« 感動しました | メイン | SH-1010 »

アビイ・ロード・スタジオが・・・

あのアビイ・ロード・スタジオが売りに出されているようです。
ビートルズのアルバム「アビイ・ロード」のジャケットになったスタジオ斜め前の横断歩道で撮影された写真はあまりにも有名ですね。

僕も2000年に1日だけですが使わせてもらいました。
まさしがロイヤル・アルバート・ホールでコンサートをやるために渡英した際、ついでにレコーディングに使わせてもらいました(僕にとってはついでではなく、こちらがメインでしたが)。

スタジオ内レストランの食事は想像以上に美味しかったのも記憶に残っています。
その時に使わせてもらったのはビートルズがマイ・スタジオのようにして使っていた2stでしたが、1stでは何もセッションが入ってなかったようなので、少しだけ覗かせてもらいました。この1stはロンドン交響楽団やジョン・ウィリアムスなどが使うことが多いようですので、とても興味がありました。物凄く広い空間で、スタジオと言うよりもコンサート・ホールに近いエアー・ボリュームだと思いました。

アビー・ロード・スタジオの行く末を案じています。

コメント

私もこのニュースを見てびっくりしました。
いくつか買い取る話があるようですが、できれば名前も形もそのまま残して存続させてほしいです。

machiko-chanさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

栄枯盛衰は世の常だと解ってはいますが、寂しい気持ちになりました。

心からそう思います。
ちょっとマニアックな世界中のビートルズを愛する人たちや音楽関係者にとって、アビー・ロード・スタジオを文化遺産のように感じている可能性はありますね。
正式な名称は「アビー・ロード・スタジオ」ではなく、単に「EMIスタジオ」のはずですから、この際「アビー・ロード・スタジオ」として、どこかの企業が引き継いでくれたら最高ですね。

八野さん、machiko-chanさん、
よかったですね!
売却されないことになったというニュース、
ホッとしましたね!

凛さん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

はい、そのようですね!

ホッとしました!

僕は勘違いしていましたが、かなり前に「EMI Recoding Studios」から「Abbey Road Studios」に正式に改名されていたようですね。

まさに"Strawberry Fields Forever"ならぬ「Abbey Road Studios Forever」の心境です。

八野さん、こんにちは
朝日新聞の天声人語でも取り上げられていましたね。八野さんの熱い思いも伝わってきます。Foreverの一言に万感込められているように思えます。
さださんのアルバムは本当に楽しみです。4月にはアコースティックコンサートに母を連れて行くことになっています。今年後半のツァーでも私の町に来てくださるといいなぁと思っています。もうすぐ新しい市民会館ができるので、そこでのさださんのコンサートが早く実現するように祈っているところです。

Kiyokoさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

天声人語は読み逃していました。探して読んでみたいと思います。

市民会館が新しくなるのですね。同じ場所に建て替えているのでしょうか。
僕にとっても、あの会館は思い出に残る会館なんです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)