« 遂に発表! | メイン | 毎日 »

今日の出来事

今日は貴重な体験をしました。

このところずっとまさしと一緒に連日連夜スタジオにこもっていますが、スケジュールは押しながらもまあまあ順調に作業が進んでいるため、昨日と今日はまさしがオフを取りました。
昨日は一日レコーディング・スタッフだけでエディット作業をしましたが、今日だけはレコーディング・スタッフも皆でオフを取ることに。

数日前、その日の作業が終わった時、アシスタント・エンジニアの西山クンが「ヴィラ・アフガンでカレーを食べて、分杭峠に行きたい」と言い出しました。
今回のアルバムにより大きなパワーを注入したいとの思いもあり、彼の希望を受け入れることになりました。

昨夜からの雨や雪で実行が可能かどうかはわかりませんでしたが、新宿駅近辺に朝9時30分、エンジニアの鈴木智雄さん、谷クン、西山クン、僕が集合し、中央高速を山梨方面へと車を走らせました。
しばらく走ると甲府近辺が通行止めとの情報。それでも行ってみると通行止め直前にある出口は大渋滞。出口の数メートル手前で突如通行止めが解除になり、そのまま高速を走りました。その後も通行止めやチェーン規制を心配しながらの旅は続きました。

車のチェーンを付けたり外したりしながら目的地のひとつヴィラ・アフガンに予定の30分を過ぎた12時に到着。
すると駐車場前を店のスタッフの方々が雪掻きをしており、声をかけると、雪のためにまだ何も料理の準備が進んでおらず、事実上営業が出来る状態ではないとのこと。そこで近隣のトンカツ店を紹介してもらいました。
当初の目的のひとつは達成出来なかったものの、十二分に美味しいトンカツと地元の野菜を堪能。ヴィラ・アフガンさんからの紹介があったこともあって、素敵なもてなしをして頂きました。

走行距離が長いこともあり、山の天候が変わりやすいこともあって、それからの道中は晴れたり雪が降ったりの繰り返し。それでも分杭峠へと近づくにつれて雪は段々と強さを増しました。

分杭峠まであと300メートルに迫ったところで突然車は止まりました。
何と太い杉の木が薙ぎ倒されて道を塞いでいました。
倒れた木のところまで行ってみましたが、男四人の力だけではどうにもならないことを思い知らされ、バックでしばらく戻り、どこかでUターンして帰ろうということになりました。しかしその時、後ろからトラックが・・・。
智雄さんたちがトラックを誘導したものの、ノーマルタイヤのトラックがスリップしてUターン出来ずに苦労をしているところに、今度は赤い乗用車が登ってきました。
30分後にやっと皆Uターン出来、事なきを得ました。車3台の立ち往生のために分杭峠で遭難して新聞沙汰などはまっぴらでした(数年前知人のSさんは雪山で遭難。ヘリコプターで救助され新聞沙汰になったのは記憶に新しいところ。僕らが常に気を付けていることは、僕らに何かあると「さだまさしの」というフレーズが付いてしまい、まさしに迷惑がかかる可能性があることなんです)。

帰りの中央道は打って変わり快晴になり、澄み切った透明感と雄大な風景を堪能。
そして無事に帰京し、急遽「彩風」のてっちゃんも加わってみんなで楽しい中華バイキング。
当初の目的は達成出来なかったものの、誰も怪我をせず、大きなトラブルにも見舞われずに済んだので、楽しい宴会になりました。

「やらなければ絶対に出来ないけれど、やったからといって絶対に出来るとは限らない」という至極当然の結果にはなりましたが、まさかこのようなオチが待ち受けていることを誰が想像出来たでしょうか。大雪のために料理が間に合わないことがあり、片道250キロメートルの道程のうち、最後の300メートルだけが通れずに成就しないことがあるということです。いくつもの高いハードルを乗り越えて99%が無事に済んでも最後の最後で自力では叶わないこともあるということです。

過程ではなく結果だけが大切な今の時代にあって、会話が弾んだ楽しい「過程」と“壮大な無駄”かもしれない今日の「結果」は四人にとって一生忘れられない素敵な思い出になったと思います。
智雄さんを始め、皆さんありがとうございました。

コメント

八野さん、連日連夜にわたる厳しいお仕事、本当にお疲れさまでございます。

毎日、幾度となくこちらを訪ねて、ご様子を想像するのが日課となっておりますが・・・

さても、このようなお話しをうかがうことがあるとは、考えてもみないことでした。

まず、
レコーディング・スタッフみんな揃ってお休みをとる・・・?
そして、
わざわざ八ヶ岳山麓清里まで出かけ、カレーマニアに人気のお店で食事をする・・・?
その後、日本一の「気」のスポット、信州伊那の分杭峠まで足を伸ばす・・・?
しかも、あの大変な雨雪の翌日に・・・?
全ての思い付きの”超日常レベル”に、まず、びっくり!
次には、それを実行してしまう、皆さまの行動力は更にびっくり!

そして、初めの思い付きがどれひとつ、叶わなかったにもかかわらず、
出会ったひとつひとつを、心から楽しんで受け入れてしまう、お仲間の余裕、
いや~・・・なんて素敵なお話しを聞かせていただいたことでしょう。

「うん、うん・・・ええ話や・・・」 
西条凡児さんにニコニコ顔で、「はい、おみやげ、おみやげ・・・」
って言ってほしいぐらいです。

こういうものは、「無駄」とは言わないでしょう?
おっきくなった子どもたちの、非日常どきどき冒険物語、
読んでる私まで、どきどきわくわく、とっても楽しい気持ちにさせていただきました。
う~ん、このお話・・・昔、空き地の草むらやガケで遊んだ基地ごっこ、
そんなイメージが浮かんできました。
皆さまの仲の良さが伝わってくる楽しいお話し、ありがとうございました。

さ、これで揃ってリフレ~ッシュ!
これからもまた、がんばってくださいねっ!!!

八野さん、こんにちは

忙中閑あり…忙しい母が良くつぶやいていました。私たちが、母が忙しいのは十分承知の上でいろいろと頼むと、この言葉を言いながらなんとかやりくりしてくれたこと、思い出しました。
なんだか学生時代のわいわいと楽しく動き回っていた時の空気が思い出される楽しいお話でした。きっとこの後の充実した時間が約束されていることでしょう。
アルバムの完成を本当に心待ちにしています。楽しみです。

凛さん、Kiyokoさん、こんにちは。
温かいコメントありがとうございました。

自分の心の動きが表現出来てないところがありましたので、一部ですが書き換えました。
実は自分たちとしては「無駄」などと思ってはいないのですが、「事業仕分け」的な見地からするときっと「無駄」なのだろうと思ったので書きました。
お陰様でワクワクドキドキの時間を過ごすことが出来ました。

さて、本日は昼にスタジオ入りし、機材その他の準備が今整いました。

この後、まさしが登場したら作業開始です。

八野様、皆様、こんばんは!

連日連夜のご作業、本当にお疲れ様です。ありがとうございます。

やっぱり八野様はじめご一緒にお仕事なされていらっしゃる皆様、とっても素敵な方々ばかりですね。「当初の目的は達成出来なかったものの…」と仰りつつ、それでも全てを受け入れ楽しんでしまわれるあたり、やっぱり出来る大人の余裕?なんて感心しちゃいました。誰かが「せっかくここまで来たのに…。」なんて愚痴っちゃったりしたら楽しくなくなっちゃうかも知れませんけど。通行止めが偶然にも解除になったなんて事も考えてみれば面白い事ですよね。
それから、「やらなければ絶対に出来ないけれど、やったからといって絶対に出来るとは限らない」という至極当然の結果…でも普段忘れてしまいがちなとっても大切な事ですよね。本当に大雪のために料理が間に合わないことがあり、片道250キロメートルの道程のうち、最後の300メートルだけが通れずに成就しないことがあるということ、一体誰が思いを及ぼすでしょう?残念で残念で仕方ないはずなのに。本当にお疲れ様でした。

おめめさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

一日休みを戴き、楽しいひとときを味わえました。

アルバムが出来上がったらリベンジ・ツアーをしようという話になっています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)