« エンジン全開! | メイン | このひと月近くは »

お別れの会

昨夜は佐田雅人弊社元会長の「お別れの会」が執り行われました。
正確な人数は分かりませんが、1000人ほどの縁の方々にご列席を賜りました。
笑顔が大好きだった元会長のお別れの会らしく、とても素敵な会であったと思います。

佐田元会長の「夢」や「思い」を引き継ぎ、それらを少しでも実現させることも、残された我々のやるべきことなのでしょう。

親族ではありませんが、関係者のひとりとして全ての方々に御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

コメント

昨日はお疲れ様でした、私(と母)はそば(外)にいました。でも行ってよかったです、母が「今石川さん夫婦が目の前を通った」と言ってました

こんにちは
八野様からの報告を頂き、日の過ぎる速さを感じます。
1/31の「今夜も生でさだまさし」の最後の挨拶を聴き、それを全部きっちり文章に書いて読み直し改めてさだまさしという方に出遭えて良かったと感じました。「不器用な花」を選ばれた訳も恐らく自分に対するエールだったと思います。連載中の「もう愛の唄なんて詠えない」(1/23)には、お父様の入院から亡くなられるまでの経緯が書かれており、当時の状況におけるさださんの心境を知ることができました。
八野様をはじめ多くの方に支えられ、今もお父様と自問自答しながら歩きだしているさださんに勇気と元気をもらう自分です。
一所懸命のさださんに頑張れなんていえません。コンサートで元気な笑顔に会える日を待っています。僅かながら春の兆しを感じながらも寒い日々が続きます。どうぞお体を大切にしてください。
有難うございました。

昨日はお疲れ様でした。素敵なお別れ会だったとのこと。さださんのお父様もお喜びのことと思います。一般の人は参加できないということなので、自宅よりご冥福をお祈りいたしておりました。コンサートの時に、いつも笑顔で立っていた姿が忘れられません。握手をお願いした時も快くしてくださり、一緒に行った友人と大喜びで帰ってきたことを思い出します。お父様のあの笑顔を見ることができないのはとても残念ですが、私の心の中にはいつまでも残っております。ありがとうございました。

八野さん、大変お久しぶりでございます。

お話し、ありがとうございます。
昨日は私も、ずっと心の中でその会に参加させていただいている気持ちで過ごしておりました。

どれだけできるか分かりませんが、私も私なりに、お父さまのお気持ちをこれからもずっと心に忘れず生きてまいりたいと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

昨日は、本当にお疲れさまでございました。

いつも地元の厚生年金会館で、くまさんのような笑顔で温かく、そして立派な立ち姿でお迎え頂いて、、、、いつかまたそんなお父様が広島にも絶対お越しいただけるものと思っていたので、とても残念です。さびしいな。

胸に秘めながら、年末からのお仕事されていた事、さださん、さださんスタッフの皆様に心より感謝いたします。

後藤尚代さん、まっちゃんさん、kuniさん、凛さん、そよ風さん、おはようございます。
温かいコメントありがとうございました。

きっと元会長の笑顔やその存在感は関わりのあった方の胸の中で生き続け、愛され続けることでしょう。

どうか皆々様もくれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。

雅人お父様のお別れの会、きっと和やかに温かい時間が流れたのだと推察いたします。心からご冥福をお祈り申し上げます。
コンサート会場での笑顔はずっと心に残っています。

Kiyokoさん、こんにちは。
温かいコメントありがとうございました。

皆さんの胸の中でこれからも生き続けることが出来るなら、きっと幸せな人生なのだろうと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)