« 「カバー」の難しさ | メイン | “Blend”CD評 »

影響を受けたCD その113

ヨーヨー・マ・プレイズ・エンニオ・モリコーネ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2781181

あの映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネとチェリストのヨー・ヨー・マとがコラボレートして作り上げた名作で、近年最も気に入っているCDの1枚。
音楽とは何か、歌う(演奏する)とは何か、作るとは何かを教えてくれる作品であり、美の宝庫でもあります。
演奏も録音もかなりのものですが、何と言っても「ガブリエルのオーボエ」、「ニューシネマ・パラダイス」、「レディ・カリフ」など名曲揃いなので、何度聴いても心が洗われ、感動させられます。
僕のオススメCDのナンバー・ワンかもしれません。
上記のURLのものは最近、廉価盤として再発されたものですので、お買い得です。
尚、輸入CD、輸入SACDハイブリッド、国内SACDハイブリッドにはボーナス・トラック2曲は収録されてはいません。

コメント

八野さんにお勧め頂き即SACDを購入しました。 

エンニオ・モリコーネの美しい旋律とヨー・ヨー・マの名演で心から楽しめます。
CDはいつでも手の届く所に置いてあります。名盤ですね!。

これが機会で「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」のサントラ盤も購入しました。

ともおさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

この「ヨーヨー・マ・プレイズ・エンニオ・モリコーネ」と「パリ〜ベル・エポック」の2枚は、僕にとって大切な大切な「ヨーヨー・マ」の作品です。

彼の完璧な音程と情熱的で歌心溢れるフレージングには、驚異の念を禁じ得ません。脱帽するのみです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)