« 憧れの楽器 5. 「Fender Rhodes Piano」 | メイン | 憧れの楽器 7. 大ベスト・セラー「DX7」 »

憧れの楽器 6. 「Prophet-5」

“Prophet-5”とはシーケンシャル・サーキット社が作った、1970年代末から1980年代に大活躍したシンセサイザー。
自分で音を作って、それを40種類(後期は120種類)メモリー出来るシンセサイザーで、同時発音数が5つであるため、名前に「5」が付きました。
この「Prophet-5」は可搬性も良く、音質も良く、しかも「作った音色」を記憶出来ることから、爆発的に世のミュージシャンたちに支持されましたが、それでも大ベストセラーとはならなかったのは、その価格のためだったと思います(当時の日本円で170〜180万円)。ちなみに僕の大好きなウェザー・リポートのリーダーだった故・ジョー・ザヴィヌルが弾くProphet-5によるストリングスは幻想的かつ素晴らしいサウンドで、レコードやコンサートでうっとりしながら聴き入ったものでした。

1980年代に入った頃、たまたま中学の同級生と帰りの電車が一緒になりました(中学時代はその人も僕もバレー部でした)。お互いの情報交換をしていたら、何とその人は「Korg(コルグ)」に勤務しているとのことでした。
僕がシンセサイザーに興味があることを知って、「どんな楽器を作ったらいいと思う?」と聞いてきました。僕は即座に「オシレーターがふたつあって、自分で自由に音を作ることが出来、同時発音数は6つ以上、メモリー数は30以上」などと、好き勝手なことを言いました。その1年後、コルグから「Poly-6」という画期的なシンセサイザーが発売されました。勿論、僕が言ったからではなく、時代のトレンドを読んで開発を進めていたからでしょう。そして後にその後継機種「Poly-61」をアレンジャーの渡辺俊幸さんと僕は購入することになります。

「Prophet-5」を作ったシーケンシャル・サーキット社は数年後に廉価版の「Prophet-600」を作り、渡辺俊幸さんと僕は更にその「Prophet-600」を購入するに至りました。Prophetの輸入代理店のモリダイラ楽器さんに行っていた時、まさしから電話が入りました(当時、モリダイラ楽器さんは「白鳥座」のサポートをしてくださっていたので、会社ぐるみのお付き合いがありました)。「曲が出来上がったよ」とまさしが言って、その場で電話で聴かせてもらったのが「それぞれの旅」でした。
言うまでもなく「Prophet-5」は1980年代のさだまさしのレコーディングでも大活躍しています。

コメント

ううん!
その「Poly-6」っていう画期的シンセサイザーは、
きっと八野さんのリクエストから出来上がったものではないでしょうか?
そんな気がします!
そのお友だちに、うかがってみたいものです。

まあ・・・それにしましても、
八野さんと渡辺俊幸さんは、本当に長い間、ずーっとずっとご一緒に、
ここまで歩んでいらっしゃったのですね・・・

八野さん、こんばんは!
たまたま偶然お会いした同級生の方がKorgにお勤めだったなんて、やはり八野さんの周りには不思議とそのような方が多いのでしょうか?(我が勤務先の園にもKorg社製のキーボード一つですがあります。型番等覚えてませんがお話下さっているものではない事だけは確かです。以前は廉価なCASIO製品使ってましたけど、故理事長先生の想いで楽器も少しずつグレードアップしてきました。他はRorand社製が多いですが。保育園児が弾くのですが、小さい子だからこそ本物の音に触れさせなければという想いを持ってみえた先生で和太鼓も園児用に作られたプラスティックの筒の廉価な物ではなく本物をという先生でした。

凛さん、おめめさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

ヤマハ、ローランド、コルグは日本の3大電子楽器メーカーですね。

まさしにしても、渡辺俊幸さんにしても、自分たちの理想に向かってずっと一緒に突き進んできた仲間です。

小さなお子さんだから何も分からないだろうと思うとしたら、それは大人の思い上がりですね。
贅沢をさせるという意味でなく、本物に触れさせるというのは大切なことだと僕も思います。

お、おっと・・・
そうだったんですか・・・

八野さん、ごめんなさい、私はあまりに無知でありました。

ローランドは、なんとなくアメリカみたいな・・・
コルグは、なんとなくヨーロッパみたいな・・・
両方とも、日本だったのですね。

こんな私ですが、八野さんのお話しには、洩れなく耳を傾けて
たくさん勉強させていただきたく思います。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)