から体調を整え、わざわざ時間をかけてコンサート会場まで行き、本番が始まったら集中して音楽を聴くようにしている方は多いであろう。しかも普通の家庭とは異なる圧倒的な大音量の中で、だ。そしてほとんどの場合、その結果として「深い感動」を得ることが出来るだろう。

ではCDではどうなのだろう?
ここで、菅野氏のエッセイを振り返ってみる。
コンサートと同様に「一期一会の気持ち(覚悟)」を持ってCDを聴いているだろうか?
小音量で雑誌や新聞などを読みながら漫然と音楽を聞いてないだろうか?
たった一度しかそのCDを聴くことが出来ないと思って、きっちり音楽と対峙して聴いたら、コンサートに勝る感動を得ることも十二分にあるのではないか?
もし、「ながら」で聞くとしたら、何よりその音楽やCDに対して失礼ではないか?
そんなこんなで深く反省するこの頃。

コメント

「一期一会」の覚悟・・・
今回の八野さんのお話し、心にずーん、とても重く受け止めさせていただきました。

常にご自身のなさっていらっしゃることに、謙虚に真摯に向き合う八野さんからして、
深く反省なさるとおっしゃる・・・私など、どうしたらいいのか、恥ずかしくてたまりません。

でも、趣旨は分かります、便利になったあまりに失ってしまったもの、あまりに多過ぎます。
時間も労力も考えも、何かひとつ行動を起こすのにかかったエネルギーの分だけ、
想いもそこに籠められるということは事実であると思います。
現代社会は、手間も時間もかからない分、想いも軽いし熱意も薄く、
次々と新しいものに乗り換えるのに、ためらいは感じにくいかも知れません。
物を大切に扱う気持ちも薄れていく、残念ながら、それも仕方のないことのように思えます。

私は中学二年生の時、サウンド・オブ・ミュージックの映画を観て感動して、
レコードを持っている友人宅まで、録音させてもらいに行きました。
重いテープレコーダーを頑張って運んでいき、ステレオの前にマイクを置いて、
歌詞カードを全部手書きで書き写しました。
録音している間中、どうか何事も起こりませんように、祈るようなあの時の気持ちこそ、
「一期一会」、であったと思い出します。
わたしの願いはどう考えても無理なもので、実際テープには、御用聞きさんの声も、
友人のお母さんの電話の応対の声も入ってしまっていたけれど・・・
でも、今思い出しても、あんな宝物、なかった。
ステレオが贅沢品で、コピー機など考えられもしなかった時代、
でも、あの頃の思い出は全部、労力の分だけ愛おしく蘇ってきます。

知恵と工夫と頑張りで望みをかなえた時の嬉しさ、充実感、幸せ感、
それは、人間として生まれた中で味わう事のできる、大きな喜びでありましょう。
そういったものを味わう事のできた時代に生きていられた私たちの世代はまだ幸運でした。

あまりに何でも便利な今の世において、若い人たちには、
あそこまでの感動や喜びにあたるもの、今、何かあるでしょうか・・・?
それを考える時・・・
便利さとは、やはり罪作りなものかも知れません。
私たちは、今後、次世代に、一体、何をしていけばいいのでしょう・・・

凛さん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

やはり手間暇掛けて、こだわってやったことは、その人にとって特に尊いものになりますね。
客観的な評価は別としても、そのようなものは疵さえも愛おしいものだと思います。

やはりインスタントのものを認めながらも、本物を見極める目を育てることが必要なのでしょうね。

八野さん、こんにちは。
私もこの頃、一見無駄に思えることが、実は大切なんじゃないかと思うことが多くなりました。
能率や成果を求めるだけじゃなく、こんなことしてなんになる?ということも、実は人には重要な事なんじゃないかと。
時間を惜しまず、労を惜しまず、いわゆるスローライフが見直されてきた(最近は、一時程ではないですが)のは、それに気付く人が増えたからでしょう。とは言え、もう私達の生活自体が、それを許さない速さ、忙しさに乗ってしまっていて、そこから降りるのは余程の覚悟が要る時代です。
こんな風に書き込みをする事も、音楽をじっくり聴くこをも、ギターを練習することも、大金をかけて旅行をすることも、きっと心の為には良い事なのに、時間や仕事に追い立てられて、何か後ろめたいような、心から楽しめない自分がいます。
そこから解放されるのは、リタイアしてからかな、と思ったり。いつまで生きていられるかなんてわからないのに。
もっと切り替えが上手にできれば、もっと今を楽しめるのだろう、覚悟をきめて、CDだけを聞き込める時間が持てるのでしょうね。
それでも皆さんが命を削って世に送り出している作品を、ながらでしか聴けていなくても、伝わるところは伝わっています。上っ面でない真面目な音楽がもっと皆に聴いてもらえたらいいのにと、いつも思っています。「売れているもの」が「良いもの」とは思いません。
??何を言いたいのか自分でもわからなくなってしましましたが、皆さんの真摯なお仕事は必ず伝わっている、
だからいつも応援しています!

アーニーズダックさん、おはようございます。
温かいコメントありがとうございました。

何もフリーフライトのCDだけが売れればいい、などと思っているのではありません(勿論、売れてくれなければ困りますが・・・)。
残念なことにここ数年CDショップが加速度的に減っています。その関係者のことを考えると胸が痛みます。

企業論理からすれば大きな利益を生まないものから切って行くのが当然です。正しいことです。「無駄」を省くのは当然として、あまりにも効率が優先され過ぎると「ゆとり」や「心ののりしろ」さえも失うように思えてなりません。
ヒットチャートを賑わしているような人のCD以外は作れなくなる時代は近いかもしれません。
自分の愛するものは自分で守るしかありません。

そういう観点からも、上の本文を書いたのは「先ず隗より始めよ」の気持ちもあったんです。

八野さん、こんにちわ。
私は、アコースティックギターで大好きな曲を耳コピ&採譜したり、ソロで弾けるようにアレンジしたりを趣味として楽しんでいます。さだまさしさんの曲は、いままで「向い風」「孤独(ソリティア)」とアレンジして弾いてます。
サラリーマンであり、親であると、なかなかそのためだけに時間を取って、面と向かうということはできない。けれども、CDなら何かしながら、リピートプレイで何度も聴くことが出来る。昨晩はいまソロギターアレンジ取りかかろうと思ってる坂本龍一「Yamazaki2002」を、茶碗を洗いながらリピートで聞き込んでいました。
ですので私にとっては「これは」と思った音楽に、自分の生きる環境の中でしっかり向かい合うためにも、CDは大変大変有り難いです。

さかたさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

これからもご自分の環境の中で素敵な音楽と向かい合えるといいですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)