« 2009年11月 | メイン | 2010年01月 »

2009年12月30日

いよいよ明日!

先ほどまで国技館で様々な準備に没頭していました。

きっと今頃まさしは明日のシミュレーションをしていることでしょう。

お越しくださる皆様、どうぞお楽しみに。
そしてお気を付けていらしてください。

2009年12月29日

連日

このところ連日、「カウントダウン・ソロプレミアム in 国技館」用の譜面作成、打ち合わせ、その他準備、リハーサルにどっぷり浸かっています。
ギターを弾きながらの譜面作成で近年になく毎日ギターに触れているため、左手の指先の皮がほんのりと固くなってきているのは良い傾向かもしれません。

そういう状態が続いていますので、昼食も満足にとれないような感じだったのですが(近くのコンビニでパンを買ってきて、かじりながら作業やメール・チェックなどをしていました)、今日やっと外に好物の担々麺を食べに行けました。
東京・四谷のとある中華料理店の担々麺。僕にとっては担々麺の中で、ここのがナンバー・ワン。やはり美味しいものを食べると“しあわせ”を感じますね。

さあ、いよいよ明後日!

2009年12月25日

願い

相変わらず今年も世間では様々な悲しい出来事がありました。
来年はもっともっと素晴らしい年にしたいものです。

世の中に愛が溢れ、地球環境にも目を配りながら、人と人とがそれぞれの立場や状況を超えて、それぞれがそれぞれを思いやり、かばい合い、助け合って、笑顔で過ごせるようになればどんなに素敵でしょうか。
新型インフルエンザなどの病気や貧困の蔓延は困りますが、どうか世界中が愛と笑顔で満たされますように。

今年もありがとうございました。愛と感謝を込めて・・・

2009年12月24日

さだまさしディナー・ショー、そして・・・

先ほどニューオータニ幕張でのディナー・ショーが終了しました。
これで今年のディナー・ショーの全日程が無事終了したことになります。

お越しくださった全てのお客様、どうもありがとうございました。
関係者の皆さん、お疲れ様でした。

今日も相変わらず昼間は様々な打ち合わせやら譜面作り。
ギター(Martin D-45)を片手に譜面(正確にはコード・ネーム付き歌詞)を作るのですが、最近はほとんどギターを弾いてないので、指が痛くて・・・。情けないですね。
僕の後に何人かの手作業を経て、実際にまさしが使うもの(ワープロで打ったようなもの)になります。
これを何とかリハーサルまでに間に合わせなくてはなりません。

さあ、本番まであと1週間!!

恒例の

毎年12月23日に行っている、ホテルニューオータニに於けるさだまさしのディナー・ショーが先ほど終わりました。

これまた毎年12月24日に行っている、ホテルニューオータニ幕張でのショーで、ディナー・ショー・ツアーは終了します。

今年は何と言っても、その後に国技館でのカウントダウン・コンサートがひかえています。
このところカウントダウン・コンサートで使用する譜面の作成に追われていましたが、それもやっと一段落しました。

年明けからは次のプロジェクトが始まります。体力を維持して頑張らないと・・・。

2009年12月12日

このところ・・・

このところコンサート続きでした。
12月2、3日が大宮ソニックシティ、7、8日が東京国際フォーラムでさだまさしコンサート。本日12日が九段会館でチキガリのクリスマス・コンサートでした。

どちらも大勢のお客様にお越し戴きました。
どうもありがとうございました。

チキガリはこの後、名古屋、神戸のコンサート。
まさしは既にクリスマス・ディナーショーのリハーサルを終え、5つの会場でショーを行ないます。
その後はいよいよ国技館でのカウントダウン・コンサート、そして国技館でのNHKの生放送と続きます。
この後のそれぞれのコンサートにお越しになる方々も充分体調にご留意いただき、元気に参加されますようお祈りいたします。

2009年12月06日

最近観たDVD 5

ポール・サイモン・アンド・フレンズ 〜第一回ジョージ・ガーシュイン賞授賞記念コンサート〜
http://www.amazon.co.jp/LIBRARY-CONGRESS-GERSHWIN-PRIZE-POPULAR/dp/B00291RPPQ/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=dvd&qid=1259115945&sr=1-1

アメリカ議会図書館はポピュラー音楽での功績者に授与するジョージ・ガーシュイン賞を制定しました。2007年、その栄えある第1回受賞者にポール・サイモンが選ばれました。ポール・サイモンは30年位前だったか、自分のポジションを「ジョージ・ガーシュインのような現代的な音楽の作曲家」ととらえているという意味の発言をしていたので、この授賞はおそらく「願ったり叶ったり」のものだったと思います。

ガーシュイン賞授賞を記念して開かれたコンサートの模様を収録したのがこのDVDです。ジェームス・テイラー、スティーヴィー・ワンダー、アート・ガーファンクルなど多彩なゲストが登場しています。スティーヴィー・ワンダーがミスをした場面もそのまま収録されているのですが、その際のジョークには笑えました。
バック・ミュージシャンとしては、最近のツアー・メンバーに混じって、スティーヴ・ガッドも元気な姿を見せ、相変わらず素晴らしいドラミングを披露していました。ポール・サイモンの音楽性の幅広さ、その交友関係の幅広さを物語るコンサートであり、内容的にも非常に素晴らしいコンサートでもありました。

ポール・サイモンがかつてニューヨーク・ヤンキースの本拠地ヤンキー・スタジアムで「ミセス・ロビンソン」を歌った場面も収録されています。何故、「ミセス・ロビンソン」なのか不審に思われる方もあるかもしれませんが、その歌詞の中に、マリリン・モンローの夫であり、ヤンキースが誇る大打者だった「ジョー・ディマジオ」が登場するためです。その部分になった時には、スタジオアム中から大歓声が沸き起こったのは言うまでもありません。このシーンも実に印象的でした。
ポール・サイモンはニューヨーク・ヤンキースの大ファンであると共に、我らが阪神タイガースの大ファンでもあります。

2009年12月01日

今日から、そして明日は

今日から師走。
今日から1月末までNHK「みんなのうた」で、チキガリが歌った「風がきれい」がオン・エアーされます。

明日はシングル「風がきれい」とアルバム「Blend」が発売されます。
ひとりでも多くの方にお聴きいただけたらと思います。